ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008

HAPPENING

ヨーロッパ最大規模のデザインの祭典、ロンドン・デザイン・フェスティバルが今年で6年目を向かえた。世界中から、このフェスティバルのために集まってきた屈指のデザイナーたちによる、クラフト、建築、家具、プロダクツ、グラフィック、さらにはファッション、ファインアートの分野におけるあらゆるデザインが11日間に渡り、ロンドン中に氾濫する。そうとなれば、ダブルデッカーバスに乗って、チューブに乗って、ロンドン市中に散らばる150のイベントを回れるだけ回ってみたいもの。すこし肌寒い秋晴れの空の下、熱いデザイン魂に触れる旅に出よう。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008


まず訪れたのは、ストランドのはずれにあるサマーセット・ハウス。噴水のある広々とした中庭が美しいこの壮大な建物の南側に、今年オープンしたばかりのエンバンクメントギャラリーがある。「Wouldn’t be nice,,,,」は同ギャラリーの二つ目の企画展となる。「あったらいいと思わない?」というタイトルの冠する通り、デザインの可能性、アートとデザインの関係性を問うのがその企画の趣旨である。 

まず鮮やかな赤が目に飛び込んでくる。アリシア・フラミスの「China Five Star」という作品だ。15人のファッションデザイナーに依頼し、デザインされた15のスタイルがずらりと並ぶ。一目で分かるのは、そのすべてが中国の国旗をモチーフに作られていること。よほどのセレブな方々ならいざ知らず、今やメイドインチャイナの洋服は世界中のクローゼットに納められている。けれど、その作業過程を担う女性たちについて、経済の格差について、わたしたちは多くを知らない。それぞれにドレッシーなデザイン、カジュアルなライダースジャケット、まるで彫刻のようなシルエットの一枚。ファッション心をくすぐる作品を目の当たりにしながら、その背後にあるものに思いを巡らせるデザインだった。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008

椅子の足の上にのった棚、いくつもの引き出しをくっつけた巨大なチェスト。どうやら、スクラップになった家具を組み合わせて新しい作品を生み出すシリーズのようだ。このスタイルには見覚えがある。昨年ロンドンサウスバンクにある「デザイン・ミュージアム」で、100日間に100脚の椅子を作るインスタレーションを発表したマルチノ・ギャンパーだ。彼の作品にまたしてもここで出会った。様々な椅子のパーツを分解し、巧妙に配置して再構築した奇想天外なハンドレットチェアーも見応えがあったが、今回は家具全般。その名も「コレクティブファニチャー」だ。廃材を利用するというエコなところは、「北の国から」の五郎さん、もとい倉本聰氏の二番煎じともいえるが、そのデザイン性の高さやユニークさは、間違いなくギャンパーの勝ち。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008

デザインフェスティバルには、エキシビジョンやイベントだけでなく、インテリアショップやカフェも参加している。ひとつ気になって出かけたのは、スピタルフィールズマーケットから移転し、ブリックレーンの北の端、レッドチャーチストリートにニューショップをオープンした「キャラバン」。アンティークの家具や陶器、フェザーを使ったオーナメントやパラシュートの生地を使ったスカートなど、セレクトの妙が光るインテリアとファッションのお店である。「フラワーパワー」と名打ったコレクションの中身は、パリのアーティスト、ナタリーレテによるフラワーパターンのラグ、デボラボウネスのウォールペーパー、アンティークの花柄ファブリックを使ったトルソーなどなど。なかでも、金属でできた一輪のバラのブーケは、かわいらしさとクールさを併せ持った冬のインテリアとしておすすめだ。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008

第二回目を向かえる「テント・ロンドン」は、中規模ながらアップカミングなデザインショウとして注目されている。ブリックレーンの途中にある旧ビール工場、トルーマン・ブリュワリーがその会場である。CIRCAと呼ばれるエリアには、ヴィンテージ家具のトレーダーが軒を構える。時代を代表するバブルチェアや、イームズといったマスターピース、そしてそれに似合う渋めの小物たちは、その年代の人ならむしろノスタルジーを感じてしまうかもしれない。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2008

それに続くCONTENTエリアには、打って変わってインディペンデント作家たちの、最新のデザインが待っている。ここで気に入ったのは韓国出身のデザイナー、イ・ジャンソブの作品。和紙と木材を使った、シンプルなスクエアの照明。スイッチを入れるとそこに地図が浮かび上がる。それぞれ、モスコ、ローマ、ソウル、パリ。どの場所もデザイナーが実際に行ったことのある場所というのだから、思い入れも深いのだろう。彼の相棒ソン・ボンキュの作品もまた面白い。ビニールのパックの中に細い電光管が弧を描いている。『照明機器を買うと、必ず包装がついてくる。だから最初からバッグに入った状態のライトを作ったんだ。』と彼はいう。一つでも、展示のようにいくつもつないでパテーションとして使用しても、と考えるのすら楽しくなるアイテムだ。

テントを出ると、夜が始まっていた。驚きや、懐かしさや、感動をたっぷり味わったせいで、いい映画を一本見たような充実した気持ちになっていた。同じ気持ちを抱える新たな作家たちがきっと、帰り道々すでに来年の展望を考え始めていることだろう。

London Design Festival 2008
会期:2008年9月13日〜23日
場所:ロンドン、UK
http://www.londondesignfestival.com

Text and photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE