レオ・オブストバウム

PEOPLE

今年9月、2010年バンクーバー冬季オリンピック&パラリンピックのグラフィックアイデンティティとピクトグラムが公開された。デザインは、カナダの自然や都市の環境とその文化的な多様性をもとに描かれた模様が特徴的だ。すべてのグラフィックアイデンティティは、VANOCのデザインチームによって手掛けられている。メインのテクスチャには、地元のアボリジニアーティストによるものも使用されている。今回2010年バンクーバーオリンピックのデザインディレクターであるレオ・オブストバウムが、その制作過程を教えてくれた。

Leo ObstbaumLeo Obstbaum

バックグラウンドを含め、自己紹介をお願いします。


私は、アルゼンチン出身で、4歳の時にバルセロナに引っ越しました。子供の頃からヴィジュアルアートの世界に興味があったので、企業アイデンティティに特化した学校に入学し、総合コミュニケーションの研究をしました。そして、1990年に自分のスタジオをオープンし、ファッション、音楽、映像デザインなどに力を入れました。仕事上、単調なものは嫌いなので、プリント、放送、映像、布地、インスタレーション、映像アート、工業デザインなど様々なメディアでの作品づくりを追求しています。

大きな仕事としては、ラ・フラ・デルス・バウスのマルチメディアオペラ『バルセロナのドン・キホーテ』の衣装デザイン、アドルフォ・ドミンゲズの企業アイデンティティ、バルセロナオリンピック・パラリンピックの式典の衣装デザイン、2004年の文化フォーラムでの講演などです。また、映像ディレクターのビガス・ルナに紹介され、映画の世界にも興味を持ち、映画『ヴォラベラント』のタイポグラフィーや、タイトルデザインに協力させて頂きました。

ミグエル・マリンとの共作で、オーディオヴィジュアルとマルチメディアを使ったインスタレーションを制作しました。2003年6月、ソナーフェスティバルの開会式でライブ、2004年の9月にはバルセロナファッションウィーク期間中にビデオインスタレーションも行いました。私の手掛けた映像『ビヨンド・アイデンティティ』は、ソナーフェスティバルの展覧会、ホテルリッツ、ラブバイツフェスティバルなどでも上映されました。

2005年の10月にカナダのバンクーバーへ引越し、2006年の5月よりオリンピック・冬季パラリンピック組織委員会のデザインディレクターとして働いています。

Leo Obstbaum

2010年バンクーバーオリンピックのデザインディレクションを担当するに至った経緯を教えて下さい。

カナダ人の妻とのハネムーンでいったバンクーバーがとても気に入り、2005年10月にそこへ引っ越しました。カルチュラル・オリンピアドについて調べるためにバンクーバーオリンピックのサイトを訪れ、偶然デザインディレクター募集の記事を目にして、人生で初めて履歴書というものを書き、すぐ委員会へ送りました。2ヶ月後、ついに長年の夢が叶いました。1992年にバルセロナに住んでいた時、オリンピックのデザインエキシビションのとりこになり、自分もいつかやってみたいと思ったのです。多くのデザイナーと同様、デザインのプラットフォームとしてのオリンピックにとても興味がありました。自分は、あまりスポーツをする人間ではないですが、私たちが寝ている間も朝早くからトレーニングをし、完璧を求めて毎日努力し続けるアスリート達の姿にいつも刺激を受けます。違うフィールドではあるけれど、自分もオリンピックを動かす一員になって彼らが自分たちの夢を叶える助けをしたい、そして誰かをインスパイアしたいと思うようになりました。

Leo Obstbaum

プロジェクトのチームメンバーの人数、簡単なバックグラウンド、制作プロセス、そしてあなたがどのようにプロジェクトに関わっているか教えて下さい。

我々の所属するブランド&クリエイティブサービス部門は、エンブレム、トーチ、メダル、表彰台、スポーツピクトグラム、ユニフォーム、スローガンなど、ほとんど全てのオリンピックのアイコン、また広告や映像などの主要なコミュニケーションを担当しています。基本的には、毎日委員会のデザインスタジオで仕事をしています。他にも、バンクーバーオリンピックのブランドマネージメントやスポンサー、パートナー、ライセンシーの支援なども行っています。

この部門は、私とアリ・ガードナーが共同で運営しています。スコットランド人と日本人のハーフであるアリは、典型的なカナダ人で、英語とフランス語を話します。全体では24名のチームで、グラフィックデザインや放送、アート、メディア、音楽、マーケティング、広告など様々な分野からメンバーが集まっています。中には実際のアスリートもいます。大半はカナダ人で、ここでは普通のことですが、国の色々な場所から集まっているのでそれぞれの文化的な差異がはっきりしています。

グラフィックアイデンティティとピクトグラムのデザインは、2006年3月の政府とバンクーバー、ウィスラー、ブリティッシュ・コロンビア、カナダの提携観光会社と一緒に行った会議からスタートしました。その土地や文化について様々な意見を聞くことができました。その後、短期間のリサーチを開始し、チーム全体でオリンピックの開催予定地を訪れたり、そこでの天気や環境を確認したりしながら、デザインに反映していきました。

そのリサーチでは、一観光客として様々な都市を巡り、図書館、ギャラリー、ショップ、その他アイデアとインスピレーションを与えてくれそうな場所を数多く訪問しました。マクロのレベルだけではなくミクロのレベルにおいて「バンクーバー、ウィスラー、カナダの特徴は何か?」ということを追求したのです。

Leo Obstbaum

バンクーバーの北海岸にその答えはありました。コンセプトを定義する言葉とイメージを模索していたのですが、その言葉は「変化」でした。天気は常に変わり続け、その劇的でエネルギーに満ちた変化は、景観、光、環境をも変化させていきます。カナダは常に変化の過程にある国なのです。様々な文化を組み合わせ融合することで、カナダ自体の文化も、そして自然も常に進化し続ける。全て1つ。水も至る所に流れている。バンクーバーは水と山に囲まれている都市で、まさにオリンピックに最適な環境なのです。

リサーチを終え、スタジオに戻ってからは、言葉とイメージというものに関して私たちが見てきたものをまとめるためにムードボードを作り、最終的なコンセプトが出来上がるまで意見を共有し、議論を重ねました。その後は、「最近のトレンドや新しいスタイルを視野に入れつつ、その時その場所のストーリーを伝えるにはどうしたらいいか」、「どうしたら新しくてなおかつ西海岸とカナダに特有のスタイルが作れるか」ということに取り組みました。そこでブログを開設し、そこに毎日イメージやアイデアを投稿し、同時に壁を沢山のアイデアとコンセプトでいっぱいにし、ムードボードを作っていったのです。

視覚的なスタイルが決まったら、今度はデザインに入りました。なんとなくのイメージはあったのですが、それをどうやったら実現出来るかははっきりとは分かりませんでした。あらゆるものを試してみた結果、「カナダにあるのは色々な『声』だ」という結論に至りました。より良いものを生み出すために組み合わされた独特なもの。その『融合』をテーマにデザインに取りかかりました。ウォールペインティングのように、自然、西洋、東洋などの要素と、まったく別の要素を組み合わせたりしました。そうして、最終的なグラフィックアイデンティティを構成するイラスト、テクスチャ、パターンを作っていったのです。

このグラフィックアイデンティティは、3つの層が基本となっています。一番下の層は、国の原動力、大きさ、若さ、新しさを表現するために、バンクーバーとウィスラーを象徴する色と形。

2つ目の層は、都市と自然の環境と、私たちの多くの文化に由来するイラスト。それら全てが一枚のキャンバスに生きている。それがカナダなのです。そのスタイルはオーガニックなもので、美しさや滑らかさを出すために手書きでデザインしました。

3つ目の層は、カナダ人の日常においては奇妙なイメージ。例えば、木になった電柱、トンボの羽がついた水上機、傘にくっついた消火栓など。これらの不思議なイラストは、カナダの新鮮なイメージを与え、私たちのもつユーモアや遊び心をくすぐります。シルエットだけが描かれたこれらのイラストは、現代的な印象を与えます。これら3つの層を無限に組み合わせたり、切り取ったりしました。

ピクトグラムのデザインに関しては、オリジナルなこと、これまでにはなかったようなことをしたいと思っていました。これまで、ランス・ウェイマン(68年メキシコオリンピック)、オチル・アイチャー(72年ミュンヘンオリンピック)、ブラッド・コープランド(2006年トリノオリンピック)などの巨匠が、すばらしいピクトグラムをデザインしてきたので、この試みは非常に難しいものだと考えていました。

Leo Obstbaum

最終的に我々のデザインしたピクトグラムは、ポップカルチャーのイラスト、デザイン、写真、そしてボードスポーツ、マンガ、ファッション、音楽などを基本としたものになりました。アスリートたちの集中力や動きを感じることで、感動し生きていることを感じてほしい、子供たちには彼らを見て、自分もアスリートになりたいと思ってもらいたいです。

デザインチームと一緒にこの方向性を模索していきましたが、必ずしも我々の挑戦がうまくいった訳ではありません。我々がこれまで培ってきた方法でアイデアを実現するため、イラストレーター、Im-jac.comのアイリーン・ヤコブスに協力を求めました。彼女のスタイルは我々のコンセプトとマッチしていて、我々が望むものを完璧に理解してくれました。

最終的に出来たのは、地図や標識、記号、出版物などに使われるスポーツピクトグラムと、その延長にある細かいイラストの2種類のスポーツイラストレーションです。細かいイラストの方は、ふんだんに色を使い、アスリートのイメージに、表情、感情、ダイナミクスを与えています。制作の最初の段階は、すべて手書きのスケッチから。それをコンピュータに取り込み、手を加えていきます。時間はかかりましたが、仕上がりは完璧です。

Leo Obstbaum

北京オリンピックから学んだことを教えて下さい。

北京オリンピックは、特にデザインの面でずっと注目していました。過去の成功から学ぶことはあるけれど、同じことを繰り返したくはなかったし、見ている方もそれを望んではいないと思いますので。北京オリンピックは、豊かな歴史と素晴らしい伝統を持ち合わせながらも、モダンな国である新しい中国の力強いメッセージを世界に伝えるという大きな功績を成し遂げたと思います。そのデザインは、アテネオリンピックと同様、その地の文化や歴史を反映し、中国オリジナルなものでした。

過去のデザインディレクターから影響を受けましたか?

オリンピックのデザインに関しては沢山勉強しましたが、60年代、現代の技術がないような時代に、どうやって私たちが手掛けているのと同じ量の仕事をこなしていたか知ったときは驚きました。私のスタイルは、合理主義者とポップカルチャーが混ざったスタイルで、それをバンクーバーオリンピックで垣間見ることが出来ると思います。過去のデザインディレクターたちは、みな傑出していて、偉大な功績を残しています。このオリンピックデザインの伝統的な歴史の1ページになることが出来るのは、我々の特権ですね。

Leo Obstbaum

今から2010年までのプロジェクトでは何がテーマですか?

現在は、トーチのデザインの仕上げ段階で、同時にメダル、表彰台、チケット、トーチリレーのアイデンティティなどのデザインもしています。今から大会までに、記念パンフレットも含めて200以上の出版物を作らなくてはいけません。
まだまだやることは山積みですが、面白い旅になりそうです。

好きなスポーツはなんですか?

前述の通り、あまりスポーツの経験はありませんが、若い頃はスケートボードやスノーボードをしました。今では娘とサッカーをしたりもします。スポーツを見るのが大好きで、特にダイビングやスキージャンプ、スノーボードのハーフパイプなど重力に逆らったスポーツを見るのが好きです。

SHIFT読者に向けてメッセージをお願いします。

2010年バンクーバーオリンピックのグラフィックアイデンティティとピクトグラム、楽しんで頂けたでしょうか。スポーツに関してだけでなく、カナダの文化や環境についても感動していただければと思います。オリンピックやパラリンピックに携わるチャンスがあったら、迷わないこと!人生が変わりますよ。

他の情報は「vacouver2010.com」で見ることが出来ます。2010年、このユニークな土地、カナダで世界の皆様をお待ちしています。

Text: Yurie Hatano
Translation: Tatsuhiko Akutsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE