スタジオプレパ

PEOPLEText: Ayako Ishii

あたたかみがありどこか懐かしい、それでいて二つと同じもののないユニークなフォルム。そんな味わいを持ったスタジオプレパによるガラス食器の数々。現在では、使い手が少なくなってきている「吹きガラス」 の技法を用い、スウェーデンやイタリアの技術を取り入れて作られる作品は、どれもシンプルながら形や素材を大切している彼らの作風が表現されている。

メトロクス札幌で開催されている「使う 飾る ガラスの器」展にあわせて来店したスタジオプレパの2人に、吹きガラスにかける想いや夫婦で運営する小さな工房ならではの制作秘話を聞いた。

スタジオプレパ

自己紹介をお願いします。

スタジオプレパは、平勝久・瑞穂が長野で営む吹きガラス工房です。吹きガラスを始めて20年、スタジオプレパの屋号を掲げるようになって10年になります。スタジオプレパの由来はプレパレーション、つまり生活道具の支度部屋という思いを込めてです。作家であると同時にプロダクトメーカーを自負して、スーパーノーマルな食器づくりをしています。食器の制作に特化している吹きガラス工房というのは少ないので、なくてはならない社会の歯車として普段使いの食器を提供し続けて行きたいと思っています。

news4-1.jpg

制作過程について教えてください。

吹きガラスは、砂を1000℃以上の高温で溶解してガラスにし、吹き竿に巻き取って息を吹き込んで成形する、2000年以上も変わらないオーガニックな製法です。プレパでは工房に溶解炉を備えていて、自前で溶解から行っています。

古くから変わらない技法であると同時に、1時間で普通の家1軒が1ヶ月に消費するガスを使用していたり、需要の減少から工具を製造しているイタリアの職人さんが廃業してしまったりと、業界概況としてはなかなか厳しい現状です。

そんな中にあって、プレパでは小さな工房だからこそできるディテールを追究しています。たとえば、大量生産製品においては効率化などの観点から排除される染料なども含め、プレパでは全メーカー全色を取り揃えています。商社から在庫の問い合わせが来るほどです。

デザインから製作まで、全ての行程を自らの手で行います。デザイン起こしは、紙の上で2人で協議しながら行いますが、その他は得意不得意に応じて分担し、色選びや小さな物を吹くのは瑞穂、大物の扱いは勝久が行います。夫婦喧嘩の翌日は、大きさが激しくなったりすることも(笑)。

f03e74117fdaf85ac880c8a310b75026.jpg

スタジオプレパの制作上の信条とは?

マスプロダクトの製造過程で切り捨てられる、あるいは表現されない「少しだけ気を使った」「ちょっとだけこだわった」ディテールの追究こそが小さな工房である自分たちの使命だと思っています。紙の上にデザインを起こしてから、納得のいく製品に仕上がるまで5年くらいかかることもあります。一生かけても足りないくらいの奥深さを秘めていると思います。
また、器は、内容物が入ったときのラインや、コースターやテーブルクロスへの反射などを想定して、単体では少し足りないと思えるくらいの完成度に仕上げています。

制作環境について教えてください。

長野の山奥に小さな工房を構えています。工房内は非常に高温になるので、標高700メートルくらいの冷涼な土地を選びました。それでも6月のこの時期で40℃を超えます。周辺は風光明媚な果樹生産地で、ノーヘルメットで鎌作業をしていたり、リンゴの収穫のため車の屋根を切ってあったりと、住民はたくましい人たちばかりです。彼らと一緒に植林をしたり、慰労会でやかん酒を囲んだりと、人間力が鍛えられる場所でもあります。

05241133_4ddb190a93081.jpg

製品はどこで購入できますか?

札幌と東京のメトロクス店舗では、食器ラインのほか、オリジナルランプシリーズの新作が揃っています。「ランドスケーププロダクツ」、「かぐれ」でも製品の取り扱いがあるほか、「シンプリシティ」ではオリジナル製品の製作を担当しています。ショップやメーカー、デザイナーの皆さんとの出会いやコミュニケーションを通じて生まれた製品たちを楽しんでもらえればと思います。

63de.jpg

進行中のプロジェクトについて教えてください。

メトロクスが出展するパリの国際インテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」に出品します。フランスではまた、3つ星シェフ、アラン・デュカス氏が、店舗および自宅用にプレパが制作した「シンプリシティ」のオリジナルランプを購入しています。ランドスケーププロダクツの出展する「ニューヨーク・インターナショナル・ギフト・フェア」にもアイテムを出品します。国内では今年8月に岩手の「Holtz 」、9月に目黒、自由学園の「フォー・ストッキスト・エキシビジョン」に向けて準備を進めています。

読者に一言お願いします。

今回の展示会には、吹きガラスの高梨良子さんと切子ガラスの吉田順子さんも参加しています。ガラスという共通の素材を使いながら、技法や大事にしていることなど様々です。この機会に是非手に取って見比べてみてください。

札幌は20年前に訪れて以来です。地下鉄にタイヤがついていたり、道路幅が広かったり、見たことがない規格の車庫とかいろんな発見があって楽しい街です。滞在中は、切符を裏返しにすると改札を通らないといったハプニングにも見舞われつつ、地下鉄でいろんなところへ足を運びました。昼食は六花亭円山店喫茶室でとりました。北海道ならではの工具などを覗きにホームセンターにも寄ってみたいですね。

メトロクス札幌「使う 飾る ガラスの器」展
会期:2011年6月24日~7月6日
時間:11:00~19:30
会場:メトロクス札幌
住所:札幌市中央区大通西26丁目1-18 円山アーク1F
TEL:011-615-8777
http://metrocssapporo.jp

Text: Ayako Ishii

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE