スティーヴ・パクストン

PEOPLEText: Wakana Kawahito

Photo%28C%29Jordi-Bover_9908.jpg
Lisa Nelson “Night Stand”, Photo: Jordi Bover

あなたは今回、リサ・ネルソンと一緒にこの一連のプロジェクトを行っていますが、どのようにして二人は共演し始めたのですか?

1978年にデュエットを作り始め、それからずっと一緒に仕事をしてきました。21世紀になり、新しいものを作ろうと思い、今回東京で公演した作品を作りました。

あなたは、有機農業も行っていますが、農業とダンスはどのように繋がっているのですか?

体を生き生きと保つためのエクササイズをしていて、そのうちのあるものを私はダンスと呼び、そのうちのあるものを私は農作業と呼びます。ダンスで得たフォームを農作業にも使っています。例えば、背骨を意識して、雑草を刈ったりしています。また逆に、このワークショップでも、農作業で行うような動きを背骨を意識しておこなっています。

スティーヴ・パクストン
Phantom Exhibition, Steve Paxton with Florence Corin and Baptiste Andrien (Contredanse).
Photo: Contredanse (Florence Corin and Baptiste Andrien)

ダンスや農作業以外に興味があることは何ですか?

脳科学、環境問題、芸術(絵画、彫刻、パフォーマンスなど)に興味があります。

具体的に興味がある人の名前をあげてくれますか?

環境学者のデイビッド鈴木、スペインの裁判官バルタザール・ガルゾン、国連人権高等弁務官のルイーズ・アルブール、国連事務総長アフリカ・エイズ問題特使のスティーブン・ルイスなどです。

あなたの作品には多くの即興がでてきますが、即興についてどうお考えですか?

人生そのものだと思います。スポーツには多くの即興がありますね。例えばサッカーの場合、あるルールの中でインプロビゼーションを行うことになる。大勢の大人がルールを決めてサッカーを行うが、ボール自体はルールに従う訳ではないのでそこには即興が必要となる。頭で考えていることだけではなく、体が動きだすこと。それが即興です。
そういえば、即興について、今朝ラジオでとても興味深いことを耳にしました。ロバート・フリスというジャズミュージシャンが、即興について次のように定義していたのです。「improvisation is the assumption of innocent in the contexts of experience. 」(即興とは、経験の文脈において未経験の憶測)。これはなぜ即興が面白いかについて表現していて、とても興味深いと感じました。文脈は記憶や経験などの保守的な要素で、未経験の憶測は子どもの心です。私は過去50年間、即興をおこなってきましたが、さらに前に進み続けていきたいと思っています。

あなたが振り付けをする際、どのぐらい即興なのですか?

どのぐらい即興なのかというよりも、どのようにして即興するのかが大切です。私は舞台で、色々なアイディアの可能性を科学的に試しているのです。例えば、C.I.では、重さや反射とかをリサーチしてきました。そして、コラボレーションやソロなど様々な形態でダンスを行ってきました。一つの体、あるスペース、ある音楽、ある夜、そこで何ができるのか、について試し続けてきましたが、すべてのことは一回きりの挑戦なのです。
即興を考える際、時間という概念について考えを巡らせることがあるかもしれません。時間をどうみるのかについてはいろいろな哲学がありますが、この瞬間を生きているという事実は変わらない。もちろん過去を背負って未来を予想して生きていくのですが、その間にいまの瞬間を意識できるような訓練が必要だと思います。

ワークショップの休憩中に昼寝の時間をもうけていたのは、何か意味があるのですか?

意識というのは小さいもので、昼寝をすることで午前中に学んだことが意識下に入っていくんです。そんな無意識の意識を重要と考えています。

スティーヴ・パクストン+リサ・ネルソン ダンス プロジェクト
「スティーヴ・パクストン10日間ワークショップ」
会期:2009年4月26日〜5月6日
会場:東京藝術大学大学院映像研究科
http://ddjc2009.org

スティーヴ・パクストン「Phantom Exhibition~背骨のためのマテリアル」
会期:2009年5月24日〜8月31日
時間:10:00〜19:00
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
会場:山口情報芸術センター[YCAM] スタジオB/ホワイエ/2Fギャラリー
住所:山口県山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222
料金:入場無料
http://www.ycam.jp

スティーヴ・パクストン
ダンサー/振付家。1939年アメリカ、アリゾナ州フェニックス生まれ。現在はヴァーモント州に住み、有機農業を営みながら、アメリカとヨーロッパを中心にダンスと振付の創作活動、講義、公演を行っている。マーサ・グレアムと ホセ・リモンから現代舞踊を学んだ後、バレエ、合気道、ヨガ、太極拳、ヴィパッサナー瞑想などを修得。1961−65年、マース・カニングハム舞踊団のダンサーとして世界各地で公演。60年代ジャドソン・ダンス・シアター、70年代グランド・ユニオン、80年代タッチダウン・ダンス(視覚障害者のためのダンス=英国)の創始メンバーとして活躍。1972年、ニューヨークでコンタクト・インプロヴィゼーション(C.I.)を発表。1987年と1999 年にニューヨークのベッシー賞(ダンス&パフォーマンス部門)受賞。近年では、ミハエル・バリシニコフ、トリシャ・ブラウン、リサ・ネルソン等とコラボレーションを発表。1986年以降、C.I.をベースにした 「Material for the Spine」を新たなメソッドとして展開し、2008年には、ベルギーContredanseより「Material for the Spine」、「a movement study」「Steve Paxton(DVD-ROM)」を出版。C.I.を手がけてから現在に至る約40年間、文化としてのダンスの創作と、即興の“実相”の探究を続けている。

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE