東恩納裕一

PEOPLE

蛍光灯のモンスター。
東恩納裕一
日常生活で感じたこと、そこに現れる説明不可能な違和感や不気味さをインスピレーションに、絵画、オブジェ、インスタレーションなどの作品を手がけるアーティスト、東恩納裕一氏。言葉では説明しにくい、複雑で曖昧模糊とした不気味なものが、作品というフィルターを通して、視覚的により鮮明に見る者に訴えかけてくる。最近では、世界最大のガラスに関わるアーティストのためのアワード「ボンベイ・サファイア・プライズ2008」で日本人初の受賞を果たし、5月16日より「CALM & PUNK GALLERY」にて開催される個展「refract!」を間近に控えた東恩納氏に、ご自身や作品についてお話を伺った。

東恩納裕一
“untitled(chandelier-VII)” 2005
125×110×99(h) cm, 蛍光灯、アルミフレーム、配線コード、結束バンド、安定器, ed.1/2
© Yuichi Higashionna Courtesy: Yumiko Chiba Associates

はじめに自己紹介をお願いします。


東恩納裕一(ひがしおんなゆういち)、アーティストです。アーティストって何なんのか、あいまいですが、絵画、オブジェ、インスタレーションなどを制作しています。

いつ頃から作家活動を始められたのですか?

現在に繋がるような作品を制作するようになったのは‘94年くらいからです。

作品は主に身近なものを使っていますが、なぜそれらに着目したのでしょうか?

着目したというより、気付いたら、それらが避けようもなく自分の身近にあって、さらに、それらは、自分にある種、説明しにくい複雑な感情を起こさせるものでした。

東恩納裕一
© Yuichi Higashionna Courtesy: Yumiko Chiba Associates

いろいろ作品を見させていただきましたが、やはり蛍光灯を使った作品はインパクトがありますね。この作品を作るに至った経路を教えてください。

ある時期から日本は“蛍光灯の王国”だと薄々思ってはいたのですが、蛍光灯をさらに意識的に使用するようになったのは、サークル型のランプが日本(の家庭)で独自に普及にしていることに気付いてからです。蛍光灯のシャンデリア作品は、そんな日本の“蛍光灯文化”にインスパイアされて、蛍光灯のモンスターをつくろうと妄想したのです。

私の頭の中の想像ですが、東恩納さんの作品が並ぶと頭に渦が起きます。とても不思議で、不気味で。でもなぜか落ち着く感じが頭に広がってます。東恩納さんは自身の作品に囲まれた時、どのような感情(感覚)になりますか?

自分にとっては、完成した作品よりも、制作のモチベーションの方が重要です。私の作品は、日常のなかで感じる“不気味さ”(フロイト)から生まれることが多いです。フロイトは、“不気味なもの”について、身近にあるのに疎遠…、通常は隠されているものが表に現れてしまった状態…、というように説明しています。これは、矛盾しているようですが、感覚的にとても腑に落ちます。

東恩納裕一
“dazzling & doodling”GALLERY at lammfromm(東京)
© Yuichi Higashionna Courtesy: Yumiko Chiba Associates

作品はどのような環境で作られてますか? また何からインスピレーションを受けていますか?

制作は、基本的にはスタジオで一人で行う作業です(最近は、工場に発注などもしますが)。(くり返しになりますが)作品のモチーフは、日常のありふれたものばかりです。そのなかに、自分でも説明しにくい違和感や不気味さを感じて、それが制作のモチベーションになることが多いです。

身近なもので気になっている素材はありますか?

制作するうえで、素材はあまり問いません。素材から発想する、ということ事体があまりないかもしれません。

東恩納裕一

今回、CALM & PUNK GALLERYで開催されるインスタレーション「refract!」。直訳すると「屈折」と言う意味ですが、なぜこのタイトルになったのでしょう?

展示の際は、自分でも自分がそのとき何を考えているか、何を行おうとしているのか、多少でも明確にするためにタイトルをつけたり、コンセプトなどを言語化する作業をします。自分でも後から気付いたことですが、最近、そのテキストのなかで頻繁に「屈折」という言葉を使っていました。アートは、一種の“鏡”として、人々の視線や思いを反射する装置かもしれないですが、その際、単純に反射するのではなく、そこに乱反射や歪み、「屈折」が起きます。そして、もちろん、人々の視線・思考を「屈折」させる作品を作りたい、という思いもあります。また、(日本語にもなっているレフレクションと比較して)、「refract」という馴染みの薄い言葉に、物質感や、ざらつきのようなものを感じて、気に入りました。

今回のインスタレーションで発表する作品を教えてください。また新作アニメーションを発表されるそうですが、どのような内容でしょうか?

新作の大型シャンデリアをメインに、ミラーボール、絵画、インスタレーションなどです。アニメーションとはいっても、通常思われる(マンガなどの)アニメではなく、オブジェをコマ撮り/編集したシンプルな作品です。

東恩納裕一
GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA

アーティストブック「GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA」が発売されますが、どのような内容になっていますか?

近年の作品を、モチーフ毎に、私のテキスト(日/英のバイリンガル)付きで紹介するヴィジュアル・ブックです。

今後の活動について教えてください。

(昨年後半から現在まで)ずっと展示が続いていたので、夏は制作に集中したいと思います。今年後半は、ニューヨーク、名古屋、パリと個展がつづきます。
マリアン・ボエスキーギャラリーより「Art 39 Basel」(バーゼル、スイス)のアートフェア(6月)及び、「第7回光州ビエンナーレ」(光州、韓国)のグループ展(9月)に参加予定。

東恩納裕一 個展「refract!」
会期:2008年5月16日〜 6月5日
時間:11:00〜19:00
入場:無料
会場:CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
住所:東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL:03-3401-0741
共催:ユミコチバアソシエイツカームアンドパンクギャラリー

東恩納裕一GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA
仕様:64ページ、210mm×297mm、ハードカバー
定価:本体3,500円+税(予価)
ISBN:未定
発売:2008年5月16日
発行元:ガスアズインターフェイス株式会社
協力:ユミコチバアソシエイツ

Text: Kazumi Oiwa, Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE