鈴木ヒラク

PEOPLE

ドローイングで今ここに潜む未来を発掘する。
鈴木ヒラク
壁画、葉脈ドローイング、アスファルトのかけらで描く作品、土を使ったライブペイントなど異なる手法で、一貫したドローイング作品のシリーズを制作している鈴木ヒラク。描くことで、そこから立ち現れ視覚化された何かは、とても原始的で未来的。2つの対極する次元が交錯し、今を通じて新しい空間へと見るものを誘う。今回、11月に札幌で開催されるアートイベント「FIX・MIX・MAX!2」へ、道外アーティストとして参加を目前に控え、ノルウェーで滞在制作中の鈴木ヒラク氏にお話を伺った。

鈴木ヒラク鈴木ヒラク
作家近影/2008/© Hiraku Suzuki

自己紹介をお願いします。


こんにちは。初めまして。鈴木ヒラクといいます。1978年生まれです。今は東京の杉並区を拠点に制作しています。よろしくお願いします。

最近の活動についてお話頂けますか?

ドローイングをしています。

鈴木ヒラク
The Passage /2004/インスタレーション/33m/Karl Jjohans Torg(ストックホルム、スウェーデン)/photo by the artist/© Hiraku Suzuki

鈴木ヒラク
Genga #243/2004/紙、マーカー/21×29.7cm/© Hiraku Suzuki

いつ頃から作品を作るようになったのでしょう?その経緯を教えて下さい。

絵は、4歳くらいの時からずっと描いています。父親が建築をやっていたので、家に図面の青焼きが常に大量にあって。その裏に色々な画材を試しながら、モアイみたいな絵などを描いていました。6、7歳くらいになると小学校帰りに空き地に入って、土器や外国のコインやプラスチックの欠片などを発掘して遊んでいました。日常の風景にちょっと突っ込んでみれば、別の場所・時間に触れられる、というのはそれから僕の基本的な思考原理になっています。その後は、ありがちな流れですが、グーニーズやインディジョーンズの影響もあって、考古学者になりたいと思っていました。

また、祖母に連れられて温泉街によく行っていたんですが、お土産物屋でお面や鉱物や化石や魔除けの置物などのブツを毎回買ってもらって、それを部屋で眺めて気持ちよくなっていました。それは何か「向こう側」からのお土産という感じがしたんです。そのうち自分でもそういうものが作りたくなり、建設現場のゴミ捨て場から木を拾ってきて仏像のようなものを彫ったりもしていました。8歳くらいの話ですが。

その後は陸上部に入ってひたすら走ったり、音楽をやっていた時期が長かったです。音楽活動を一段落させて、現在も継続している作品シリーズを始めたのは2000年からですね。

鈴木ヒラク
bacteria sign #30/2008/土、枯葉、アクリル、木製パネル/180x180cm/photo by Riichi Yamaguchi/© Hiraku Suzuki

鈴木ヒラク
bacteria sign#17(detail)/2007/photo by Riichi Yamaguchi/© Hiraku Suzuki

鈴木ヒラク
個展「NEW CAVE」展示風景/2008/トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)/photo by Ooki Jingu/© Hiraku Suzuki

ウォールペイント、紙に描かれた作品、葉脈を使ったドローイング、アスファルトのかけらを使った作品、ライブペイントなど、表現媒体がさまざまですね。作品を作る素材やその手法など、どのようにして決定しているのでしょう?いくつか作品をご紹介頂けますか?

現在は6つくらいの異なる方法によるシリーズを継続して制作していますが、全てドローイングの一形態と捉えています。例えば、曲がった枯葉の葉脈をつなげて線を作ったり、バラバラな場所から集めてきたアスファルトの白線部分をつなげて新しい記号を作る作品にしても、あくまでそれらの素材を使って「描かれている」という痕跡性が重要で、手法としてのコラージュ的な感覚で終わらせないようにしています。そうでないとやった気がしない。

ドローイングという行為を幹とした植物的な構造というか、それぞれの枝分かれした先っぽの部分を互いにエコーさせつつ、根っこを含めた全体が成長するように、制作を進めています。結構ゆっくりやっているつもりですが、新しい場所との出会いによって、突然変異的に新しい枝が生えることもあります。またそういった変化をぼんやりと求めてもいます。

鈴木ヒラク
Right One/2004/壁画/Roda Sten(ゴッテンブルグ、スウェーデン)/photo by Christoffer Holmstrom/© Hiraku Suzuki

例えば壁画の仕事は、スウェーデンのグループ展の時に、会場の2つの大きな壁に触発されて、始めました。今でも壁画を描く時にはその場所の細かい凹凸や、天井や床の配管、周囲の環境などで引っかかった些細なポイントから入り込んで、道具を選び、掘り進むように描くことが多いです。壁画にかんしては、取って付けたようなものではなく、元々その場所にあったかもしれない、というようなものになればいいと思ってやっています。それはつまり、「今ここ」という現実のポイントが別の時空間へとひずんでいくような、時間的で虚構的なトリップです。

鈴木ヒラク
ZBR/2004/壁画/Uplink Gallery(東京)/photo by Ooki Jingu/© Hiraku Suzuki

ご自身の個展カタログの中で、描く行為の中で、何かを「表す」というだけでなく、何かが「現れる」という発掘に近いやり方があることが希望だと述べています。例えば、ライブペイントされている時など、偶然性に溢れている状況では何かが「現れる」頻度が高そうですね。何かが「現れる」そういう瞬間をとても大事にされているのだなぁと思ったのですが、今までにどんな発掘をされたかなど、何か特に印象的な発見はありましたか?

僕のライブペインティングは、掘った土を使っていることも含めて、ある場所を架空の発掘現場に変容させる行為でもあります。現場とは何かが「現」れる「場」所のことで、つまりやれば必ず予期しない何かが起こるからやっているところがあります。

鈴木ヒラク鈴木ヒラク
ライブペインティング風景/2008(Super Deluxe、東京)/photo by Chito Yoshida/© Hiraku Suzuki

僕が発掘と言っているのは、何かの上に何かを塗り重ねるような行為の逆で、既にある何かの中から何かを引き出して、それを見るという行為のことです。前者の考え方だと、世界はいつも「何かが足りない」状況として感じられますが、後者の場合では、世界にはもう既に全ての可能性が存在していると感じられる。遠い場所に異次元があるんじゃなくて、今ここが既に異次元を秘めているんだと。だからこそ、その辺に転がっているものを使って、別の世界をゼロから作ることだってできるわけです。

鈴木ヒラク
Road Sign -Spiral/2008/アスファルト片/3.2 x 3.2m/photo by Ooki Jingu/© Hiraku Suzuki

すごく大ざっぱに言えば、これは西欧の油絵というより東洋の書に近い感覚です。油絵でも、例えばダリは発掘していないけど、ピカソは発掘している。という言い方もできると思います。さらに言うと、50年前にウィリアム・バロウズに「カットアップ」の手法を教えたブライオン・ガイシンという画家は、モロッコのタンジェやパリで、原始的な書に近いことをやっていました。彼は「画家は新しい世界を書こうとする。絵画はシグナルだ。」と言っていた。ガイシンの作品は異星人の暗号のようで、いかがわしさが漂いますが、僕はすごく分かる気がする。ちなみに彼もライブペインティングをやっていたようです。

ただ、僕の関心があるのは、発掘っていう行為自体もそうですが、発掘されて現れる対象が、時には捏造されたり、時間によって変化する、流動的なものだということなんです。記憶のかたちってすごく不安定で、いくらでも変形するじゃないですか。

そうやって考えてみると、こうしてパソコンのキーを叩いているのも発掘だし、生きること自体が発掘作業の連続かもしれないです。変化し続ける現在の中から未来を発掘するというか。それはドローイングという行為の最も原始的な部分にも繋がっている気がします。

鈴木ヒラク
Safari/2006/壁画/ ギャラリードゥジュール(パリ、フランス)/photo by Ryo Suzuki/© Hiraku Suzuki

10月にノルウェーで壁画の滞在制作やライブペインティングなど行われたようですね。今までにどの都市(国)でどのような活動をされているのでしょう?海外での反応はいかがでしょうか?

今ちょうどノルウェーのフィヨルドに近いスタバンガーという街でこれを書いています。ザリガニのようなエビがおいしいです。今日は部屋で12枚の絵を描きました。昼間は壁画をやっていました。EU-JAPAN FESTとスタバンガー市の事業の一環で、石油産業に使われていた巨大な廃材で作られたジオパークという新しい公園に描くことを依頼され、白のペンキだけでいくつかの廃材を部分的に塗りつぶしたり、線を描きました。がちゃがちゃした風景に白が点在して、発掘途中の、別の文明の遺跡のようになってきています。

鈴木ヒラク
SHLL/2008/壁画 /GEO PARKEN(スタバンガー、ノルウェー)/photo by the artist/© Hiraku Suzuki

自分は今までギャラリー等を通して海外に行けているわけではないから、直接理解してくれる外国人や日本人にたまたま少しだけ出会っているのかもしれない。そんなにたくさん行っているわけではないけれど、どこに行っても、基本的に僕がやることは変わらないみたいです。日本も面白いし、今借りている東京の自分のスタジオと、その周りの環境が大好きです。

反応といえば、先日はメキシコシティの国営放送のTVクルーが僕のスタジオに来てくれたのですが、一瞬で核心をつかれて、逆に冷や汗をかきました。「君の作品は、深い森のような都市の混沌と、個人的で実験的な夢の相似点について、考古学的な方法で追求しているように見えるけど、どう思う?」とか。実験的な夢というキーワードは、ちょっといいなと思いました。メキシコは去年旅の途中で立ち寄って2週間くらいぶらぶらピラミッド見たり、リス見たり、タコス食べたりしていましたが、親近感と同時に、絶対に理解不能な部分を感じました。壁画家のシケイロスもいたし、気になる国です。

鈴木ヒラク
Night Mask/2008/反射板、木、ミクストメディア/86cmx57cm/photo by Ooki Jingu/© Hiraku Suzuki

11月に札幌で開催される現代アートのイベント「FIX・MIX・MAX!」に道外アーティストとして参加されるようですが、どのような作品を作る予定でしょうか?

今はノルウェーの寒さの中で、来月の札幌の気温を想像しています。北海道は本当に好きな場所なので、楽しみにしています。

好きな音楽やアート、映画、本など教えて下さい。

音楽:今このMacBookから流れているのは、スチャダラパーの「彼方からの手紙」です。

アート:このまえ僕のスタジオに泊まっていたトニー・コンラッドさんというニューヨークのアーティストの姿勢には、強い感銘を受けました。一緒に川沿いを散歩したり、カラスに話しかけたり、セミの音を聞きながら楽譜を書いていました。いま横浜トリエンナーレで彼の作品が展示されているので、機会があればぜひ見てみて下さい。

映画:途中で寝てしまうので最近あまり見ないですが、黒澤明の「どですかでん」は絶対に凄いと思います。

本:最近は山本精一氏の文章が好きです。

インスピレーションを受けているものや事柄について教えてください。

「道路」っていう存在そのものにインスピレーションを受けます。道路には全部あると感じます。道を歩くことは、音楽を聴くことでもあるし、映画を見ることでもあるし、本を読むことでもあるし、体全体で地形をスキャンすることでもある。ふと見ればキノコだって生えている。

鈴木ヒラク
bacteria sign#21/2007/土、枯葉、アクリル、木製パネル/120x120cm/photo by Kaori Tada/© Hiraku Suzuki

今後やってみたいことはありますか?

今まで通りにやってみたいです。

今後の予定を教えて下さい。

来週帰国します。その2日後にアニエスベーのイベントがあり、デザイナーのアニエスさんと一緒に作ったバッグや服が発売されます。そして10日後にFIX・MIX・MAX!の搬入が札幌宮の森美術館ではじまります。
来年初頭はシドニーで滞在制作を行い、日豪6組の作家によるグループ展にて発表します。
・2009年3月12日〜4月12日:「between site&space」ARTSPACE(シドニー、オーストラリア)
・2009年3月15日〜3月30日:「VOCA展 2009」上野の森美術館(東京)

その他は、友人であり、すばらしいウェブデザイナーである風祭麻美さんが作ってくれている僕のサイトを、興味あれば見てみて下さい。たまに更新してもらっています。

FIX・MIX・MAX!2 −現代アートのフロントライン−
会期 : 2008年11月8日(土)〜12月7日(日)
会場:札幌宮の森美術館
観覧料 : 一般300円 高大生200円 中学生以下 無料
開館時間 : 11:00〜19:00(入館は18:30まで) / 休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
主催:FIX・MIX・MAX!実行委員会
後援:北海道 北海道教育委員会
参加予定アーティスト:今村育子 / 榎忠 / 岡部昌生 / 鈴木ヒラク / 高 幹雄 / 高橋喜代史 / 武田浩志 / ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ / 久野志乃 / 近未来美術研究所 / 端 聡 / 祭太郎

FIX・MIX・MAX!2は上記期間中、ギャラリー門馬ANNEXCAI現代芸術研究所CAI02他で開催されます。会期、プログラムは会場によって異なりますので、FIX・MIX・MAX!2ウェブサイトをご覧ください。

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE