若野 桂

PEOPLE

若野桂の現在・過去・未来。
若野 桂若野 桂
現在のグラフィックやイラストレーションを語る上で外すことはできないアーティスト、若野 桂。80年代から活動し、様々な時代の先端をイラストレーションを駆使することで、映像やプロダクトに落とし込んできた活動は、後の世代にも大きな影響を及ぼしてきた。
ベースを名古屋に置きつつも、世界発信を続けてきた若野氏が、久々に東京での個展を開催する。7年半ぶりの展示は新旧作品を改めて見直しての構成になる。
展覧会直前の忙しい中時間をいただき、若野桂氏に若野桂の現在・過去・未来についてお話を伺った。

若野 桂
World Famous Final(1999年) © phil co.,ltd.
mad professorに捧げたイベント(World Famous)用ポスタービジュアル

まずはじめに、自己紹介をお願いします。


若野 桂(もしのかつら)といいます。1968年1月5日岐阜県安八郡神戸町生まれです。
仕事ではイラストレーションをプラットホームにしてデザインや映像までを作ります。
今年の11月より名古屋工業大学から準教授として招かれ、講義での工業デザイン関するデザインと映像の研究、大学院生たちと映像の制作などを行っています。

現在の仕事に至った経緯を教えてください。

高校生の時にパンク系のバンドと美術部に居たので、何となくアメコミや洋楽のレコードジャケットを描くような職業に就きたいと思っていました。とくに洋楽のレコードジャケットは有名アーティストやイラストレーターが描いてる事も多く、音楽の好きな高校生の私にはあこがれの世界でした。

1985年頃はDJやラップを始める友達がたくさん居たので、変わった絵を描いていた私は、クラブ・フライヤーのデザインを頻繁に頼まれるようになり、昼間勤めていた印刷会社の仕事での知識を生かして安上がりに印刷してあげました。安く上げた分をデザイン代に回せた事でいろいろ遊ぶ事ができたので、これがよい勉強になりました。

印刷会社は何社かにバイトで居た事もあり、途中にはCGや写真の暗室合成で宇宙のイメージのフィルムを制作する会社に居た事もありました。このCGの会社で初めて発売されたばかりのMACIIをさわりました。信じられないかもしれませんが、メモリーは4メガ、HDは5メガという時代でした。この頃に今でも描いている画風を描きはじめましたが、とても時間がかかり、まともなプリンターもない時代なので、描き上がった絵の出力に困りました。しかし、今ではすっかり主流となったDTPという概念がまだ全く理解されていない時代で困難な状況でしたがCGのRGB画像をCMYKに置き換えてそのまま4色の製版フィルムに高解像度で落とせるという事に多大な可能があったので嫌になったりはしませんでした。

アナログのイラストをカメラ撮影してポジにしたり、原画を印刷所の巨大なスキャナーで取り込み、色の加減も画面のゴミとりもデザイナー任せしかない不安定な時代でしたから印刷物が出来上がると色のセンスも何もかも台無しになっている事が多かったのです。ですから、偉そうに安値の仕事を頼んで来ては最低のデザインしか作れないセンスの悪いグラフィック・デザイナーの連中が大嫌いでした。もちろん、デジタルに可能性を見いだす理由は他にも数多くありましたが、「印刷物と自分の作品の色が全く違う」というのは致命傷でしたので、DTPの概念が実用化されたという事自体が大きい事件でした。

1990年頃からDJを沢山あつめてイベントを主催するようになり、ヒップホップ、ハウス、テクノ、ラガマフィン、ジャズ、ソウルなどのあらゆる音楽についてどっぷりと浸かっていました。暇さえあれば、名古屋の今池にあるデニーズに集まってはコーヒーだけ注文して、地元のDJやミュージシャンと年がら年中「こういうジャケを描いてくれ」とか「だれそれのアルバムがスゲーよ」とか「こういう音にこういう映像つけたらどうだ」などと何時間も議論していましたから、いっつも居るウエイトレスさんにおかわりばかりするのでムッとされたりしていました。

その後、昼間の印刷会社の仕事がお金だけを目的にしていてあまりに未来がない事を感じて辞めてから、それまで本腰を入れていなかった自分の作品を主力に生きて行こうと思いました。はじめの頃はどうしようもなくへたくそで無知で貧乏になりましたが、理想を追求してありとあらゆるジャンルにも飛び込んで仕事し、10年もやっているうちに僕に仕事を頼んで来る方が何を求めているのかわかるようになり、やっとプロになったと思いました。

若野 桂
Evian World Campaign(2003年)© phil co.,ltd.
Evianの世界キャンペーンのボトルラベル「Car」。他の「Girl」「Jazz」の計3種

イラストレーター、グラフィック・デザイナー、アート・ディレクター、映像作家と多くの事をされていますが、どれに重きを置いているのでしょうか?

どれでもありません、それぞれの肩書きを並べるのは説明がしやすいからやっているだけなのです。実際にはこれらを複合したものが私の仕事であると考えます。ただし、ここ5年以上は自ら「イラストレーター」を名乗る事はありません。「イラストレーター」とは、クリエイションの到達点がイラストレーション止まりであると言っているようなものだからです。サンローランのスタイル画が優れたイラストレーションであってもイラストレーターとは呼ばれません。

90年代までは私は日本のイラストレーションの復興に熱意を燃やした事もありました。田辺ヒロシ君や私の登場で起こったと言われる日本のイラストレーション・ブームは優れたわずかの才能を世に送り出したとブームに便乗しただけの膨大な低いレベルの方々をも生み出してしまいました。
その影響なのか、日本においての「イラストレーター」という肩書きのイメージは「緊張感がなく、だれにでも描けそうなもの」といった具合に恐ろしく悪いようです。そういった人達のイメージがそうさせているわけですから仕方ありません。

しかし、私はイラストレーションを発展させる事によって工業製品のデザインを作り、抽象絵画の延長としてグラフィックデザインを作ります。イラストレーションを一秒に30枚描けば映像になり、コンテの段階のあとセットと役者を使えば実写ができます。凝ったイラストレーションというものは例えば人物画であれば化粧や髪型の趣味や洋服はもちろん、家具や町並みまでを描く事も多いのですから、そこで洋服の趣味から家具の選定までのアート・ディレクションが不可欠になります。さらに2003年以降から映像制作におけるMACのマシンパワーも実用レベルに達しているので、仕事の多様性に対する設備の不足もあまり感じなくなりました。

私は根っから研究したり分析したりする事が好きな性分なので、いろいろな技術を自分のクリエイションに取り込んでいます。肩書きはますます増えると思いますが、「肩書きが一つである事が真面目」という事でもないでしょうし、この先に歳をとって体力も衰えれば一つに落ち着くのかも知れませんから、やりたい事ができるうちにあれこれ修練を積みたいと思っています。

若野 桂
ベンチ女髑髏(2008年)© phil co.,ltd.
個展「BLACK MARKET」用に製作されたメインビジュアル。
印刷物は、色味を沈めたヴァージョンを製作。

11月21日から開催される東京個展は7年半ぶりいうことで、開催おめでとうございます。個展のコンセプト、また「BLACK MARKET」というネーミングについて教えてください。また展示作品について教えていただけますか?

ありがとうございます。今回の個展のコンセプトは「プレジャー・サービス」とでも言うものです。
プレジャーとは「楽しみ」という意味です。実は私の部屋にはTVがありません。しかし食事をする時にただ殺風景な壁を見ているのも間が持たないのですが、壁に気の利いた絵でもあればそれだけでTVがあるよりもずっと上品でしっくり来るのです。

だれもが知っているように、現在のTVは人間に作り込んだRGBとステレオ音声の情報で軽いプレジャーを与えますが、同時にスポンサーを喜ばせたり、獲得したりするためのサブリミナルな洗脳の道具として大衆を発狂させ、○○○○○、とか○○○○○○とか○○○○○などといったものを流行らせたり、アメリカではとっくに使用していないような毒物の入った食品を買わせたり、偽物の健康住宅を買わせたりして病人を出しながら○と手を組むなどしてその事をごまかし続けたりしています。

たいした作品すら創っていないのに「人気クリエーター」であるとか、「注目のミュージシャン」だとか、おかしな情報を聞いているうちに疑いつつも半分は事実のような気がしてしまうので、そうしたテレビ放送から逃げてプリミティブな「楽しみ」をサービスするという意味もあります。ですから、セレクションもなんとなく楽しげなものを多く入れてみました。

「BLACK MARKET」というネーミングは昨年に名古屋で行った小さな展示から同じタイトルを使っています。そのまんまですが、「何でも売ってしまえ」という意味です。ですから、額装した絵もあれば、「来場者の足の裏にくっついて来たゴミなんじゃねえのそれ?」というものもあり、思いつきで作ったオブジェなんかも出す予定ですので、会場を一見して「何これ?ブラック・マーケットみたい。」と、言われる空間をイメージしています。

展示作品は私の新旧の膨大なデジタル作品からのセレクションと大量の手描き作品、ミクストメディアの立体その他になる予定です。レセプションほかの会期中に目の前でバンバン描いて追加し、競りにするものもありますので、気に入った作品は早いもの勝ちで競り落として下さい。

The ORB「Vuja De」PV(2008年) © phil co.,ltd.

映像作品は脚本からカメラ、アニメーション作成から編集に至るまで全ての行程を一人で担っているとお伺いしました。お一人で行う利点と難点を教えてください。

アニメーションを一人でやる利点は、素材の追加制作もシナリオの変更も誰の許可もほとんど要らない上にその場ですぐやれるという事です。
また、大型スタジオで人物を撮影してCG合成するような映像の場合はいくらなんでも一人では不可能ですから、いくらかのエンジニアを雇わなければいけませんから大きな出費はあります。しかし、小規模撮影の映像を一人で制作できる人であれば、自ら緻密な絵コンテを制作し、編集やCG合成のノウハウさえあれば的確に指示を飛ばせるので、優秀なエンジニアがペンのように動いてくれますから思い通りのクリエーションができると言う事が大きいと思います。

映像作品全般に言える一人でやる事の難点は時間が膨大にかかる事でしょう。それも数分の画面のしっかりしたアニメーション作品を一つ完成させるのに10年前なら無休で半年、今なら4ヶ月かかるといった具合です。これでは明らかに人生を削ってしまうので部分的には優秀なスタッフが必要なところです。

もうひとつの大きな欠点は、完成度を上げれば上げるほど大きな映像会社に外注を出して制作したような受け取られ方をされやすい事です。だれよりも無休で一人だけで頑張ってるのに「こんな立派な映像を制作会社に創らせて楽して儲っているのでしょう、さぞかし楽しいでしょうね」といった事をいきなり言われた事もあります。言った方の単なる誤解なのですが、なんだか発想に救いがなく、とても悲しいですね。映像作品のクレジットは全部の過程でのスタッフ・クレジットを添付する事を法律で義務化したらどうでしょう?私の場合は全部に自分の名前がズラーッと並びますからサボッっていなかった事は解ってもらえると思います。

若野 桂
D.L.(1998年)© phil co.,ltd.
NIKEの北米15都市で展開したバスケットボールキャンペーン用作品

コンピュータグラフィックス(2DCG)をいち早く取り入れ、グラフィックス界のパイオニア的存在ですが、2DCGとの出会いについて教えてください。またその課程で苦労した部分がありましたか?

先にも述べましたが、20歳頃に居たCGの専門会社で発売当初のMACIIをさわりました。すでにNECの98マシンや88マシンも覚えている途中でCG自体が珍しいという段階ではなかったし、大型の画像合成専用マシンの簡易版に過ぎなかったフォトショップの機能はいくら頑張ったところで予算のある会社の前にはひとたまりもないのであまりピンと来なかったのですが、オペレーターが直接フォルムの細部を製作する事によって出来上がるイラストレーターのベジェ・グラフィックには衝撃を受けました。

実はベジェ・グラフィックはこの一年ほど前に何かの化学番組で「輪郭をベクトルに変換し、劣化なく無限かつ滑らかに拡大し複製できる技術」というふうに紹介されていたのを観て、「これさえあれば狭い部屋でも壮大な腕のストロークが描けるに違いない」と釘付けになった技術そのものだったからです。

しかし、当初のマシン・スペック(メモリーは4メガ、HDは5メガ)といい、カラー・プリンターの開発が遅れていたのでカラー作品を作っても画面の中で眺めるしかない状況といい、本体とモニターだけで100万円近い価格なのに、実用的にはほとんど何も出来ない機械に近い状況でした。簡単なキャラクターを一つ描くにもメモリーがすぐに限界を超えてしまうので、ソフト・ウエアが間違って持っている機能を発見してそれを駆使したり工夫を凝らしました。

それでも仕事にはなかなかつながらないものですから、マシンを買ったもののローンが払えずにローン会社の社員から「金を持って謝りに来い!」と怒鳴られ暴力団のように脅されたりした時もありました。とにかくいつもお金さえ入ればオプション機材を買い込んでしまうので貧乏でした。

他にもモニターの解像度もおそろしく低かった事など、挙げたらきりがありません。しかし、印刷会社の経験があったので解像度の低いモノクロプリンターでCMYK版を別に出力し、カラーコピー機でOHPシートに一色ずつプリントして、それを4枚重ねたら深みのあるシルク・スクリーン印刷のような4色プリントが出来た!というような事を毎日やってましたから、クリエイションの誰も知らない領域を工夫だけで徘徊する事が楽しくて苦労とは思いませんでした。

1993年に当時世界32カ国で作品を発売していたDJプロデューサーである「United Future Organization」の誘いで製作し発売された「Multidirection」というアルバムのジャケット・グラフィックはそうした試行錯誤で描いたものでした。今でも海外のアーティストに会う時にこのアルバムの話が出る事もあり、イギリス人でベースメント・ジャックスのグラフィックを描いているロブというアーティストに会った時には「シッティン・オン・ザ・ベンチ…、知ってる?これ、モシノがジャケット描いたアルバムの曲だよ。俺この曲とジャケット大好きだよ。これ見てMAC買ったんだよ。」と言われてとても嬉しく思いました。

若野 桂
Artwork for CD「DJ KRUSH-Reload」(2001年) © phil co.,ltd.
DJ KRUSHが手掛けた代表的リミックス作品を集めたアルバム用作品。

数多くのミュージシャン、DJに作品を提供し、ご自身もVJとしてご活躍されていますが、音楽とご自身の作品の関係性を教えてください。

音楽なくして今の自分はなかったのかも知れません。

ある種の音楽には人間の脈拍のようなものがあり、ミュージシャンはそれをヴァイブとかソウルだと言います。私はヴァイブやソウルに溢れる演奏やDJをするかわりに、そういうものに溢れる絵や映像を作るべく創作する事も多いのです。

高校生の時にはバンドをやったりしましたが、私は演奏する意味を感じなくなるほど上手い同級生を見てしまったので、恥ずかしくなりやめてしまいました。

20代になってからもあいかわらず音楽は好きでDJにも興味を持ちましたが、友人の大半が相当に上手いDJか相当に上手いバンドマンという環境でしたから、僕が今さらバンドやDJをやるのはちょっと悲惨でもあり間抜けな感じがしてしまい、教えてもらう程度にとどまりました。

逆に言えば、DJやバンドマンの彼らが僕の見よう見まねで時々描いた絵も悪くない味があります。しかし、彼らがせっかくのすばらしい音楽の才能そっちのけで最初に褒めた絵と同じようなものを何枚も描き出したり、深く悩みだして基礎から学ぼうとデッサン・スクールから通い始めたりする姿を想像したらぞっとしてしまったのです。結局は私が音楽をやるよりも彼らのためにグラフィックや映像作品を作ったり、時にはレコード製作のマネージメントを手伝う事のほうがずっと喜ばれた上に、レコード・セールスにおいて大成功する事などがあると、とても幸福感を覚えました。
そうしたDJやミュージシャンとの仕事は私の出発点でもあり、そういう作品に込めた純粋なヴァイブやソウルというものは案外、それほど音楽に興味のない人にまで届くものだと思っています。

若野 桂
2nd作品集「RAW COMMUNICATION」(晶文社) © phil co.,ltd.

イラストに関して、ファッショナブルでレトロガーリーな切り口が多くみられますが、ファッションとグラフィックの関係をどうお考えですか?

私には子供の頃から60年代から70年代のファッション写真がモダンな彫刻のように思えるので、何となくトラウマからそういうものに引きつけられる事が多いようです。自動車にしても、「ハッ」として見てしまうような車はそういう時代のものが多いようです。

私の父親は大してお洒落な趣味もなかったのですが、洋画を観るのが大好きな人で、週末になるとフスマの間から寝ながら「ダーティー・ハリー」なんかを観た記憶が今もありますから、ずいぶんと原体験に蓄積したのかもしれません。今でも70年代の映画のビデオを観てシーンやストーリーが鮮明に頭に浮かぶ事がよくあり、「観た事あるんなら最初から言ってよー。」と言われたりします。

私自身は流行のファッション情報をおおざっぱにしか把握していない上に、輸入の格安古着が好きで新しい洋服を買う事も少ないので、気がつくと何十年代のファッションだかわからない姿になっています。ですから、無知な分、なんとなく頭に浮かんだ洋服を描くと昔の深夜映画で見たスチュワーデスの洋服やジャズ・マンのスーツなどが出てきてしまうのかも知れません。

若野 桂
Artwork for CD「Nobukazu Takemura-Sign」(2001年) © phil co.,ltd.
竹村延和「Sign」の海外版には10分のアニメーションを収録している。

デザインのアイデアはどのように生まれてくるのでしょうか?インスピレーションの源があれば教えてください。

これについては自分でもよくわかりません。例えばキャラクター的なモチーフであれば、かなり人気のない物を持ってきて自分なりに工夫して形にする事が好きです。たまにはあまりに人気のないものを持ってきてしまってどうにもならなくなる事も多いですが。それでも頑張っていると、とてもいい結果が出てきたりします。また、お題がいいときは最初から具体的なものがハッキリ描けたりしますので、あとは体裁を整えるだけだったりもします。

あとは音楽に関するものであれば、曲を聞いたとたんにいい映像が浮かんだりします。レコード・ジャケットも同じような事が多いです。何回も聞くうちにいろいろな絵が浮かぶので、その中で実現可能かつアーティストの意向も反映したものを製作します。

キャラでも音楽関係でもない作品のアイディアも、いろいろ観たり聞いたりしているうちに自然に出てきます。温泉に入っている時とかによく出てきます。

好きな音楽、ファッション等、プライベートについてお話いただけますか?

音楽は、ソウル、パンク、ロック、ジャズ、ファンク、ヒップホップ(E&W両方)、古いN.Y.ハウス、レゲエ、ダブ、エレクトロニカ、現代音楽、アンビエント・テクノ、映画音楽ほか気に入ればなんでも聞きます。とくにクラブDJ界との付き合いは20年近いですから、外に出て音楽の話題がない日はないかもしれません。

服は安い古着が好きなので、金のかかる格好は観る事は好きですが自分では着ません、というか着れません。しかし、すばらしく綺麗な服を観ると「私がイタリア人で彫刻のような色男だったら金払ってこれ着てみたいなあ…。」と思います。それでも40歳ですから、以前はまったくチグハグに見えたジャケットが違和感なく着れるようにもなってますから、ダーティー・ハリー系でも行ってみようかと思います。

プライベートは犬の世話をしたり、中古のカメラをいじくったり、軽トラックの洗車をしたり、古本を買い漁ったりしています。このあいだは軽トラックで工場の解体を見に行って70年代の立派なデスクを頂きました。

展覧会への意気込みを教えてください。

この回答を書いてるときにすでに意気込みすぎて胃潰瘍を作ってしまいました…。
死なない程度に意気込みます。

今後、やりたい事、目標などがあれば教えてください。

どちらも多大にありますが、なにぶん大人の仕事なので準備が出来次第その都度お知らせします。展示に関しては今後もバージョンアップし、開催してゆきます、ご期待下さい。

LACK MARKET / Katsura Moshino solo exhibition
若野桂 個展『BLACK MARKET』

会期:2008年11月21日〜12月3日 *木曜定休
時間:11:00〜20:00  最終日のみ18:00まで
会場:Gallery Speak For(代官山)
住所:東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F
http://www.galleryspeakfor.com

オープニング・レセプション  
日程:2008年11月21日(金) 19:00〜21:00
会場:Gallery Speak For(代官山)

アフター・パーティー
日程:2008年12月3日(水) 20:00〜(予定)
会場:solfa(中目黒)
住所:東京都目黒区青葉台1-20-5 oak build. B1F

アーチスト及び、展示に関するお問い合わせ:phil co.,ltd.

Text: Kazumi Oiwa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE