オラファー・エリアソン「ニューヨーク・ウォーターフォールズ」

HAPPENINGText: Yoshitaka Futakawa

大きな滝を見に出掛けたことはあるだろうか?山を登り始めて、息も切れ始めた頃に何処からともなく微かに聞こえ始める水しぶきの音。突然開けた視界に広がる美しい滝…。登山に自信はないけれども大きな滝に(しかも4つ)関心のある方には朗報がある。

ニューヨーク・ウォーターフォールズ
ブルックリン・ピア

5月に東京で訪れた森美術館でのターナー賞展 では、残念ながら彼の作品を目にする機会に恵まれなかった。そしてまた、2003年、テート・モダンの「ウェザー・プロジェクト」で5ヶ月の会期中に訪れた200万の訪問者の一人となることも叶わなかった。その時に、200本の電球と鏡や霧を使った幻想的な世界で訪れた者を包み込んだアーティスト、オラファー・エリアソンが本日の主役である。

ニューヨーク・ウォーターフォールズ
ブルックリン橋袂(ブルックリン側)

既にこの記事の写真をご覧になっただろうか?ニューヨーク市のダウンタウン、僅か3キロ四方の地域に造られた4本の滝。組み立てられた高さおよそ40mの骨組みから流れ落ちる人工の滝は、ウォーターフロントのアクセントとして十二分な存在感を示している。アートとは何なのか、公園にある噴水とこの人工の滝との違いはなんであるのか。そんな疑問が浮かんだら是非、水辺でゆっくりと時を過ごしながら、心行くまで問い続けて欲しい。夏の水辺はいつでも涼しげだ。

ニューヨーク・ウォーターフォールズ
ピア35

芸術と科学が非常に似通った領域に感じられるのは私だけであろうか。共に人智や技術の限りを尽くして、自然界を分析して再構築していく過程を持つ。このコペンハーゲン生まれのアイスランド人はその境界を人々に意識させるアーティストの一人ではないだろうか。比較的にシンプルな装置に光、水、風、温度といった道具を巧みに操りながら、観衆の感覚を魅了していく。そして、その自然界において重要な構成要素でありながら、時として希薄になりがちな時間の存在と共に。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MATZ(マッツ)
MoMA STORE