ホイットニー・ビエンナーレ 2010

HAPPENINGText: Carlos J. Gómez de Llarena from Med44.

75回目を迎えるホイットニー・ビエンナーレは少し変わったショーだ。過去2年のアメリカンアートを総括しているというよりは、どちらかと言えば、不況、戦争、ノスタルジアを反映した表現をしている。55人のアーティストによる作品のほとんどが個人的テーマによるもので、現代の武力衝突や文化的姿勢に対する倫理を批判している衝撃的な作品も数点存在した。

whitney2010Biennial001.jpg

しかしながら、面白い作品も数点あった。レスリー・バンスは、静寂な自然とは言えない、長い遮光時間の写真を思わせる美しい油絵を作成。

whitney2010Biennial003.jpg

ドーン・クレメントの「ジェシカ・ドラモンド婦人の(“私の評判” 1945年)」は、1940年代の映画シーンを床から天井まで描いた印象深いドローイング作品。実際にその世界にいるような感覚に引き込まれる。

whitney2010Biennial005.jpg

パエ・ホワイトの「Still, Untitiled」は、3×6メートルの大きな煙のイメージで、写真のように見えるが、ゴブラン織りの作品である。

whitney2010Biennial007.jpg

カーティス・マンの「アフター・ザ・ダスト、セカンドビュー(ベイルート)」は、2006年のイスラエル・レバノン紛争の影響で悪化したベイルートのイメージを変えるために、キルトのパズルでベイルートの街を隠してしまった作品だ。

Whitney Biennial 2010
会期:2010年2月25日〜5月30
会場:Whitney Museum of American Art
住所:945 Madison Avenue at 75th Street, New York, NY 10021
TEL:(212) 570-3600

Text: Carlos J. Gómez de Llarena from Med44.
Translation: Kazunari Hongo
Photos: Carlos J. Gómez de Llarena from Med44.

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE