高橋喜代史

PEOPLEText: Mariko Takei

「勢いの視覚化」をテーマに、漫画や書道、音楽など様々な要素を合わせてインスタレーションやパフォーマンス作品を展開している、札幌を拠点に活動しているアーティストのキーボーこと高橋喜代史。彼の擬音語を使ったボールドで立体的な作品は札幌や世界各地のあらゆる場所に出現し、そのソリッドな出で立ちとは異なる、擬音語の放つ心地よい脱力感が見るものに強烈なインパクトを与える。そんな彼の個展「ハイブリッドアートIII そして伝説へ…」がCAI02にて開催されている。

02_s14-466x650.jpg

今回札幌のCAI02にて個展を開催されますが、何年ぶりくらいになりますか?

札幌では3年ぶりですね。今年の春にニュージーランドのオークランドでやってきたので、個展としては半年ぶりくらいです。

アーティスト活動をするようになったきっかけを教えてもらえますか?

小学校の低学年くらいから漫画家志望だったんです。なので、漫画ばかりよく描いていて、ある賞に応募したら入賞し、担当の編集者が付くようになったのですが、そこですごく説教されるわけです。入賞したものの、絵が下手過ぎるから絵の勉強をしなさいと。それが20才頃ですね。そこで、美術の専門学校に行きまして、そこで出会った先生がCAIを主宰している端さんでした。端さんの授業がすごく面白くて。ある日フリーペーパーで見つけたのが、端さんがやっている、現在のCAIアートスクールで、そこにも夜間通うようになったんです。1年間そうやっていたら、CAIアートスクールが昼間もやるということになり、専門学校の方をやめて、CAIに移ることに決めました。

12-650x433.jpg
「ドーン」(2007)

高橋さんの作品の特徴として漫画の擬音語をモチーフにしたものがありますね。

それはやはり漫画家を目指していたというところから、引き継いでいるというのが凄く大きいですね。あと、書道もやっていたので、文字を書くという楽しさを学び、音楽が好きだったのでタワーレコードで働いたりと、漫画、書道、音楽という大好きな3つの要素がうまく合わさったのが、「擬音」というカタチだなと思ったんです。

現在は「勢いの視覚化」をテーマに作品をつくっているそうですね。どんな作品かご紹介下さい。

鉄で作った筆から墨を噴射する「筆シリーズ」と、漫画などに使われている擬音語を立体的なインスタレーションにしている「擬音シリーズ」があります。

「筆シリーズ」は、「墨がでるものは全て筆」という僕なりの持論のもと進めているのですが、例えばバットであるとか、左腕にはめるガンのようなものを、オブジェとして立体の筆として作り、それを使って墨を噴射するパフォーマンスを行い、墨を噴射することで平面作品もできあがる。一つの作品からオブジェ、パフォーマンス、ペインティングという3つの要素が生まれてくるものです。

02_s10-650x433.jpg
「サイコガン」(2007)

「筆シリーズ」は、もともと漫画を描いている時に、書道漫画を描いてたのが始まりです。10年くらい前ですね。いろんな筆を持った人達が書道を競うという漫画を描いていて、その時に『このアイディアを立体化したら面白いんじゃないか?』と、現代美術の文脈に乗せれるのではないかと思ったんです。でも漫画を描いていたから、ずっと保留にしていたんですが、どうしてもつくってみたいという思いが強くなって、30才の時につくろうと決意してつくったのが「サイコガン」(2007)という筆の作品です。

01_s11-650x433.jpg
「コロコロ」(2008)

「擬音シリーズ」は、擬音語の文字のカタチと音が一致しているようなもの、例えば「コロコロ」(2008)だったら、コロコロ転がっている様子だったり、音と形を立体化した作品です。

01-650x432.jpg
「ガガガ」(2009)

擬音シリーズの最初の作品「ドーン」(2007)以外にはどんな作品がありますか?

北アイルランドのベルファストというところでやった作品で、地名を英語で漫画っぽくつくった作品「Belfaaaaaaast!」(2008)や、英語の擬音語で、日本語でいうガチャーンみたいな「crash」(2008)。あと、アーティストインプログラムというので小学校の空き教室に2週間行って、そこで小学生と一緒に作品をつくるというもので、小学生に絵を描いてもらってそれを合わせてつくった「ゴゴゴゴゴゴゴ」。除雪をテーマに、除雪機の音を使って雪でつくった「ガガガ」(2009)。擬音語とは少し異なりますが、中国のグループ展でつくった「GO」(2009)、この「GO!」は中国の吉林省に9月下旬にオープンする図門江彫刻公園のパーマネントコレクションとして再制作されています。他にも札幌駅に展示したART BOXグランプリ作品「バーン」(2010)など。他には、平面的な小作品も展開しています。

IMG_1595-468.jpg
個展 「ハイブリッドアートⅢ そして伝説へ…」/ ビームサーベルエンジン パフォーマンス風景 / 2010 / CAI02(札幌)写真:小牧寿里

今回のCAI02での個展ではどのような作品を発表するのですか?

僕はエンジンを使った筆をつくりたくてつくりたくて、ようやく念願かなって「筆シリーズ」からエンジンを搭載した作品「ビームサーベルエンジン」をつくりました。この筆は二刀流型です。文字も書けるには書けるのですが、ここで描くのはイメージに近いものですね。インクには墨を使ってます。この筆と墨にこだわっているというのは、書道からきてると思うんです。例えば、ジャクソン・ポロックとかのアクションペインティングでは筆を重要視してないですが、中国の書法における硯と墨と紙と筆というのは、文具四宝とよばれ一個一個が美術工芸品として尊重され、そのこだわりや、道具に対する愛着っていうのは、アジア人特有なんじゃないかなと、たぶんそこから系譜を受けついで、大切にしたいなと思っています。

IMG_1608-468.jpg
個展 「ハイブリッドアートⅢ そして伝説へ…」/ 「ギューン」展示風景 / 2010 / CAI02(札幌)写真:小牧寿里

今までは擬音語の文字をそのまま立体化してきた擬音シリーズは、今回の個展で発表している「ギューン」で新しい方向性を感じさせるものとなってますね。

「ギューン」は鉄でできていている作品なんですが、レールがあって、その内側に車輪が入っており、車輪の上に板が載っている状態で、手前でギアを回すとスプリングが伸びて、ある一定のところまでくると、その伸びきった状態のところでバーンと弾けて板がレールを駆け上がるという作品です。板がギューンと直角を駆け登っていく勢い、そのギューン感というのは、誰にでも伝わるのではないかと思って、言葉だけじゃなくて、動きや形だけを抽出して作品をつくりたいなというアイディアのもと出来上がった作品です。

03_s4-433x650.jpg
「fujiyama」(2007)

この「ギューン」のアイディアが生まれたのは、3年くらい前なんです。「ドーン」の後、北海道立美術館で開催したグループ展「Born in HOKKAIDO」(2007)に出品したときに、デッカイ富士山をつくって展示した頃です。ある日家で本を読んでいたら「ギュン」っていう文字が、ギュンって上がるイメージを思いつきました。それでやっぱり擬音なんだなと。その時からずっと考えていて、個展2ヶ月くらい前に、そのアイディアが黒い板がレールを駆け上がるというイメージに更新されて、擬音シリーズの作品なんですけど、言葉を削ぎ落とした結果、ギュンという勢いだけが抽出されてた。僕の作品の「勢いの視覚化」というコンセプトの核心により近づけた。それが「ギューン」なんです。

個展タイトルにある「ハイブリッドアート」というのは何を意味するのですか?

それは僕が勝手につくったタイトルです。昔、パンクラスという格闘技団体があって、そこにいた船木誠勝というレスラーが、ハイブリッドレスラーといわれていて。ハイブリッドってどういうことか知りたくて本を読んだら、レスラーは基本的に肉体を鍛えるものだけど、それだけではなくて、精神と肉体の両輪で鍛えていくと。それが掛け合わさったものがハイブリッドレスラーで強いんじゃないかって言ってたんです。そのハイブリッドという言葉もかっこよかったし、雑種とか掛け合わせ、肉体と精神の両輪という考えもかっこいいなと思っていたので、まず”ハイブリッドアート”というのは、船木の“ハイブリッドレスラー”のパクリなんですよね。

03_s5-650x466.jpg
「batman」

筆シリーズでいうと、書道と漫画やアニメとジャクソン・ポロックなどのアクションペインティングが合わさっていて、そういういくつもの要素が噛み合わさったものから、新しいものが生まれるのではないかと思ってます。擬音シリーズは、言葉と音と漫画とドナルド・ジャッドなどのミニマルアートが掛け合わさったもので1つの作品になっています。

IMG_1618-468.jpg
個展 「ハイブリッドアートⅢ そして伝説へ…」/ 2010 / CAI02(札幌)写真:小牧寿里

他に今回の展覧会では「ド」という文字をテーマにした小作品の新作も展示してますね。

「ド」の作品でいえば、「ドーン」もそうですし、ニュージーランドで滞在制作して、生徒たちと一緒に作った作品が「ドドドドドドドド」でした。ようやく最近わかってきたのが、「ド迫力」とか「どアップ」とか「ド根性」とか、「デカイ」より「ドデカイ」とか、超とかスーパーというのを「ド」ひとつで表現しているなと。何かを越えたものというのが、現代美術そのものだと僕は思っているので、「ド」という領域は、「何かを越えて行く」という僕の到達願望領域そのものなんです。

影響を受けたアーティストはいますか?

めちゃめちゃたくさんいますけど、一番好きなアーティストは、顔真卿(ガンシンケイ)という中国の書家です。1200年以上前の書道家で、ツートップの内の一人です。もう一人は、バッハみたいな存在の王羲之(おうぎし)。顔真卿の方は、ヘタウマみたいな感じなので、最初なんで顔真卿の作品がいいのかわからなくて、30才くらいの頃に東京在住時に行ってた書道教室の先生にその良さを聞いてみたんです。そうしたら、顔真卿の「裴将軍詩」という作品を見せられて、何を書いてあるかわからないけど、涙が止まらなくて、自分でもビックリでした。その自由さは本当にスゴイです。

海外で活動をしてきてますが、擬音シリーズなどは海外ではどんな反応ですか?

例えば日本人から見るとアルファベットの擬音シリーズの作品だとあまりすんなり入ってこなくて、カタカナのほうがすんなり入ってくる。その逆で、それは海外でもいっしょだと思うんですよね。なので、『これどういう意味なの?』って聞かれることが、ひとつのコミュニケーションの手段にはなるんですけど、英語力が追いついてないので、説明しきれないんですよね。そんな中で今回の擬音シリーズには新しい方向を展開したので、ちょっと光が見えてきたというところですね。

今後やってみたいことはありますか?

めちゃくちゃありますね。アイディアはしこたまあるんですけどね。あと、札幌だけでなく、北海道外、海外含め、いろんなところで活動していきたいですね。
これまでの「筆シリーズ」「擬音シリーズ」に新たなシリーズも考えていて「日本シリーズ」というインスタレーション作品を熟考中です。

高橋喜代史個展 「ハイブリッドアートⅢ そして伝説へ…」
会期:2010年8月20日(金)〜9月4日(土)
時間:13:00〜23:00
休館:日曜・祝日
会場:CAI02
住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビル地下2階
TEL :011-802-6438
主催:CAI現代芸術研究所
http://www.cai-net.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE