瀬戸内国際芸術祭 2010

HAPPENINGText: Tomohiro Okada

「アートと海を巡る百日間の冒険」

日本の西側、中国地方と四国に挟まれた内海である瀬戸内海。無数の島が連なり、風光明媚なこのエリアの中心に位置する主に香川県の島々で、この夏から秋にかけて瀬戸内国際芸術祭という現代美術祭が開催された。

瀬戸内国際芸術祭2010

同じく日本の豪雪地帯である新潟県妻有地方において、地域全体に展開する現代美術祭「越後妻有トリエンナーレ」を成功してきた北川フラムがディレクションを行った、瀬戸内国際芸術祭。妻有での芸術祭と同じように、広大なフィールドで、地域の風土の中に作品を溶け込ませた展示によって展開される。この芸術祭に訪れる者は、作品を見るだけでなく、作品が展開する地域の風景や人々の営みと触れながら、その地域全体を体感することになるのだ。

瀬戸内国際芸術祭は7つの島々を会場に展開された。それぞれの島に向かうには、船で渡ることになる。ベニスビエンナーレやドクメンタのように一つの街で行う芸術祭でない広がりは、ほとんどを見るのに最低3日はかかるとまでいわれていた。その周遊の中心になるのは、香川県の中心都市、高松である。本州と四国を結ぶ渡船の中心地とされてきた、高松から会場に向かう各島への船が出ているのである。私も、芸術祭探訪の最初は高松からである。

hamabenite.jpg

最初に向かう島は豊島。豊島は、瀬戸内国際芸術祭によってはじめて芸術作品が展開された、芸術祭によってはじめて観光客を受け入れることになった島である。芸術祭以前から、会場になった島でも、直島のように今やベルリッツなどを擁する国際的な教育企業、ベネッセとその創業家によって、現代美術の美術館やアートフィールドが整備され、芸術祭のために整備された作品が無い島も存在する。まずは、芸術祭によってアートが「開かれた」島へと訪問する。

高松から豊島へ向かう船。都会や世界各地からの芸術祭の観覧者は、ここから新たなる体験をすることになる。その船は、普通に島と街とを結ぶ生活のための航路。まさに地域の風土とともに巡る旅なのである。

島に向かう生活雑貨などを満載した船に乗り、一時間超。直島を経て、豊島の港にたどり着いた。そこは何の変哲もない小さな港。しかし、高松から豊島に向かう間に見える無数の島々が織り成す景色、そして古くからある民家の佇まいはそれそのものが美しい風土の風景である。

Tom-Na-H-iu.jpg

この島の山の中、池の中に、透明なモニュメントがそそり立っている。この「トムナフーリ」という森万里子による作品は、作品名の意味である「古来ケルトにおける霊魂転生の場」というモチーフのように神秘的な作品である。宇宙素粒子の観測施設とデータを結び、超新星が爆発するとこの透明なモニュメントは光を放つ。本来なら光を感じることが出来る夕闇や夜にこそ、鑑賞したいのだが、もともと観光客を受け入れることが無かったこの島で、宿泊の受け入れは無い。日差しの中、鬱蒼と木々が繁茂し、水草で真っ青となった生命力旺盛な池の中にお行儀よく存在するモニュメントにどうなるのかと思いを馳せるのだった。

hamabenoorgan.jpg

浜辺にて。長い管が連なった不思議な装置の周りに人々の姿。オーストラリアのキャメロン・ロビンスによる、潮の満ち引きによって音を奏でるオルガンだ。不規則に流れる音の響きに、作品目当てで集まる人々はつい微笑ましさを感じてしまう。島々の風景と波のうねり、うねりとともに響くオルガンの音。時間がゆったりと進んでしまうような情景だ。

ishizukuri-no-kura.jpg

港の小さな集落を散策。存在感のある石造りの蔵に誘われる。蔵の中の暗い空間、そこにオラファー・エリアソンの水のカーテン、ささやかに照れられる光が蔵の中に虹を描く。百年同じであっただろう、蔵のひんやりとした空気の中にあるささやかな虹は光そのものの素朴な美しさを感じさせてくれるのである。

teshima-art-museum.jpg

この芸術祭の終幕に、豊島では直島と同じく、新たな美術館がオープンした。そして、フランスのクリスチャン・ボルタンスキーによる、心臓音のアーカイブなど、新たな常設の現代美術プロジェクトの整備が始まっている。何もなかった島が、これから現代美術が持ち込まれることによって、何か新たなものへと変わろうとしている。島の日常の中にぽつりと佇む作品たちの姿は、そんな「開発」の前にある風景であった。

改めて船に乗り次は、男木島、女木島のふたつの島を探訪する。男女というジェンダーの揃いがつくように近く隣接したふたつの小さな島だ。

hashiru-fastener-sen.jpg

高松から女木島に向かうフェリー。並走し、水面を開く巨大な「ファスナー」が見えてきた。船の航跡がまるでファスナーが布を開くかの様に見えた鈴木康広が手掛けた「ファスナーの船」。そのユーモラスな姿に旅情が掻き立てられる。

fukutake-house.jpg

この島には、直島をアートフィールドに変え、豊島を同じく変えようとしている、この芸術祭の総合プロデューサーである、福武總一郎の姓を冠した、著名ギャラリーによるポップアップ「福武ハウス」が休校中の小学校の校舎を用いてオープンしている。福武氏の持つ現代美術収集のネットワークを反映するかのような世界各地の有力ギャラリーがそれぞれの扱い作家から厳選した作品は、今の現代美術のシーンに人々がいきなり対峙し、感慨することができる場となっていた。

そんなポップアップな場にあって、島の学校であることを意識し、心に残ったのは小山登美夫ギャラリーが展開したアニメーション作家の辻直之の「風の精」。辻の素描による寓話的なアニメーションの世界が映し出される教室に、子どもの頃、学校で感じていたであろう妄想のひとときに思いを馳せる空気がそこにあった。

sugimoto-sakuhin.jpg

妄想といえば、ギャラリー小柳による 杉本博司の作品は、杉本の本来の仕事である写真ではなく、小学校に遺された様々なものを用いた「とんち」を、様々な物体にして散りばめられたユーモラスなもの。ギャラリーによる展示でありながら、直島などに展開される写真の作品がある一方での、ある種のサービスともいうべき、いたずら心溢れる、そこにしか存在しえない作品である。

phantomisland.jpg

今になって気になった映像作品もある。中国広州のヴァイタミン・クリエイティヴスペースが提供するジュン・ヤンによる「ファントムアイランド」だ。この台湾の作家は、ハリボテの島をつくり、台湾から中国と台湾、日本との間の公海上にそれを浮かべるというビデオ作品。島が突如存在すると理解することによって生まれるアイデンティティ。今まさに進行中の尖閣諸島を巡る思いを、誰もが持つであろうアイデンティティともに意識化し、揺さぶらせる作品である。

女木島から男木島まで向かうフェリーの待ち時間、港の隣の海水浴場でシャワーを借りて、軽く泳ぐ。夏が蒸し暑い日本の中にあって、乾燥地帯である瀬戸内の島々。泳いでもすぐに乾いて気持ちがいい。美術を鑑賞するだけでなく、風土の恵みを軽く摂取するような濃厚な旅が、島と島とを結ぶ間に広がって行く。

そして男木島へ。男木島は、小さな山がそのまま島になったかのような島。車も入れない、坂が小さな港の集落の中の様々な場所に作品やプロジェクトが存在する。

ogijima-no-tamashii.jpg

フェリーで辿り着くと、歓迎の言葉が綴られた世界の民族の文字が構造を覆うターミナルが迎える。ジェウメ・プレンサによる「男木島の魂」というこの作品は、港湾整備事業による公的な予算によって生まれたもの。瀬戸内の前例である妻有の芸術祭にも共通するとことが、このように地域振興の土木予算をもとに芸術祭ごとに目覚ましい建物が生まれて行く。芸術祭を重ねることで、アートが地域を埋め、魅力的な資源へと変えて行くのが、北川フラムによる「芸術祭」の特徴だ。

Oscar.jpg

昔の公民館の跡に瀬戸内の風土に触発された大岩オスカールによる一枚絵画「大岩島」が展開している。両面を鏡で繋ぎ、突き抜ける絵画のランドスケープは、実際に目で見てきた瀬戸内の風景に新たなパースペクティブをもたらしてくれる作品であった。(残念ながらこの作品は会期中に生じた島内の火災のために焼失の憂き目にあってしまった)

島内の集落に張り巡らされた細い隘路を歩く。その道の様々な場所に作品が仕掛けられたり、民家に作品が展開する、散策が楽しい展示となっていた。

SEA-VINE.jpg

空家の大広間に波打つかのような陶器の渦とその上に可憐な陶器の花が散りばめられた高橋治希の「SEA VINE」。高台の大広間、陶器による水のように儚きダイナミックな渦の向こうには、瀬戸内の海が滔々と広がり、織り成す絶景をかたちづくっていた。

oto-no-fukei.jpg

馬小屋や鶏小屋に、竹でつくられた不思議な生物が棲んでいた。松本秋則の「音の風景」、島の竹林で採った竹からつくった様々な音のオブジェが、まるで虫や小動物のように可愛らしく感じられた。

ざっと、作品を観るうちに、丘の上へと出る。その小さな神社からの島々の絶景は、心地よい疲れの到達感と日常と異なる景色の美しさを感じさせ、ふと多くの鑑賞者が立ち止まる。特に目につくのは、外国からの鑑賞者。この芸術祭が開催されている四国は、全国の中で著しく外国人旅行者が少ない地方。まさに見たことの無い新たな日本の絶景、しかし、思い描くであろう美しい伝統と風土から織り成される日本らしい景色は、高い感慨をもたらすのである。

最後に訪れたのは、小豆島である。

小豆島は、高松、そして先に美術で開発された直島、その向こうにある本州岡山県への導線から外れているため、観覧者の鑑賞コースから外れがちの島である。この多島海である瀬戸内海においても、二番目に大きいこの島の内陸部で作品群が展開されていた。

この島の芸術祭ボランティアは気さくでテンションが高い。

saru-ni-chui.jpg

「パスポートチケットには必ず名前を書いてください、無くされたらそれで確認できますので」面倒くさがりというか、名前をぶらさげることに恥ずかしさを感じる私であるが、各場所でおじちゃんおばちゃんに口ぐちに言われてしまう。そんなおじちゃんおばちゃんたちの受付の後ろには、日々書き加えられて行くイラストマップが。途中の経路でサルが出没し、からんでくる…ということもイラスト化。とにかくおもてなしがアツいのだ。

shodoshima-wara01.jpg

作品が点在するこの地域は日本古来のランドスケープである棚田が展開している。稲の収穫を終え、田圃には様々な稲で作った巨大な生き物が作品として展開されている。これらの稲の生きものこそ、芸術祭期間中に最後に完成した「作品」である。決して、有名な作家が作ったわけではない、武蔵野美術大学の学生と地域の人々が作り上げたこの「作品」が棚田の風景の相まって、たくさんの人たちを楽しい気分にさせてくれていた。

村人のテンションの高さは、その風景の中にヒントがあった。田んぼの向こうに、昔作られた舞台が存在する。この村の人々は、昔から歌舞伎を舞い、楽しむ文化を持っていた。もちろん、演じるからには、外からの人々がそれを見に来ることを歓迎する気風があった。この芸術祭は、この微笑ましいボランティアたちにとって、新たな芸術祭なのである。

kokoro-no-kyojin.jpg

旧米工場を舞台にした河口龍夫の「心の巨人」。年季ある建物に向かってオブジェが飛翔し、建物の主である「何か」へと向かう作品。年季とともに、何かが棲みつく、そんな歴史と風土への憧憬が昇華した、居続けたくなる空間があった。

take-no-ie01.jpg

居続けたくなる空間。最後に触れたいのは、谷間に現れた巨大なドームの竹の家、王文士による「小豆島の家」だ。全てが竹で作られたドームの中。隙間から心地よい風と光が漏れる。その心地よさに、ほとんど全ての鑑賞者は裸足で上がり込み、ときに寝ころび、至福のひとときを過ごす。その居続けたくなる空間こそ、鑑賞だけではない、風土とともに体感するこの芸術祭の神髄ともいえる景色ということができるであろう。

library.jpg

一番最後に、テンションの高かった受付が配された小学校の中の図書館で展開された作品に触れて終わりにしたい。栗田宏一の「土と生命の図書館」である。この作品は瀬戸内各地の土を集め、その色の織り成しを見せる作品。まさに風土そのものである土が見せる色の表情をかたちにした作品だ。多彩な風土を反映させる美術作品が、島々に有名無名千差万別展開する芸術祭。アートが風土を照らし合わせ、新たな風土を作る。日々の生活であえて忘れ去ってきた風土を呼び起こす芸術祭。その風土が凝縮された作品だった。

忘れ去ってきた風土。廃校の図書室は今でもきれいに残されている。村の篤志家が、寄贈した本など、人をつくる知識を大事にする、少し前の日本の景色がそのまま残っている。そこで子ども向けの歴史教本を手にする。最後は戦後の日本の復興で終わる教本。家族で経営する零細企業が世界に輸出できる商品を作るまでの苦労が書かれていた。そして、そんな世の中のため、そして戦争の苦難の後に豊かさを得るためにはたらく、小さな工場こそ新しい日本の象徴であると。

この芸術祭は地域に配された作品だけでなく、まさに瀬戸内という地域に存在する風土と私たちをつなぐプロジェクトであったのである。

今回の記事では、瀬戸内国際芸術祭のハイライトとされている、直島、犬島には、触れなかった。両島で展開されている、アートプロジェクトは、芸術祭において特別に展開されているものでなく、会期の終わった現在こそ、平常を取り戻し、より一層深く鑑賞できるものになっている。

このように、芸術祭が終わっても、この瀬戸内の島々をフィールドに様々な作品が展開している。アートと風土が触発しあう、絶景続く田舎への旅。いかがだろうか。

瀬戸内国際芸術祭2010
開期:2010年7月19日〜10月31日
会場:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、高松港周辺
主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会
総合プロデューサー: 福武總一郎(財団法人 直島福武美術館財団理事長)
総合ディレクター: 北川フラム(アートディレクター)
http://setouchi-artfest.jp

Text: Tomohiro Okada
Photos: Tomohiro Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE