イン・シウジェン個展「第二の皮膚」

HAPPENINGText: Ralph Yuu

中国現代美術におけるジェンダーとアイデンティティ。

2010年3月18日から、イン・シウジェンの新作を集めた個展が北京のペイス・ウィルデンスタインで開催されている。このペイスギャラリーのオープニングの1ヶ月前には、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の展示「プロジェクト92」で彼女の近年の作品「収集された潜在意識(Collected Subconscious)」 が披露されている。

Skin Cube, 2009
Skin Cube, 2009. Clothes, lights, stainless steel, 174 x 207 x 158 cm

中国の現代美術において、ジェンダーとアイデンティティは作家の創作活動そして美術作品の発展の主な原動力を占めてきた。1980年代に、中国美術界は西欧文化の流入による中国の伝統文化の変革を背景に、当時の社会意識を問い直すという文化的に大きな発展を遂げた。この時代に活躍したアーティスト達は、自己改革と多様性という点でより実験的な作品を生み出していった。その結果、社会的、文化的問題を取り扱った美術は、今日のように、現代美術という分野の中に市民権を得たのである。

IMG_3016.JPG
Exhibition overview

ユーレンス現代芸術センター(UCCA)で2008年に行われた展示「私たちの未来(Our Future)」では、イン・シウジェンの近年の作品「内省の部屋(Introspective chamber)」が展示された。この作品は、古着を縫い合わせたカラフルな布が閉ざされた空間を囲むというインスタレーションで、見る者の想像の翼を自由に広げ、誕生と成長を経験させるものであった。まるで母親の子宮のなかに包まれ、人体の繁殖地の根源に立ち返ったような気持ちにさせるこのような作品は、イン・シウジェンが日常生活に潜む混沌を映し出したものである。現代の無秩序なライフスタイルによって安心や静寂は奪われ、人々は脆く傷つきやすくなり、人生や、繰り返される日常への希望を失った。これを背景に「内省の部屋」は、人々が現代生活に持つストレスを解き放ち、つかの間の心地よさと平穏を築くことを目的とした、人間の「原点」への回帰についての作品である。この部屋はすべての現代人のこころを蘇らせ、無垢な気持ちを取り戻させる。

古着は、イン・シウジェンが最も好む素材のひとつである。なぜなら、古着というメディアはそれだけで時間、記憶、社会的な知覚といった意味を意識下に伝えてくるものだからである。彼女にとって、古い洋服のテクスチャーはフェミニズムと記憶の象徴。つまり古着はひとりの人間の人生の経験を集め、それを伝えることのできるもの。日々の暮らしの記憶や思い出を具現化するものなのである。

IMG_3017.JPG
Highway, 2009. Clothes, stainless steel, aluminum panel, wood panel, and lamp. 329 x 654 x 200 cm

ペイスギャラリーで開かれたイン・シウジェンの個展「第二の皮膚(The Second Skin)」は、彼女の最新の個展で、包括的な内容になっている。作家は古着を人間の「第二の皮膚」として、つまり日常の経験を捉え、私たちの体へと媒介する新しいメディアとして定義する。彼女の別の作品「ハイウェイ」も記憶を留めることについての作品で、こちらは私たちを取り囲む環境が、いかにしてひとりの人間の日常経験の媒体として作用しうるかを描いたものである。ギャラリースペースの中に道路を作り直すという彼女の試みは、我々の暮らす環境と記憶の間に共通する関係性を浮き彫りにする。インスタレーションの一部として古着を用いることで、作家は我々が日常で経験する事柄と、現代世界の発展との関係を強調している。我々の現代生活がいかに退屈なものであろうと、どのようにして人は、人生と生活環境に愛着を感じていくのか。

Open.JPG
Leader, 2009-10. Clothes and concretes. 94 elements in total (72 cuffs + 22 collars, size varies per element)

色彩豊かな作品「心景(Heart View)」は、人間の、人生への態度を反映したものである。現代的な生活環境によって、我々はしばしば自分自身を環境に応じて変えようとする。そのような経験を通して我々の人生に対する態度はより複雑なものになっていく。ある意味では、我々の人生に対する考え方はよりカラフルになるという言い方もできよう。この作品に見られるカラフルな洋服の集合体が表現しているのは、人生の複雑さや、混沌として入り組んだ世界で人々が表す、人生への態度の機微である。

IMG_3019.JPG
Bookshelf No. 1, 2009. Clothes, wood, and bookshelf, 226 x 126 x 43 cm

「本棚(Bookshelf)」でもまた、イン・シウジェンは色彩と古着を用いている。彼女の手で作られた本棚とそこに並べられる本のコレクションは、人生と経験をたとえるものとして作用する。人生はまるで本棚のようなものであり、まるで本棚の本のような我々の日々の経験を集め、運ぶものである。別の誰かが見たり語ったりできるように、様々な物語や記憶のコレクションを築きあげるのだ。さらに、本棚と本の境界を対照的に仕上げることによって、見る者はコンセプトを直に感じとることができ、経験のつまった人生と本棚の比喩をよりよく理解できるのである。

IMG_3019.JPG
Center: Thought, 2009. Clothes and steel. 340 x 510 x 370 cm

「思想(Thought)」は、人間の思想を形式的に表現した作品。色と古着が層を成すこのインスタレーションは、人間の脳の形をかたどっており、「内省の部屋」で感じた視覚的経験を再び思わせる。いくつもの層になった古着が我々に思い出させてくれるのは、記憶や思想とは経験によって築き上げられるプロセスだということである。イン・シウジェンが創りあげたこの脳のように、我々の思想は複雑に入り組んだものなのだ。

古着のカラフルな配置に見られるように、イン・シウジェンの近年の作品は人生を色彩豊かで複雑なものとして表現するものである。総じて彼女は、自身を女性として再定義しようと試みているのだ。つまり女性はどのように美術にアプローチしていくのか。肉体的に、感情的に、しかし同時に強さと生命力を持って。まるで彼女の作品のように、人生を温かさと愛で満たしていくのだ。

イン・シウジェン個展「第二の皮膚」
会期:2010年3月18日〜5月8日
会場:ペイス・ウィルデンスタイン・ギャラリー
住所:北京市朝阳区酒仙桥路2号798艺术区
TEL:+86 10 5978 9781
info@pacebeijing.com
http://www.pacebeijing.com

Text: Ralph Yuu
Translation: Shiori Saito
Photos: Zhou Yang (Pace Beijing)

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE