グリーン・ドリーム・チーム

PEOPLE

コレットのPR主任を過去6年間務めたナディージュ・ウィンター。パリに暮らし、現在はクリエイティブ・ディレクター兼イベント・コンサルタントとして自身の会社を設立。多彩な彼女は、プロデューサー、番組プロデューサー、デザイナー、DJ、広報ライター、更にはシンガーでもある。そう、ナディージュはエンターテイメントを通じて様々なコトに取り組んでいる。そしてそれは、ナディージュが立ち上げたブログ「グリーン・ドリーム・チーム」からもわかるように、「グリーン」や「環境」といった事柄についても同じだ。エンターテイメントにより環境をサポートするオープンな場でもあり、関わる全ての人がそのクルーの一員となる。ここでは、ナディージュとエコとの関わりについて探ってみた。

ナディージュ・ウィンターナディージュ・ウィンター

自己紹介をお願いします。


6年間PRディレクターを務めたコレットを辞めたばかりです。その前は、レコード会社で6年間レーベル・マネージャーとして音楽ビジネスに関わり、それから、ビデオミュージック・プロジューサーやパレ・ド・トーキョーのPR主任、そしてコレットへ転職という具合です。

コレットで働いていた時にも、DJ、広報ライター、テレビ・アニメーター、グリーン関連服飾デザイナーなどなど、様々な活動をいつも行ってました。それが私だし、いつも新しいことにワクワクして、いろんな発見をしたり。毎日多くのことに順応し、仕事にフラストレーションを感じたことなどないですね。音楽から、アート、そしてファッションまで…。まだまだ、いろんなコト、いろんな世界に興味があります。これが、私の今というエッセンスに触れるやり方です。

最近、NWA(ナディージュ・ウィンター・エージェンシー)という会社を設立しました。フリー・コミュニケーション担当、そして、クリエイティブ・ディレクターやイベント・コンサルタントとして。コレットともまだ仕事してますが、ブランドや広告エージェンシーとしてです。他に、ニットの新ブランド「ウール・アンド・ザ・ギャング」のクリエイティブ・ディレクター兼デザイナーです。ペルーのエコ・ウールを使用したニットで、12月よりウェブで販売する予定です。

同時に、「www.konbini.com」という新しいウェブメディアのプロデューサー兼プログラマーでもあります。最近始まったばかりのプロジェクトで、15〜35才をターゲットに、上質のエンターテイメントを無料で提供するプラットフォームです。また、短編映画の監督も始めるところ。まだ今でもDJもやるし、「ジャルーズ」や「グラツィア」の広報ライターもやっています。あと今、歌も始めました。

ナディージュ・ウィンター

グリーン・ドリーム・チーム」というブログについて教えて下さい。このブログでは何をされてますか?また始めた理由は?

2007年夏に「WAD magazine」の編集長に招かれた時、ブログを立ち上げようと決めたのがきっかけです。エコに関するページを担当し、ブログを開始しました。更にリサイクルシャツ「wwp」を、ピエール・アンドレ・セニゼルゲ(アメリカ、エトニーズの創設者)のプロデュースのもとデザインしました。

私は、友人と一緒に書く場所を作りたかったのです。そこで、エコやグリーンの活動やブランド、ニュースなど、楽しいことを伝えていこうと思いました。ファンキーでセクシーで愉快でワクワクするグリーンな活動やニュースをセレクトして、「グリーン」と「おしゃれ」が共存するということを示したかったのです。ブログで書いている友人たちは、ジャーナリスト、建築家、デザイナーなどです。

ナディージュ・ウィンター

ブログ以外に「グリーン・ドリーム・チーム」の活動は何があるのでしょう?「グリーン・ドリーム・チーム」での最近の活動や今までの活動を教えてください。

特にはないですね。でも、やりたいと思ってます。近いうちパーティーをオーガナイズしようかとも思ってます。エコデザインのエージェンシー「Be-Poles」の友人とともに、コレットでエキシビションを開催したことがあります。また、2007〜2008年にサロン・デ・プレタ・ポルテにてグリーン・キュレーターを務めたこともあり、グリーンとおしゃれの場を提供しました。それは、ただイメージや言葉などを、リーフレットやポスター、ファッション・フォトやゲームに利用してグリーンとおしゃれのアイデアを発展させたものです。グリーンパーティをLHギャラリーにてプロデュースしたこともあります。グリーンのインスタレーションを行い、ビデオ投影や、ポスターやグリーンスローガンを掲げたり、wwfとのコラボレーションやヒップホップ・パンダのポールダンスなど!)

ナディージュ・ウィンター

アート、ファッションやデザインを通じてグリーンにアプローチすることについて、どのように考えてますか?何か実際に行ったことなどあれば教えてください。

環境に注意を払うことは、とても急を要するくらいに必要なことだと思います。それは皆知っていますね。でも、ほとんどの人はそれについて実際に何かするということがないです。もしかしたら、多くの人は、環境について語られる時に表現される恐ろしい言葉を聞くことに疲れてしまっただけかもしれません。だからなおさら、私たちは使命ではなく、グリーンであることへの希望について語らなくてはならないと思います。

おしゃれな観点でグリーンを紹介するということは、自然にグリーンに目を向けさせる影響力があるべきなのです。それにはエンターテイメントな世界が楽しくする一番の方法なのだと思ってます。音楽、アート、デザイン、ファッション、食べ物…。これら全ては、エンターテイメントです。エンターテイメントを通じってグリーンに関わるのが、最も簡単な方法なのだと思います。

ipodでグリーン・プレイリストというのを作ったことがあります。ただ、「グリーン」という言葉を使ってる楽曲をセレクトしてたり、花について話しているものだったり!また「モンビアンコ」というリサイクルのTシャツとスニーカーもデザインしました。自分たちのお気に入りのデザイナーがグリーンに関心があったり、それについてクリエイティブであれば、みんなも同じようにもっとグリーンな服を身につけたいと思うのではないでしょうか。

エコ・ファッションの世界で、面白みのない、かっこわるいデザインをよく見かけますが、ファッションの世界も目覚めなくては。ニューヨーク・バーニーズは、素敵なウインドウや著名デザイナーとのイベントなどを、特に関心をもっている様子を見せてくれます。こうしたことが、もっと普通に行われることを期待したいです。

ナディージュ・ウィンター

ブログを今後どのようにしていきたいですか?「グリーン・ドリーム・チーム」の将来の次のステップは何でしょう?

もっと書く時間がほしいです!!!友人が沢山やってくれてます。また、パリでレギュラー・イベントをオーガナイズしたいですね。マーケティングや戦略プランなどは持ち合わせてないですが、メジャーなメディア公認として広い視野に立ち、誠実さを維持できたら素敵ですね。時間があればすぐにでも実行したいです。今を生きていたいですし、日々楽しくグリーンでありたいです。

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE