NIKE 公式オンラインストア

デイビッド・ユウ

PEOPLEText: Mlee

クリスマスパーティーで、デイビット・ユウに会った。すごくラッキーだった。そこでのインタビューを今回は紹介したい。

簡単に自己紹介と、職業を教えて下さい。

2002年に30歳になるデイビット・ユウです。現在はニューヨークを拠点に活動していますが、おそらくそれほど長くは滞在しないでしょう。デザイナーをしています。

今回香港に来た目的はなんですか?また、どのくらい滞在する予定ですか?

5年ほど前にカナダのバンクーバーからニューヨークに引っ越して以来、年末には家族とクリスマスと新年を迎える為に香港に来ていました。そして、1月のはじめには、ニューヨークに戻る、というかたちをとっています。

どのような印象を香港には持っていますか?

まだ子供だった頃は、香港に戻ってBBガンやおもちゃのロボット、そして新しい服を買ってバンクーバーに戻るのが好きでした(笑)。中国の広州によく旅行にも行って、母方の親戚を訪ねたりしました。叔父がよく、箱一杯の花火を用意してくれており、夜の公園に行ってライチを食べた後にその花火で遊んだりしました。大人になった今は、広東語も上手く話せるようになりましたし、自由に使えるお金も得ることができるようになり、香港には友達も同級生もいてみんな働いています。ですから、ここ2、3年の香港に来る目的は、以前とは違ったものになってきています。香港で20代を過ごす、ということがどんなものか、今では想像できるようになりました。

あなたから見て、香港とニューヨークの違いは何だと思いますか?

両方とも、消費物に溢れていて生活が道ばたにまでおよんでいるクレイジーな大都会だと思います。地形的に香港の方が小さいので、ニューヨークよりずっと込み合っていて、人に溢れ返っている感じがします。そのほかには、それほど相違点はないと思います。ニューヨークは香港に比べると古い街ですし、もっとやつれつつも粗っぽい鋭さがあると思います。歴史、アート、そしていたる所でカルチャーが伝統的なセンスで息づいています。香港も、粗っぽい面がありますが、ハイパーかつ現代的な面と上手にバランスをとっています。きっとこれは、日本から強い影響を受けているのと、国際的な改善が約100年及ぶイギリスによる支配から来ているものだからでしょう。そして素晴しい歴史的に古い文化的面は、何千年も前からの中国の歴史から来た全てのものに命を吹き込んで来たのです。ですから、これら全ての面は一緒に作られたものですし、私の中では、街を広範囲で面白くする文化の衝突とも言えるのです。ニューヨークのピザは懐かしいですけどね(笑)。

香港の好きなところ、嫌いなところは何ですか?

うーん。絶対に好きなところの方が多いのですが、食べ物はおいしいし、買い物ができる所も沢山あるし、夜遅くに食べたり、じめっとした空気の匂いとか、夜道を歩く時の気持ちよさとか、島にいるという感覚も好きです。小さい頃から水に親しんできたので、ボートに乗って香港からラマ島やランタオ島や、もっと足を伸ばせばマカオまで行けるのは嬉しいです。地理的、そして都会的計画に長けている香港は、とても興味深い街で、中間から上も下も見る事ができますし、それだけ丘と木々の間に段差があり、その中に高層ビル群と寺が隣り合っているのです。

嫌いなところはそれほどありませんが、消費するばかりの文化にはやや息が詰まる思いがします。でも、これはその気になれば止められるものですし、少なくとも選択肢もあるはずですし、これは一番大切なことだと私は思っています。あなたが望めば、通りを歩くと真夜中でもスニーカーを買うことができるし、朝の3時にラーメンを食べることもできる、といったような選択肢です。香港は本当に、選択肢と実現するようにあなたが動けばそれが瞬時にリアルになるような、そんな街のように思えます。まぁ、しいて言えば夏の湿度の高さにうんざりです。とても耐えられません。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE