曹陽(EXIT A)

PEOPLEText: Ralph Yuu

『感情をむき出しにする事は、とても大事なんだ。』

曹陽はロックバンド「EXIT A」のリードボーカル。現在、北京に住み活動している。

exita009.jpg

曹陽は私が知る数少ない中国国内のロッカーだ。中国の音楽産業において、私はやって来たばかりの新人といえるだろう。音楽の領域に現代美術の感覚や考え方をそのまま用いることはやはり不可能である。曹陽たちロックとエレクトロミュージックを仕事にしている友人と親しくなったおかげで、私は音楽産業やこのような音楽に、僅かながら入り込み、感じ、聴き方を学ぶことができた。

曹陽のバンドは2007年に結成。様々な変動や入れ替わりを経て正式なメンバーが決定したのは2010年になってからだ。それにあわせ国内で大小いくつかのイベント、北京マッシュルーム現代音楽祭、西安曲江青年音楽祭、杭州西湖音楽祭に参加した。紅牛原創音楽コンテストでは2部門を受賞している。

曹陽率いる「EXIT A」の音楽はエレクトロミュージックがメインである。この音楽のジャンルは20世紀初頭の急速な技術の発展に伴って生まれた。エレクトロニクス時代に盛んになるタイプの音楽である。近代化学技術によってできた様々なメロディーを紡いだ独特で力強い音楽。クラシックのもつ上品さや、ジャズの音楽性とは違いエレクトロミュージックは今までにない衝撃や波を創りだす。ビジネスと経済の発展した戦後西洋社会において、人々の感情を発散する重要な方法の一つとなった。その結果、こうした音楽はナイトクラブやレイブカルチャーとの密接なつながりを持った。

最新のEPは既に私たちの頭の中で展開されている。歌詞の中で風諭したり横柄であったり真摯なトーンであったりする。それは曹陽独特の声と混ざり、世間に対する軽蔑の中に憧れの情を帯びる。ありふれた私たちの身の周りの噂話のようでもあり、理性と感情の波を歌っているようでもある。

p290882544.jpg

最初にあなたの最近の活動、曲やパフォーマンス等について教えてください。

グループのメンバー編成があったから、ちょうど今大々的にリハーサルをしているところだよ。新しく加入したのはギタリストの王鈺棋とベーシストの陳勁。中国のロックシーンを支持しているファン達は既に彼らをよく知ってるよ。問題児だから(笑)それと僕たちはもうプレレコーディングのセッションを開始しているよ。これはバンドの初リリースになるからね。僕らはアルバムEPに5〜6曲入れるように考えているんだ。プレレコーディングは張揚がするんだけど、レコーディング後のミックスを手がけるのは郭勁剛になるかな。僕らは多くの話し合いや議論を重ねて、プロジェクトのアイディアをたくさん出した。それにいろいろな所を探して、僕らの音楽に最も合ったレコーディングスタジオもだいたい決めた。だからアルバムを出したらそれはもう凄いことになるんじゃないかって期待しているのさ。

それから、CDの他にリハーサル風景の映像を付けて発売するつもりなんだ。ライブ録音の未編集だから、アルバムバーションともいくらか違っているだろうね。

でも実際多くの技術とスキルがシングル作りに費やされているんだよ。ジャケットはアーティストの劉韡の作品「風景」で、デザインとレイアウトは由広煜にやってもらうんだ。僕が彼らの説明をする必要がないくらい2人は有名だよ。さあ、どんなに面白いものに仕上がるか想像がつくかい?

パフォーマンスといえば5月にメーデーフェスティバルに出演して、それに続けて北京海淀公園音楽祭でもするかな。もちろん当面は北京各地のライブハウスでの小規模パフォーマンスをしているよ。下半期には少なくとも国内ツアーをスタートさせるつもり。楽しみだ。

IMG_9764.jpg

私はこのエレクトロミュージックについて探求しました。電子音楽について私の得た印象は、科学技術で生み出されたこのいくつかの衝撃に満ちたメロディーの中、それを聴く人全てが曲のトーンの変化に合わせて意識や感情が瞬く間に極地に達するというものです。音楽活動に従事するあなたは、このメロディーと表現すべき感情である自己との関係をどのようにお考えですか?また、創作するにあたりこのメロディーをどう扱っているのですか?

厳密に言えば、機材を用いて音楽をつくろうとすれば自然と電子的な音になるよ。君がよく知っているエフェクターやベースギターアンプでさえもすべて電子音楽なんだ。僕らが話し合うべきなのは、いわゆる“エレクトロミュージック”であるべきなんだ。だけど実際エレクトロミュージックといっても、多くの種類に分かれる。多くの機材の助けを借りる必要がある。ハードでもいいし、ソフトでもいい。壊れたプレーヤーにカセットテープを入れてもバリバリ音を立てるノイズっていう“エレクトロミュージック”がつくれるし。今のところ僕が実際にバンドの中で電子的な要素を使うことは少ない。やはり条件や制限を受けるから。例えば機材、これにはいつも頭を悩まされる。コンピューターを使って電子的な部分を完成させられる。でもライブの時なんかは過度にコンピューターや他のハードウェアに頼ることはしたくないんだ。その上僕はロックの表現方法が好きだから、選択をしてバンドのメンバーに沢山出番をつくる。付け加えると、たとえ小さなイベントホールだったとしても、演奏を完璧にこなす事ができないほど機材のセッティングは僕たちを疲れさせてしまうだろうから。それでも曲にもっと面白みをもたせる方法は知ってるよ。頃合いを見計らって、僕らは全ての曲をおさめたリミックスアルバムをリリースするんだけど、曲はエレクトロミュージックばかりになるだろね。

メロディーに関して、僕個人は気持ちよく聴こえるような深い曲作りを心がけているよ。だからって、耐えきれないほど通俗的な音楽を作るつもりはないんだ。言い換えれば、メロディーラインを聴いているときに、もう次にどういうメロディーになるか分かってしまうようなものとか、あるいはずっと同じ音を繰り返しているだけの曲とかにね。最近はそういった曲があまりに多いんだ。でも本当に作詞をするのは簡単になったよ。ここ数年のポップスを聴いている人を通りから連れて来て、新聞を渡して書かせてみたら適当に鼻歌を歌って作詞できると思うよ。“作詞家”って呼ばれている多くの人が、実はこんな風にペテン師だったりするんだ。僕としてはこんなのは「作詞」じゃなくて、北京の方言の「チートゥ」(オウム返し)って言葉にぴったりだと思うけどね。付け加えるとメロディーは音楽の一部でしかないから、最も重要な部分である必要はないんだ。音楽作品の言語からすると、リズムやトーンそれに演奏者の感情表現の全てがともに重要なんだよ。

p290882743.jpg

音楽は芸術の一つだと考えられています。そして、芸術的な言語を通して、作曲家の経験や記憶を描いたり感情や考えを表現したりします。実のところこれは視覚芸術と似通っています。作曲家として自身の体験や感情が、曲作りにどのような影響を与えていると思われますか?

僕は自己中心的人間じゃないから、自分の個人的な経験や感情を音楽に込めて皆に聴いてもらうのは好きじゃないな。いまのところ僕が書いた曲の中に個人的な生活や感情に関わるものはない。そうした事を考慮に入れられる時間を与えられたとしても、多分しないんじゃないかな。もちろん、経験や感情はいくつかの物事に触れてしまうものだけど。でも僕は現れて来たものを書き出すんだ。もちろんこれは物事それ自体ではないし、僕個人がどんなかということでもない。ゴシップ好きの人にはがっかりさせちゃうけどね。

そうですね、ではあなた方のバンドと会社との関係や運営方法についてお伺いします。インデーズのとして、音楽産業の趣向とバンドの音楽性とをどのように折り合いをつけようと思いましたか?また音楽産業と人々の好みはあなたの創作活動に影響はありましたか?

僕らはパフォーマンスを管理してくれる会社と契約したんだ。だから彼らは僕らのために出演契約をしてくれたりしてくれていて、それに身の回りの仕事とかもしてくれる。曲は僕ら自身でやっているけど、会社はそれについても協力してくれる。他にも友人達が無償で僕たちを助けてくれるんだ。

音楽産業と僕らの関係については答えるすべがないな。基本的にロックミュージック市場がまだないんだ。もしも一曲が一万枚も売れたら金賞ものだけど、パフォーマンスでいくらかは稼げるけれど、代価としては全然不釣り合いなのさ。巨大な市場にアピールするにはその好みに無理矢理合わせるしかないね。仮にそんなことをしなければならないとしたら、音楽をつくる意味なんてあるかな?お金を稼ぐ方法なんて他にもたくさんある。だから、僕は音楽市場や大勢の人がどんなのを聴きたがっているかなんて気にもかけないんだ。まさに君がどんな音楽が好きかとかね。僕は全力で自分がすべき事をして、演じるべき役に扮すればそれでいいんだ。

p290882964.jpg

EXIT A (The band)
Vocals/Arranger:曹陽(Cao Yang)
Bassist:陳勁(Chen Jing)
Guitarist:楊坦(Yang Dan)
Guitarist:王鈺棋(Wang Yuqi)
Drums:達子(Da Zi)

2007年バンド結成。初期には「曹陽 and EXIT A」と呼ばれていたが、その後「EXIT A」と改められる。2008年9月にドラマーの達子が加わり、その後幾人かメンバーが変更され、2010年1月ベーシストの陳勁とギタリストの王鈺棋が加わり今のバンド構成が完成。
このバンドは80年代のシンセポップと90年代のインダストリアルミュージックに深く影響されている。エレクトロとシンセを組み合わせたオルタナティブロックのサウンドをもっている。「EXIT A」の音楽は一つのジャンルでくくることはできない。多様な音楽性を豊富に融合しているのは「EXIT A」だけだ。

Text: Ralph Yuu
Translation: Nozomi Suzuki

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE