帯広コンテンポラリーアート2011

HAPPENINGText: Ayako Ishii

ー真正閣の100日ー

北海道の現代アート先進地、帯広を舞台に「帯広コンテンポラリーアート2011 ー真正閣の100日ー」が5月28日から開催されている。真正閣は、日本一の面積を誇る帯広市郊外の真鍋庭園の敷地内にある日本家屋で、1911(明治44)年に当時皇太子だった大正天皇の北海道行啓に合わせ休憩所として市内中心部に建築され、1969年に同庭園に移築されたもの。今年で竣工100年を迎える。
「真正閣の100日」は、帯広、旭川、北見、札幌のアーティストが集って、100日間(14週)に渡り「真正閣」の100年を祝いつつ、現代を反映した多彩なアートを展開する。

_D5Y1404.jpg

北海道内のアートシーンにおいて特に活発な動きを見せる帯広。神田日勝矢柳剛をはじめ、才能豊かな芸術家を輩出してきた。1970年代からは十勝の現代アートの草分けとして活躍した佐野まさのを中心に幅広い活動を展開し、1997年には「とかちのアートを考える会」を発足。現代アートによる「まちづくり」を提案し、形を変えながら様々な活動実績を重ねてきた。2002年とかち国際現代アート展「デメーテル」や、十勝千年の森を会場にした2003年「十勝千年の森=水脈の森・万象の微風」は記憶に新しい。2006年には、いち早く環境アートに取り組んできたメンバーにより新たに「帯広圏現代アートパーティ」が組織され、十勝の自然環境に根ざしたアートを通じ、北方圏アートとして十勝固有の文化の創造や、観光・教育・産業と連動した地域発展などを目指した。

この時に集った仲間たちが初めて真鍋庭園を舞台に展示を行ったのが2008年。野外アート展やナイトガーデンなどのイベントを行った。2009年には、初めて真正閣を会場にした屋内展示「真正閣の10日間」を開催、好評を博した。今回の「真正閣の100日」は、真正閣の100年を契機に、北見、旭川、札幌など親交のあるアーティストにも呼びかけ、脈々と受け継がれてきた帯広現代アートの流れを再確認するエポックメイキングな展覧会でもある。

manabekouen.jpg
真鍋智紀 (株式会社 真鍋庭園緑化代表取締役)講演「大地の芸術」

実行委員長の池田緑は『アーティストが自分の暮らす土地から発信できることは喜ばしいこと。訪れる方々には豊かな緑に囲まれた歴史ある建物と、現代芸術の共演を楽しんでほしい。シンプルな思想に基づきながらも、100日間を通じて変化を持たせた構成になっているので、好みの作家を目当てに訪れるなど多様な喜びを感じてほしい。』と話す。

_D5Y1454.jpg
梅田マサノリ「透明な通路」

第1週は、帯広などを拠点に活動する3名の作品を展示。真正閣内の二間を使い、梅田マサノリが「透明な通路」を展示。気密性の高い素材に目に見えないもの、透明なものを閉じ込めた作品は、震災を経験した日本に気付きを促すものだ。また、床の間に展示された掛け軸とアヒルの羽を使った一見無垢なオブジェは、メキシコ湾原油流出事故への目配せであるなど、その視点は鋭い。

_D5Y1495.jpg
半谷学

真正閣から望む池の上には、半谷学が麻ロープの廃材と竹竿を使い、アート活動を続けていると湧き出てくるという透明な喜びや楽しさを表現。葉や羽を模した作品が緑あふれる庭園の景色に溶け込む。『帯広には自由な作風に対して度量の深さがある。』と話す。

yoshino.jpg
吉野隆幸「心象覚B」

庭園を奥深く進むと、吉野隆幸のインスタレーション「心象覚B」が展示。戦前の東北地方で作られたという100個にものぼるリンゴ箱が使用されている。各々の心象風景と、真正閣の100年を内包した空間が同化して、新たな光となって見る者に訴えかける。100日を通じて展示されており、心象の移り変わりを記録する実験装置ともなりえる。

yoriki.jpg
寄木奈緒子 ダンスパフォーマンス「滲む」

多種多彩な現代アーティストが集う「帯広コンテンポラリーアート2011 ー真正閣の100日ー」は9月4日まで開催。真鍋庭園と真正閣を会場に、1週間交代で個人やグループが出展する他、期間中、毎週日曜日には、モダンダンスや詩の朗読などのパフォーマンスも実施。同園内カフェ「ブルー・スプルース」では「BOX ART展」が開催され、参加作家のプロフィールとミニチュア作品が一覧できる。また、関連企画として7月18日からは市内のカフェ・ギャラリー「FLOWMOTION」を会場にした「帯広現代アートの記録展」も開催される。

帯広コンテンポラリーアート2011ー真正閣の100日ー
会期:2011年5月28日~9月4日
時間:10:00~17:00 (入場は16:00まで。会期中無休)
会場:真鍋庭園 真正閣および庭園屋外
住所:北海道帯広市稲田町東2-6
入場料:大人500円、子供200円、真鍋庭園パスポート1200円(会期中何度でも入場可)
TEL:0155-48-2120
出品作家:半谷 学、梅田マサノリ、吉野隆幸、熊澤桂子、池田緑、伽井丹彌、相原正美、高坂光尚、高田K子、村上知亜砂、塩田晃、柏倉一統、橋本 勇、鈴木 隆、荒井善則、伊藤明彦、藤井忠行、佐野まさの(故人)、勝野好則、高橋英双(故人)、林 弘尭、田丸 忠、小川みち、鈴木順三郎、松井淳紀、阿部典英、柿﨑 煕、下沢敏也
http://tokachiart.jp

Text: Ayako Ishii
Photos: Yoshihiko Tobari

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE