NIKE 公式オンラインストア

DMY 2008

HAPPENING

「デザインの街」ベルリン。
DMY 2008
ベルリンという街の名を聞いて、まず人は何を思い浮かべるだろうか。ベルリンの壁、東西分断。そして壁の崩壊。その後の発展、有名建築家による建築の数々。アーティストの集まる街。常に何かが起こる、エネルギッシュな場所。いろいろなところで、いろいろな人が何かを始め、いまだに発展しているということが実感できる土地。
しかし、それぞれの環境、活動によって出てくる言葉はもちろん異なるだろうが、最初の一言で「デザインの街」と言う人は少ないだろう。2005年にユネスコによって「City of Design」と指定されたが、街を歩いていると必ず目に飛び込んでくるギャラリーの数に比べ、ベルリンからデザインという言葉を導きだすのはまだ難しい。

そんな中、第6回目を迎えるDMY(Design Mai Youngsters)が5月21日~25日の5日間にわたり開催された。もともとは2003年に始まったDM(デザインマイ)に参加していたこのイベント。独立したオーガナイズで規模が拡大し、DMが今年の開催をみあわせた中、メイン会場であるアリーナで150以上のデザイナー、クリエイティブ・エージェントがそれぞれのデザインを発表、シンポジウム、ライブが行われた。また、ベルリン市内の約33箇所がDMYによってフィーチャーされ、22日にはアリーナから点在する会場をまわるシャトルバスも出て、土地に不慣れな人、自分でまわるのが面倒くさい人にもありがたい試みがあった。

DMY 2008


メイン会場となったアリーナは、1927年に運送会社が建てたレンガつくりの巨大な倉庫、7000平方メートル。当時、シュプレー河を使った内陸水運の重要な港のそばにあり、バス240台をとめることができたという、支柱のないホールとしては当時のヨーロッパで最大規模のひとつ。  
視界をさえぎるものがないため、空港のチェックインカウンターを模した受付を過ぎると、思わず「でかっ」と、唸ってしまう。ブースのようになっているが、天井が高いのでテーブル、椅子、棚などの家具、ランプなどを、圧迫感がなく見て回ることができる。

DMY 2008

家具類は木製のものが多く目についた。引越しのときに便利だなとつい考えてしまう組み立て式、使う人の状況にあわせてフレシキブルに使用できるもの、壁を利用するもの。また容器とテーブル、ランプとテーブル、棚とテーブルなど、二つの家具類を組み合わせたデザインも印象に残った。

DMY 2008

PYG(Patricia Yasmine Graf)の本棚は、壁にもたせ掛けるタイプ。さまざまな大きさの四角い穴に差し込んだ本自体の重さで支えられる。棚板がなくても本棚として成り立つデザインが新鮮。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE