TOKYO GRAPHIC PASSPORT

HAPPENINGText: Kayo Tamura

tgp06.jpg

2日目は、世界の雑誌のアート・ディレクターや編集者を招いて、雑誌のクリエイティブを考えるカンファレンス「International Magazine Conference 」を開催。1日目と会場が変わり、九段下にある歴史ある建造物、九段会館にて行われた。2日目はGRAPASSと共に「+81 Voyage」の最新号「Tokyo Graphic Passport」が配られた。会場では7組のゲストスピーカーにより「雑誌のクリエイティブを考える」プレゼンテーションが行われた。

tgp07.jpg

クリストフ・ブルンケルは、1993年〜2006年までの13年間、フランス発のマガジン「Purple Fashion」のアート・ディレクターを務め、最近ではアーティストとしても活躍している。Purpleの制作過程は根気のいる作業で、1日に進められるのは2ページほどだったそうだ。中身よりも大切な事は構成。子供心になり常識を打ち破る形で作っていると語った。『みんな雑誌をやってみてはどうだろう。既製服ではなく、若者の為のオートクチュールのような雑誌を』と最後に語り、雑誌への興味を注ぐ内容となった。

tgp08.jpg

ベルリン発のクリエイティブカルチャーマガジン「032c」。雑誌の名前である032cは、パントンカラー番号に由来している。常に新しいクリエイティブに取り組んでいるこの雑誌を手がける、発行人兼編集長のJoerg Kochによると『雑誌は、質問を投げかける。そして、我々の雑誌の中でその結果を取り上げた。可能性やポテンシャルの蓄積、決まりきった物を定義する方法はとっていなかった。読者を真剣に受け止め、このようなアプローチをとった結果、非常に多種多様の読者層をつかむ事ができた』そうだ。雑誌のタイトルやデザイン、背景などが詳細に語られたプレゼンはとても貴重な物となった。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE