NIKE 公式オンラインストア

ミッシング・スレッド:知られざる英国黒人ファッションの物語

HAPPENINGText: Victor Moreno

英国黒人文化の影響力と、それがいかに英国をより多様な未来へと向かわせ、英国の華やかなファッション・デザインの歴史を形成してきたかを包括的かつ衝撃的に称える展覧会「The Missing Thread(ミッシング・スレッド:知られざる英国黒人ファッションの物語)」が、2023年9月から2024年1月7日まで、ロンドンのサマーセット・ハウスで開催された。本展は、1970年代から現在までの重要なタイムスパンをカバーし、黒人のクリエイティビティの進化と、英国文化の様々な側面におけるその深い遺産を紹介している。


Bianca Saunders ‘YELLOW’ SS20 campaign. Shot and Styled by Ronan McKenzie

展覧会の最初の章「ホーム」では、黒人移民がいかにして英国でお金を稼ぎ故郷へと戻ることを計画していたかが説明される。しかし、新しい世代の黒人イギリス人は「イギリスの気候が快適であることに気づき、より永続的な根を張るにつれて、結局ここが自分たちの故郷なのかもしれないと気づいた」と、展覧会は説明する。1970年代から1980年にかけての英国は、複雑な社会政治情勢を示し、サッチャー保守党とそれに伴う移民政策の転換によって、反移民感情が顕著になった。この激動の時代は、黒人英国人が元々持っていた遺産が新しい環境に適応するための異文化融合によって火がつき、数多くのサブカルチャー運動の出現につながった。抑圧に直面する中で、黒人英国文化とファッションが台頭した。


Erica Davletov looks at pieces from the archive of British fashion designer, Joe Casely-Hayford as they go on view ahead of the opening of ‘The Morgan Stanley Exhibition – The Missing Thread: Untold Stories of Black British Fashion’ at Somerset House, London. September 18, 2023. Photo: David Parry/PA Wire

展覧会の第二章では、「テーラリング」を探求する。さまざまな重要人物が、業界に大きな影響を与え、ゲームを変える役割を果たした。ガーナからの移民でイギリス生まれのオズワルド・ボアテングがそうであった。彼はファッション界に変革をもたらし、その先見性のある仕事は1990年代半ばのパリ・ファッション・ウィークで認められ、最終的には2003年にジバンシィ・オムのクリエイティブ・ディレクターとなった。その後、2005年にヴィクトリア&アルバート美術館は、ボアテングの影響力のある作品群を評価する20年回顧展を開催した。


Ossie Williams views MacPhisto suit by Joe Casely-Hayford worn by Bono ahead of the opening of ‘The Morgan Stanley Exhibition – The Missing Thread: Untold Stories of Black British Fashion’ at Somerset House, London. September 18, 2023. Photo: David Parry/PA Wire

エリザベス女王からOBE(大英帝国勲章)の栄誉を授与され、英国で最も尊敬されるファッションデザイナーの一人となったジョー・ケイスリー=ヘイフォードもまた、ブラック・ブリティッシュ・ファッションの重要な先駆者である。ケイスリー=ヘイフォードは、自身のファッション・ブランドを通じて現代生活を記録・研究し、社会の既成概念に挑戦した。ケイスリー=ヘイフォード家は、英国で最も影響力のある黒人一家と呼ばれている。妹のマーガレット・ケイスリー=ヘイフォード博士は、コベントリー大学の学長であり、シェイクスピア・グローブ座の理事長を務めている。息子のチャーリー・ケイスリー・ヘイフォードはファッションデザイナーとして成功し、娘のアリスは英国ヴォーグ誌のデジタル・エディターである。

Read more ...

[Help wanted] Inviting volunteer staff / pro bono for contribution and translation. Please e-mail to us.
MoMA STORE