クンゼル+デガ

PEOPLEText: Mariko Takei, Kazumi Oiwa

今月カバーに登場のキャップ&ペップが心地よい風を受けているように、私達もまた暖かな空気を感じることができる。それはクンゼル+デガが運んでくれた春の風。コレットのシンボルキャラクター「カペリーノ&ペペローネ」の生みの親であるクンゼル+デガが、春風に乗せて2人の言葉を届けてくれた。パリで花開いた2人のクリエイティブワールドは、ファッション、映画、CDカバー、パッケージ、本など様々な形で世界中に広がっている。パリを拠点にクリエイティブな活動を行っている彼らの話に耳を傾けてみよう。

クンゼル+デガ
© Photo by Khalil

自己紹介をお願いします。

美術学校出身のオリビエとアニメ映像を学んだ経験を持つフローレンスです。キャップ&ペップのクリエイターであり、ナラティブ・デザイナーでもあります。グラフィック作品やモーションデザインで物語を語ります。映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のタイトルシークエンスや、カーラ・ブルーニの「ラムルーズ」のPVを手掛けました。

クンゼル+デガ
The Art Of Living CD © Kuntzel+Deygas

マレーシアで今年初めて開催される「クアラルンプール・デザイン・ウィーク2009」(以下、KLDW)に参加されるそうですね。

そのイベントの一環で開催される「マキシマム・ミニマリズム・カンファレンス」に招待されたのですが、私達の作品が、どのように、なぜ、ミニマリズムに触れているのかを話す予定をしていて、その中で私達がカペリーノ&ペペローネの新しいバリエーションを展開するときに使用する「寿司的」アプローチについて語る予定でいます。キャップ&ペップの基本的で重要なコンセプトの「占拠」が意味するところは、すでに存在し確立された製品にキャップ&ペップが彼らの痕跡を残していくということです。これまでのコラボレートプロジェクトとして、メディコム・トイラコステバカラ、イームズチェアなど、様々なアート分野においてカペリーノ&ペペローネによる「占拠」を行ってきました。カンファレンスでは、インディペンデントなクリエイションをどう進めるか、そのアイディアをシェアしたいと思っています。

クンゼル+デガ
Cap & Pep x Lacoste © Kuntzel+Deygas

KLDWの他、現在進めているプロジェクトについて教えてください。

「アート・オブ・リビング」後、2枚目のコンピレーションアルバムとなる「アート・オブ・スリーピング」(ランブリング・レコード)の準備をしつつ、そのテーマに基づいた映像をいくつか手掛けています。また、キャップ&ペップを象って作った「Hi-Fi」立体作品も始めました。

クンゼル+デガ
“Beauty And Her Beast” trench coat – Kuntzel+Deygas x Azzaro Couture © Kuntzel+Deygas

他の作品ではアザロ・クチュールとコラボレートした「The Beauty And Her Beast」(美女と彼女の野獣)の限定10着のみのトレンチコートがあります。また、アーカーとコラボレートした「The Beauty And Her Beast」ペアネックレスや、ジャガー・ルクルトとの「The Beauty And Her Beast」レベルソウォッチがあります。

クンゼル+デガ
“Beauty And Her Beast” two Reverso watches – Kuntzel+Deygas x Jaeger-Le Coultre © Kuntzel+Deygas

ちょうど完成したのが、日本のブランド「TOTO」の3分間映像で、今後予定されている展覧会でブロードキャストされます。現在はフランス映画のタイトルシークエンスを制作しています。ルネ・ゴニシ著とジャン・ジャック・サンペ作画による本「Le Petit Nicolas」を映画化したもので、ローラン・ティラールが監督し、2009年9月に公開予定です。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE