SURROUND GARDEN — 響きあう音とカラダ

HAPPENINGText: Fumi Hirota

メディアアートや情報芸術の大規模なインスタレーション、パフォーミングアーツの公演をはじめとし、実験的な試みを続ける山口情報芸術センター(YCAM)は、その教育普及の分野でも、特徴的な活動をおこなっている。展覧会や公演への深い理解を促すギャラリーツアーなどの企画のほか、「メディア」「社会」「身体」という独自のキーワードを打ち出し、オリジナルのワークショップを開発している。夏休み期間中に多くの美術館や博物館で開催されているワークショップ。ここでは、情報芸術への洞察や、身体を実践的に使うYCAMの企画について紹介する。

ycam01.jpg
ワークショップ「walking around surround」(2008)

YCAMで2006年より継続的に開催されている「walking around surround」は、専用の教育ツールを使い、「音を聞くこと」について捉え直すワークショップである。音を聞く、音が聞こえる仕組みをレクチャーで学んだうえで、「音と空間」に着目した様々な体験をしていく。目隠しをして環境音や残響、反響などを手がかりに歩く「目隠しツアー」、8個のワイヤレススピーカーを空間に配置する「空間のコンポジション」、そして最後には音の種類、スピーカーの配置、音のタイミングをスコアにし、音による空間と時間軸を参加者がつくって発表する。こうした一連のプログラムを通し、機械の振動、空気の伝播、聴覚の構造などの音が聞こえる過程、そして環境音や人工音などの様々な音について考えていくのである。それは、音が放たれ、隅々まで広がり、私たちの身体へと届くイメージを想像する特別な機会といえるだろう。

ycam02.jpg
左:レクチャーの様子 右:目隠しツアー

ycam03.jpg
ワイヤレススピーカーを自由に配置し、音の変化を体験する

こうしたワークショップをYCAMが開発するのは、電子音響による表現を情報芸術の豊かな可能性と捉えていることにある。造形物をはじめとする視覚的な表現のみならず、聴覚によって感じられる表現に注目し、YCAMでは、これまでにもオーディオビジュアル・インスタレーションやサウンド・インスタレーション、インスタレーティブ・コンサートなどの大規模な作品を展示、公演している。これまでの美術にはなかったメディアアートにおける空間性や時間性を、音響表現として巧みに形づくっているのである。

ycam04.jpg
オーディオビジュアル・インスタレーション 大友良英+木村友紀+ベネディクト・ドリュー+平川紀道+石川 高+一楽儀光+ジム・オルーク+カヒミ・カリィ+Sachiko M+アクセル・ドゥナー+マーティン・ブランドルマイヤー「quartets」(「大友良英 / ENSEMBLES」展、2008)

ycam05.jpg
インスタレーティブ・コンサート 内橋和久+UA「path」(2005)

そして、8月に開催されるワークショップ「surround garden—響きあう音とカラダ」では、さらに一歩踏み出すおもしろい試みをおこなっている。音を、時間と空間のコンポジションの要素と捉え、音の移動や音による空間構成など、音響表現の基本的な特性を学べるだけでなく、そこに「身体」を意識的に探求する仕掛けが含まれている。国内外の第一線で活躍する振付家/ダンサーの白井剛を講師に、ワイヤレススピーカーを使ってダンスを試みる…。そこには、音・時間・空間というインスタレーションの表現にある関係性だけでなく、身体の動きを含むパフォーミングアーツの表現に着目する方向性がうかがえるだろう。振付やダンスを学び、成果作品をつくり出すのではなく、「音と身体」の関係性について、ダンサーと参加者が実験的に捉えていく環境が、このワークショップには含まれているのである。YCAMがこれまでに開発したワークショップに、アーティストがコラボレーションし、構想していくことで、その可能性を拡げ、アート/パフォーミングアーツ/教育普及といった既存のジャンルを越えた新たなテーマが生まれている。

ycam06.jpg

今回のワークショップの重要なテーマである「音と身体」、さらに空間表現との関わりについて、その創造性を発展的に捉える白井剛は、さらに「映像と身体」においても新たな可能性を探求している。映像がもたらすダンス/身体表現を追求し、新作となるビデオダンス作品を制作しているのである。2011年1月に発表予定のこの作品は、YCAMにおける滞在制作にて、現在、実験と構想が繰り返されている。通常の舞台公演とは異なる視点からダンスを捉え直し、身体がもつ繊細でダイナミックな動きや流れ、そして、タイムベースドなフレームをもつ映像というメディアが、いかに身体をとらえるのか。インターネット上の閲覧システムや配信サービスなどの視聴環境における体験までを考慮し、多様化する映像文化における「映像と身体」の今日的な可能性を探っている。振付家・ダンサーだからこそできるクリエーションを、その企画からYCAMと白井が共同でおこなっている。YCAMでは、2008年にもダンサー/振付家の勅使川原三郎によるビデオダンス作品「Friction of Time – Perspective Study vol.2」を制作しており、こうした経験のもと、アーティストが同じ現場で作品を創り上げ、実験を繰り返しながら新たな発想を形にしている。

ycam07.jpg
白井 剛 新作ビデオダンス作品の実験(2010)

ycam08.jpg
勅使川原三郎「Friction of Time – Perspective Study vol.2」(2008)

YCAMでは、新作インスタレーションを発表する展覧会を開催しているが、こうしたワークショップや映像作品なども、独自のプロダクションにおいて制作されている。ワークショップについては、その内容がドキュメンテーションとなっており、現在、限定部数を配布している。(ワークショップブックの配布ご希望の方は、workshop10@ycam.jpまで)

ycam09.jpg
YCAMワークショップブック オリジナルワークショップ1タイトルにつき、1冊のブックレットになっている。現在は、「ケータイ・スパイ・大作戦」「walking around surround」「感覚アスレチック」「パスタ建築ワークショップ」「ハンド・メイド・マウス」「meet the artist」 の6種。アートディレクション/ブックデザイン:橋詰宗

新たな表現を切りひらき、現在のテクノロジーを見据えた人間の知覚や感性、身体感覚をも見据えるメディアアート。その創造性への探求が、これらのワークショップや作品において試行されている。YCAMがおこなうアート、パフォーミングアーツ、教育普及の活動が、表現のジャンルにとらわれることなく、既存の公共施設への枠組みを刷新し、新たな芸術創造の環境を見出すことができるのか。情報芸術やメディアアートのさらなるおもしろさ、楽しさへの可能性として注目してほしい。

YCAMオリジナルワークショップ
surround garden—響きあう音とカラダ
講師:白井 剛
会期:2010年8月21日(土)・22日(日)
時間:8月21日14:00〜17:00/22日14:00〜17:50
場所:山口情報芸術センター スタジオA
料金:500円[2日間通し] ※要申込
対象:小学3年生以上
定員:15 名
http://www.ycam.jp

公開イベント
「デモンストレーション+ワークショップ成果発表会」
会期:2010年8月22日(日)
時間:17:00-〜17:50
場所:山口情報芸術センター スタジオA
出演:白井 剛、ワークショップ参加者
参加無料

Text: Fumi Hirota

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE