エリック・シウ

PEOPLE

香港出身の若きアーティスト、エリック・シウのクリエイティブマインドは、2007年よりニューヨークにて開花した。アジアン・カルチュラル・カウンシルの協力のもと、ロスアンジェルスに拠点のある「18ストリート・アートセンター」でレジデント・アーティストとして活動し、その後ニューヨークの「ロケーション・ワン」へ居を移した。彼のインタラクティブな作品は、テクノロジーと人間の感覚の融合により、観る者を新たなレベルにある体験へと誘っていく。「Sliding White」と題する彼の映像作品は、2005年の「世界ロボットオリンピック」のポートランド大会で上映。その他の作品も、アメリカ、オーストラリア、日本、韓国、ドイツ、中国といった世界各国にて披露された。

エリック・シウ

なぜ、ビデオを作り始めたのですか?ニューメディアを選んだ理由は?また、どの様に夢中になっていったのでしょう?


高校時代、僕は、デッサンに夢中でした。特に漫画です。それから、興味は、アニメーションに移っていきました。ちょうど、ボケーション教育大学の生徒だった頃です。(実は、そこで、2005年から2年間教鞭をとっていました。)3次元とか2次元とかを飛び越えて、僕は4次元の探究を始めました。というのも、僕は、既存メディアよりも、自分の創造性で満足感を得るのが好きだからです。大学卒業後、香港の市立大学で、クリエイティブメディアのコースを取り、そこでは、ビデオ制作やアニメーション制作を、より芸術的で実験的な方法で始めました。メディアという特定の意味を定義するために、実験を重ねて「メディアアート」の概念を確立することに夢中になりました。

エリック・シウ

「eeyee」はあなたの最近の作品の一つですよね。観る人に何を伝えたかったのですか?

eeyee」は、以前作った「オプティカル・ハンドラー」の延長版みたいなものです。「オプティカル・ハンドラー」は、立体視覚イリュージョンの概念を用いて、モバイルな視覚を3次元の感覚で生み出したもので、新機能は、4つの液晶と4つのカメラから構成されていて、初期版よりもバージョンアップされたものです。4つの液晶は、2つで1セットで、右目部分と、左目部分の正面にそれぞれ並んで設置してあります。結果的に、この設定で脳が正常に機能しているとき、モバイル立体視が可能となるわけです。「eeyee」のぎょろ目は、それぞれ液晶が設置されていて、「eeyee」の目を通して、通りがかりの人に見てもらおうと、外に向けています。そうすると、ずいぶんと親しみやくるなるからです。

つまり、この作品は、体から視界を解放したのです。頭蓋骨の下に目があって見る、という行為が一生続くものだと思っていたのに、テクノロジーを通して、手のコントロールで視界を操作できるようにしました。

エリック・シウ

「eeyee」は、ユーザーに今まで味わったことのない視界を与えるのです。僕は、人々の驚きを描写したいし、どのようなリアクションをしたのかを観察したいのです。人々に予期せぬ喜びを与えて、考え方を変えさせたい。ある人は実用的な「eeyee」の使い方を提案してくれるでしょう。僕は時間をかけて、現在進行中のプロジェクトのように、「eeyee」を改良していこうと考えています。

どんなビジョンを持っていますか?

僕が思うに、アートは自分自身を理解するのに非常に役立つということ。作品を通して、何度も繰り返される表現方法に、思考の論理性を発見するのも面白いし、なによりも世間とずっと繋がっていられるからね。

エリック・シウ

インスピレーションはどこから湧いてくるのですか?

基本的に日常生活かな。アイデアが頭をコンコンとノックして、自分が日頃から目にしているものをくっつけたりするのです。時には、書物からだったり、地下鉄で見た人の顔だったり、どっかの殴り書きであったり、学習したことのあるセオリーだったり。それを練り直して、新しいコンセプトに仕上げるのです。ハマっているときなどは、精神的に、体がパーツごとに分離して、それを自分の心とそれぞれ結合していくような感じになります。思うに、人間の反応や相互作用というものを発散するのが僕のアートの一部だし、それを探求していくのが好きなんです。

なぜアメリカでキャリアを続けようと思ったのですか?これからの計画を教えてください。

ここアメリカのアートシーンはとてつもなく大きいし、展示スペースも膨大です。つまりは、膨大な数のアート作品に触れる機会があるということなのです。それに、多様な文化で育った人々がどんな反応を示すのかを見てみたかった。東洋の国からやってきた僕にとって、アメリカの文化、コミュニケーション、考え方など全てが、インスピレーションの源にもなります。それが自分の作品に取り入れられるのがとっても楽しみです。

エリック・シウ

香港のメディアアートや、アート業界についてはどう思いますか?

アーティストとして独り立ちするということは非常にタフでなければならないと思います。まず、観客の数は少ないし、設備も充実していない。アートに対する認識もまだまだこれからでしょう。つまり、教育がとっても重要になってくるということです。人々にいろんなアートを見せて、どこが面白いのかを知ってもらうなど。でも、香港ではパブリックアートは大歓迎だから、可能性は持っていると思います。新しい形として、広告、フィルム、映画、エンターテイメント業界へと拡がっていくことはできるでしょう。その中のいくつかは、すでに動いています。

東洋文化の中で育ったことは、あなたのアートにはどんな影響がありましたか?

都市の構造がとっても影響していますね。この小さくて混雑した街にいて、常に何かがそこら中で起きている状況下で、多すぎる情報の中から、大事なものはこれだって見極められる能力が付いた。香港は、多種多様な文化を持つ、極めて完璧な媒介都市です。僕は、全く無関係な状況、事柄を自分の創造力でくっつけていくのが好きなんです。こうしたしっかりとした考え方は、このような都市でしか培えないものだと思う。僕のアイデアは複雑なかたまりの中で理路整然とされて、特別な意味に焦点を当てて、新しい選択肢を導き出すのです。

アジアの若いアーティストが増えてきていますが、何かアドバイスをお願いします。

僕が思うに、アーティストにとって最も難しいのは、本質を見失わないということ。特に初期段階で。アートはすぐに結果が目に見えるものではないから、現実的であることがいつでも良い方向に進むとは限らない。経済的な理由から、才能があったのに諦める人を見ると、とても悔しくなります。でもこれは良くあることなんです。香港は奇妙な土地柄ですね。アートが非常に過小評価されて、世間から疎んじられていくし、そういう社会というのは、アーティストが生きる場所を狭めていくことにもなる。僕が若いアーティストに言いたいのは、アートを創造する情熱と興味を持ち続ける限り、とにかく続けろ!ということです。過程はとてもタフだけど、もし途中で投げ出したら、自ら才能を投げ出すことにもなるのだから。

彼のスタジオでインタビューした後、この現実世界でアーティストとして成功するのに必要なのは、自分の信念と強力な精神を信じていくことなのだと思いを巡らせた。それは、アーティストとして生き残るためのサバイバルキットなのだろう。それ故に、ギャラリーの作品を見に行くことは、宝を発見するということに似ている。

Text: Josephine Sze Chan
Translation: Kazunari Hongo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE