トランスメディアーレ 2010

HAPPENINGText: Yoshito Maeoka

トランスメディアーレは、展覧会、シンポジウム、映像の上映、ワークショップで構成されたメディア・アート・フェスティバルだ。平行して行われるクラブトランスメディアーレでは音楽とパフォーマンスに重点が置かれている。本稿ではトランスメディアーレの展示を中心にその様子を御伝えしたい。

例年この時期は幾分寒さがやわらぐ事が多いが、今年はいつに無い大雪に見舞われていた。今年のトランスメディアーレは「FUTURITY NOW!」と題し 20世紀、つまり過去における未来のイメージとして描かれつつも、その時が近づくにつれユートピアでもなくディストピアでもない時代として描かれ出していった現在、2010年を捉え直すことを試みていた。

IMG_1207.jpg
‘From One to Many’, Yvette Mattern (Photo: Daniel Brune / Laserfabrik Showlaser GmbH)

コンセプトからいくつか言葉を借りるとすると、確かに、車輪の無い車が縦横無尽に都市を駆け巡る様な“未来の風景”はまだ見ることはできないが、複雑に絡み合った世界経済、政治、文化システム、瞬時に進化する技術が同時発生することにより現在の私たちが存在していることは明確だ。ユビキタスコンピューティングやソーシャルメディアは揺るぎなく私たちの文化コードとして定着し、私たちは“未来”に追いついてしまった。それゆえ“未来”はアイデンティティの危機に陥り試行錯誤し続ける。そのような試みの一環をこのイベントに見て取れるのだろう。

展覧会は「フューチャー・オブスクラ」と題されていた。このオブスクラという単語はカメラ・オブスクラが由来である。カメラ・オブスクラは、ラテン語で暗い部屋を意味し、今日のカメラ技術の原型となった装置を指す。外部の風景を暗い内部にイメージとして投影出来る機械であり、15世紀頃レオナルド・ダ・ヴィンチ等により絵を描くための装置として使用された。この機器を、今日の技術、今日のコンテクストと結びつけるのが展覧会部分のコンセプトとなっている。

1-data.tron.jpg

池田亮司は「data.tron [3 SXGA+ version]」を展示していた。膨大かつ様々な数値が絶え間なく流れ、サンドストームの様に巨大なスクリーンに投影されており、時として無機質なbeep音とともに遮断される。一瞥では把握しきれないデータの流れは「コンピューター・エイジ」といったキーワードと結びつけられる近未来のイメージを想起させる。

2-Zilvinas-Kempinas.jpg

一方でジルビナス・ケンピナスはこの作品に近似したイメージを、まったくアナログな方法で表現していた。インスタレーション会場に入ると、ざわめく様な細かいノイズ音とともに暗がりの中にまたたく無数の白い線がサンドストームの様に大きく壁一面に投影されている様に見えた。そばに近寄ってみると、無数のビデオテープが平行に何本も張り巡らされ、それが風を受けて揺らぎ、重ね合い、隙間を空け、またたく白い線とノイズを生み出していた。ビデオテープという映像マテリアルを全く別の方法で使用し、新たなイメージを生み出している点がとても印象的だった。

3-Gebhard-Sengmueller.jpg

ゲプハルト・ゼングミュラーは展覧会のタイトルの元となった「カメラ・オブスクラ」の原理を、光センサと電線、豆電球といった一世代昔の技術で実装した。ライトに投射された感光部分を陰で遮るとその陰に沿った形が豆電球の集合体であるディスプレイ部分に映し出され、どことなくレトロスペクティブなイメージを提示していた。

4-Paparazzi-Bots.jpg

ケン・リナルドの「Paparazzi Bots」は、カメラに搭載された顔面認識センサを改造し搭載したロボットで、自動で動き回りつつ、人の顔を認識しては写真を撮っていた。そのコミカルな動きは、昔のSFアニメで見たロボットを想起させた。

5-Artvertiser.jpg

ジュリアン・オリバー、ディエゴ・ディアス、クララ・ボイ、ダミアン・スチュワートによる「Artvertiser」はアイデアに富んだコンセプトのデバイスを提示した。それを通して町を見ると、巨大なビルボードや店の看板にユーモア満点の”パブリック・アート”が見えるのだ。会場にはデモンストレーションのビデオが展示されていた一方で、実際にこのデバイスを手にし、街中のバーチャルなパブリックアートを見るツアーも開催されていた。

個人的に残念だったのは、例年良く見られるポリティカルなコンテクストを持った作品が少ない印象を受けた点だ(もちろんワークショップやシンポジウムでテーマとして取り上げられてはいたのだが)。アワードを受賞した、ミシェル・テランやアーロン・コブリン+ダニエル・マセイはそれぞれインターネットテクノロジーを高度な技術で利用した作品を提示した。ミシェル・テランの「Buscando al Sr. Goodbar」ではグーグルアースとYouTubeを関連付け、「Bicycle Built For Two Thousand」では2000を越えるインターネット上の音声を音階や音色にあわせて自動的に振り分ける仕組みが使われていた。しかしながら、現実へのフィードバック、見た目や内容のおどろき等、一鑑賞者として物足りなさを感じてしまった。

反対にアワードにはならなかったものの、とても印象に残った会場外の展示やパフォーマンスもあった。クラブトランスメディアーレ、トランスメディアーレの中から、個人的に興味を惹かれた展示とパフォーマンスをひとつづつ紹介し本稿の結びとしたい。

6-coincidense-engine1.jpg

Coincidence Engines – [The User]
トーマス・マッキントッシュとエマニュエル・マダンによるグループ[The User]はハンガリーの現代音楽化リゲティ・ジェルジの「100台のメトロノームのためのポエム・サンフォニック」にオマージュをささげた「coincidence engine」を展示した。作品は二室で構成されており、一つ目の部屋には、発泡スチロールで出来たスタジアムの様な形をした台に無数のアナログ時計が並べられていた。台の中心まで足を進めるにつれ、それまでざわざわとざわめきの様に聞こえていた雑音が時計一つ一つの秒針の動きの音として聞こえ出す。時計にはそれぞれ個体差があり、それらが微妙なずれを生み出して予期不可能なリズムを刻んでいるのだ。インスタレーションの中心に立ち、ぐるりとまわりを時計に取り囲まれると、あたかも多くの人々が一心不乱に同じことに没頭している風景を見ているかのようだった。

6-coincidense-engine2.jpg

二つ目の部屋には、アナログ時計を使用したユニットを12×8のグリッド状に並べられたインスタレーションが展示されていた。ユニットの中心に配置された時計はその秒針が進む毎に音が拡声器で拾われコツコツという音を出し、またそれに伴い白くLEDが点滅する。これらがグリッド状に並び、それぞれの秒針の進み具合が少しずつずれてゆき、シンコペーションのリズムを刻んだり、時としてそろって秒を刻んだり、偶然の中にも楽曲としてコンポジションが存在するかの様で、時間を忘れてその音と光が奏でるリズムに没頭することができた。

7-architone2.jpg

ARCHITONE – YOKOMONO PRO
会場である戦勝記念塔の側には、極寒にもかかわらずいつもより多くの人がパフォーマンスが始まるのを待っていた。開始時間から5分ほど過ぎた時、赤と白の旗を掲げた車が数台北から入り戦勝記念塔の周囲のロータリーを抜け、東の方に消えて行った。この数台の車はクラクションを軽快に鳴らし、ポーランドがサッカーの試合に勝ったのを祝っているかのようだった。しばらくした後、青と白の旗を掲げた数台の車がクラクションを鳴らしながら走り抜け、それに続いて緑と城の旗を掲げた車も数台通過した。その時に漸く、彼らは熱狂的なサッカーファンなのではなく、これがパフォーマンスなのだ、という事に気が付いた。その後、断続的に赤・青・緑の旗を掲げた車がクラクションを鳴らして通り過ぎて行く。
注意深く聞いてみると、その車のクラクションは、ずれることなく機械的に鳴っており、ドライバーはクラクションに手を触れていなかった。おそらく何処かで遠隔操作をしクラクションを鳴らしていたようだった。
その様に右から、左から、遠くから近くへとクラクションの音があちこちから聞こえる様は、ちょっとしたミニマル・ミュージックだった。そうこうしているうちに、同じくクラクションを鳴らしながら走りすぎる車が現れ、消防車が走り過ぎ、結婚式の車がけたたましい音でクラクションを鳴らしながら走る。予定外の出来事までが一連のコンポジションの中に内包されて行くようだった。

トランスメディアーレ 2010
会期:2010年2月2日〜7日
会場:ベルリン市内
http://www.transmediale.de

Text: Yoshito Maeoka
Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE