上遠野 敏

PEOPLEText: Memi Mizukami

札幌を拠点に自然を愛しながら日本における神、または人間自身をモチーフに制作活動を行う上遠野敏。大学の教壇に立ち、あるいは「夕張清水沢アートプロジェクト」などのアートイベントにも精力的に携わる傍ら、日本の地を回り自然神の存在を探し制作へと繋げていく。今回CAI02にて個展 「ネ・申(サル)・イ・ム・光景」を間近に控える上遠野氏から、今思う自然、あるいは日本自体について興味深い話を聞く事ができた。

上遠野 敏

自己紹介をお願い致します。

上遠野 敏(かとおの・さとし)。札幌には1993年に移り住み18年目です。札幌は人々がおおらかで、他所から来てもすんなりと受け入れてくれる優しさが嬉しかったです。190万人の大都市なのに自然と文化が共生している魅力的な街です。南区にある森の中の大学で現代美術などを教えています。近年は、空知地域の炭鉱遺産を活用したアートプロジェクトを学生と一緒に実施しています。今年は、9月〜10月「夕張清水沢アートプロジェクト」を実施します。炭鉱遺産に寄り添いながら場の記憶を掘り起こして魅力を引き出します。

satoshikatono5.JPG
「ネ・申(サル)・イ・ム・光景:神倉神社・ゴトビキ岩・祈り」(2011) 上遠野 敏 写真、フォトアクリル

今回CAI02で開催される個展のコンセプトをお聞かせ下さい。

日本各地には古代神の名残である、神奈備(山)、磐座(岩)、ご神木、滝などに神聖な遺構が数多く残っています。本展覧会の作品は北海道の風景と瀬戸内や奈良、吉野、熊野などの古来からの自然神や仏の聖地を巡礼して撮影しました。出来るだけ饒舌を排除した静謐な光景を展示します。自然の中に姿を現す「ネ・申(サル)・イ・ム」の存在は、清廉で美しく、底知れぬ畏怖の念を抱きます。シャッターを切る瞬間にのみ「ネ・申(サル)・イ・ム」と一体になれる幸せな時間がありました。

nunohiki.JPG
幌内布引アートプロジェクト2009 「陽光の聖堂」(2009) 上遠野 敏

自然や生物などをモチーフにする際にどのような所に魅力を感じますか?またどういう時にインスピレーションが湧きますか?

足利義政が銀閣寺で月を愛でるために、月待山を築き、月を乗せて鑑賞する向月台と月の光を銀閣に反射させる大海原を見立てた銀沙灘を作りました。自然に寄り添う日本人の美意識のこころの現れなのだと思います(実際には室町以降に後から作られたとの説がある)。素敵です。川が流れ、緑が茂ることが、この宇宙の中では奇跡的なことなのだと、いつも思います。

satoshikatono9.JPG
FIX MIX MAX!2 現代アートのフロントライン2008「イコンDUCHAMP」(2008) 上遠野 敏 桂/160×40×23cm

特に影響を受けたものが何かあれば教えて下さい。

大学の先生の口添えで、勅使河原宏監督の映画「利休」の木像の制作依頼があり、主演の三國連太郎さんの利休像を作りました。脚本は赤瀬川原平さんでした。台本や「千利休 無言の前衛」から、アーティストとしての千利休が立ち上がってきました。利休は禅の流れを汲みながら、厳格な規範を説いて「時々刻々と自己否定をしながら、創意工夫を以て意外性を創造することにある」(驚きと感動)とマルセル・デュシャンと同じ変革者でアバンギャルドそのモノなのであることが分かりました。それ以来、日本人として自分の言葉で語れる文脈を求めて、フィールドワークと重ねて日々考察をしています。
自然神の現われと神々のお供え/仏教の宇宙概念と慈悲のこころ/六道:極楽と地獄の絵巻ファンタジー/物数寄と風流/時間と空間を包含するやまと絵/こころを問う禅の造形:禅画、禅の庭/総合芸術としての茶の湯:利休・遠州ほか/江戸の意匠とポップアート:琳派、江戸の焼き物、伊藤若冲の超細密画、白隠の禅画、浮世絵などなど、世界に誇れる新鮮な美意識が私の創作の源泉になっています。

専門分野に日本人の美意識研究がありますが、日本人の美意識は変わったと感じますか?

明治以降の欧化政策によって、日本は文明を一度断絶しました。しかし、私たちのDNAに染み付いた遠い記憶があります。時に、何らかの引き金によって無意識ながら呼び起こされるようです。学生は過去を知らないので、レクチャーでの知見を新しい考え方として受け入れているようです。それで良いのだと思います。他に日本人の特性として、正月は神社にお参りして、結婚式は教会で挙行し、葬式は仏教で行い、クリスマスは恋人と過ごす。主体性のない曖昧さが日本人そのものなのだと思います。八百万の神の柔軟な精神とも通じていて変容するのは歴史が証明しています。

satoshikatono15.JPG
FIX MIX MAX!現代アートのフロントライン(最前線)2008 「鏡像:フラ・アンジェリコ」(2006) 上遠野 敏 桂、着色/66×24×18cm

海外での活躍もお見受けしますが、日本ならではの自然をモチーフにしたものというのはどういう反応を受けるのでしょうか?2005年にハンブルクで個展の時はどのような反応でしたか?

2005年はドイツ・ウエーデルにあるエルンスト・バーラッハ美術館で「Interactiom相互作用」か開催され、伊藤隆介さん、鈴木涼子さん、藤木正則さん、上遠野敏が出品しました。オープニングには日本領事館をはじめ大勢の招待客は来場され大変好評でした。翌日には新聞4社が記事に取り上げアートに対する関心が高いですね。2003年にドイツ・ハンブルク CAI で「上遠野敏個展」ー白妙ー(Shirotae)を行いました。やはり、オープニングやレクチャーには大勢のお客さんが楽しまれました。クンストフォーラム誌の取材と展覧会評が載りましたので、神仏とそれに関するコミュニケーションの取り方に反響がありました。作品は「とげ抜き地蔵プロジェクト」「開運おみくじプロジェクト」など参加型のインスタレーションでした。

satoshikatono15.JPG
ドイツ・ハンブルク CAI 上遠野敏個展「開運おみくじプロジェクト」(2003) 上遠野 敏

札幌で活動している理由をお聞かせ下さい。また、札幌で一番好きな場所も教えて頂けますか?

札幌市立大学の教員をやっているのが札幌にいる理由です。炭鉱遺産でのプロジェクトや地域貢献、デザインワークなど多種多様なことに取り組んでいます。
好きな場所は高い山が屏風のように立ち上がって見える場所です。札幌ではありませんが、十勝岳連峰から大雪山眺めは震えが来ます。

今後扱いたいモチーフなどはありますか?

先日、端島(軍艦島)に行ってきました。この世のものとは思えないほど想像を超える感銘を得ました。炭鉱産業と生活の場が幾重にもアッサンブラージュされた人類の創造は、近代という経済構造の一つの結晶体が廃墟となりつつもフリーズされています。海上に浮かぶ、この結晶体は世界に類がなく、人間の英知と時代を映す鏡として、世界にメッセージしてほしいと願っています。北海道にも多々の炭鉱遺産があります。今年は「夕張清水沢アートプロジェクト」のメイン会場として北炭の旧火力発電所を所有者からお借りすることができました。そこで何を発信するのかが命題です。

札幌市立大学で教壇立っていらっしゃいますが、その際一番大切にしていること、若い人々に教えたいことをお聞かせ下さい。

現代美術は表現の自由が保証されています。他者を尊厳、尊重する事に通じる最も平和な表現手段だと思います。現代芸術論のなかで毎週発刊している、学生の感想や質問に答えている上遠野通信があります。その一端を参考にご覧下さい。

今日本は非常に困難な時期にあると思います。日本人として自然を見直す時期にあるのかもしれません。アーティスト、教育者としてご自身の役割のようなものは感じますか?

藤原新也さんは震災の一週間後に被災地に入りこのように述べています。『だがこのたび、神は人を殺した。・・・神はただのハリボテであり、もともとそこに神という存在そのものがなかっただけの話なのだ。』誠に言えていると思います。今回の震災において大勢の人命と家屋を奪う自然の力には神も仏も慈悲もないかも知れません。私は信じています。その神がやがて人々を励まし、豊かな実りをもたらすことを。

CAI02企画展 上遠野 敏 個展「ネ・申(サル)・イ・ム・光景」
期 間:2011年7月23日(土)~8月27日(土)
休館日:日曜、祝日、夏休み(8月12日(金)〜17日(水)
会 場:CAI02 raum1
時 間:13:00〜23:00
住 所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
T E L :011-802-6438
F A X :011-802-6538 
主 催:CAI現代芸術研究所
札幌ビエンナーレ・プレ連携企画
http://www.cai-net.jp

■オープニングパーティー:7月23日(土)19:30〜22:00
ゲストに小室 治夫氏、露口啓二氏、伊藤隆介氏を、お迎えしトークセッションを行います。
司会進行:端 聡

■上遠野 敏によるアーティストレクチャー「自然神の現れと神々のお供え」:
7月30日(土)19:30〜21:00

■アーティストトーク:8月20日(土)19:30〜21:00
ゲスト:祭太郎

■クロージングライブ「マイマイのDERI-CABA!」:日程未定

Text: Memi Mizukami

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE