C.NEEON

PEOPLE

「斬新なカラーワークと独創的なパターンワーク」。

c.neeonc.neeon

front: Clara Leskovar, back: Doreen Schulz

c.neeonはベルリンを拠点に活躍するテキスタイルデザイナーのクララ・レスコバとファッションデザイナーのドレーン・シュルツのファッションブランド。2001年から共に活動し、2004年にレーベルを立ち上げた。彼らの服は、カットアップされた非常に手の込んだテキスタイルデザインやドイツらしいシャープさ、ネオポップアートとエレガントなストリートウエアを掛け合わせたようなスタイルだ。


2005年、フランスで開催された第20回目にあたる「Hyères Festival International de Mode & de Photographie」にc.neeonは招待され、そこでグランプリを獲得。更に同年、当時「日本におけるドイツ年」だった日本で、代官山にあるヒルサイドテラスにてドイツ新世代のファッションデザイナーを紹介する展覧会「moDe!」が開催され参加した。Topshopのコレクションを発表し、ロンドンファッションウイークでもショーを行った。2006年にはドイツ工芸博物館で「In Sachen: c.neeon」という展示が開催された。

c.neeonc.neeon

Vogelhochzeit – AW08/09 Photo: © Alex Kohout, Casting: Martin Franck, Make-Up: Feride Uslu

服を作る時、何から影響を受けていますか?

クララ:私たちは、バウハウスの理念を受け継いでいるベルリン・ヴァイセンゼー美術大学で学んだということもあり、バウハウス期の建築やファインアートに影響を受けていると思います。他にはウィーン・ワークショップやアールデコ、ロシアのコンストラクティビズムなど。あと、ソニア・ドローネー・テルク作品にある素敵なカラーパターンも好きです。

ドレーン:私たちが通った大学は、異なった学問分野をまたがって勉強する大学で、それはバウハウスのモデルそのものです。私たちが一緒に活動するのもそういう理由からです。大学では同じコースをとってました。

c.neeonc.neeon

Vogelhochzeit – AW08/09 Photo: © Alex Kohout, Casting: Martin Franck, Make-Up: Feride Uslu

お二人はどのように一緒に仕事をされますか?

ドレーン:クララがテキスタイルデザインを担当しています。生地、プリント、柄のデザインから制作まで全てです。私が服のデザインを担当し、裁断や裁縫をします。

クララ:コンセプトを考えたり、最終デザインについては2人で話合うことが多いですけどね。

ドレーン:服の形が表面のデザインに影響を与えたり、その逆だったり。私たち独自のプリントしか使いません。。生地はいろんな色を多く使っていて、テキスタイルデザインには力を入れています。

クララ:他の企業からプリントものの生地を買うことはないですね。

どこで製作されていますか?

ドレーン:自分たちのアトリエでプロトタイプを作ります。製造の一部はドイツの東、ザクセンで行い、イタリアでも行ってます。クオリティの高い仕事が好きです。持続可能な製品作りを心がけてるところと一緒に作っていきたいです。貧しい国から搾取するようなやり方には反対です。

c.neeonc.neeon

Sharing sectrets – A/W07/08 Photo: © Alex Kohout

c.neeonについて説明してもらえますか?

ドレーン:最初にお話したように、ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学で学んだことが最初の始まりです。当時ファッションデザインを教えていたエヴァ・ミュッケ教授の影響を強く受けました。エヴァは1981年から教えていて、旧東ドイツ時代から数多くのファッションのことを手がけていました。

クララ:エヴァは東ドイツバージョンのVogueと言われる「Sibylle」の仕事もしていました。

ドレーン:それで、2004年に卒業し、後に受賞することとなったファッションコンペに応募するまでには、いくつかのコレクションをやりました。

クララ:その受賞した「Hyères Festival International de Mode & de Photographie」というコンペのグランプリは、ヨーロッパの若手ファッションデザイナーが獲得する最高の賞のひとつなんです。獲得する賞金の大きさということよりも、ファッションデザイナーとして世の中に出て行くための素晴らしい機会を与えてくれるんです。私たちは、1年間プロモーションサポートしてもらい、イギリスの革新的なファッション小売店、Topshopのコレクションを行うことができました。

そのコンペで受賞すると思ってましたか?

クララ:全然! 大抵の受賞者はフェミニンな服を作っていることが多かったから。私たちのはもっとカジュアルラインなので。

ドレーン:私たちが提出した作品は色を強調した冬物コレクションでした。モデルみんながたくさんの生地で包まれるような。フェミニンファッションとは逆のことをやってましたから。

クララ:ちょうどそのコンペティションの20周年を迎えた時で、その優勝者がフランス人でなくてドイツ人だったなんて! きっとショックを受けた人もいたんじゃないかしら。大抵のクオリティの高いファッションはベルギー、フランス、イギリスからなので。

c.neeonc.neeon

Mini collection for Topshop Photo: © Alex Kohout

c.neeonというのはどういう意味ですか?

ドレーン:cはクララ(Clara)のcで、neeonは私の小さな妹がドレーン(Doreen)を間違って発音したことから由来してます。女性らしくもなく、男性らしくもないような名前を付けたかったんです。

c.neeonc.neeon

Do you remember the first time – SS06 Photo: © Shoji Fujii

ファッションをやってるのはなぜですか?

ドレーン:自分自身のためです。もともとファッションビジネスが背景にあるので、テキスタイルとか服には小さい頃から慣れ親しんでました。

クララ:大学で勉強を始めた頃、いろんなことを受け入れようとしてました。表面デザインや色、パターンが好きだったのですけど、同時にファッションにも、もっともっと興味を持つようになって。ドレーンと友達になったのは、ちょうどその頃です。仕事で好きなところは、アイデアをコレクション毎に変えられること。どの新作コレクションを手がけることも、私にとっては新しくチャレンジすることなんです。

経歴を教えてもらえますか?

クララ:ベルリン育ちで、クロイツベルク、ティーアガルテン、プレンツラウアーベルグなどの地区に住んでました。ドレーンは、ドイツの中心から東に位置するチューリンゲン出身です。すでに10年以上はベルリン在住ですけど。

少し日本について話して下さい。

ドレーン:「日本におけるドイツ年」だった2005年に日本へ行きました。東京は素敵ですね。ちょうど季節は春で、公園へ行ったり。ベルリンと似ているところもありますね。東京はもっと疲れるところかと思ってましたが、案外穏やかなところでした。東京の横道が好きです。

日本のファッションデザインは好きですか?

ドレーン:もちろん! ヨージ・ヤマモトイッセイ・ミヤケは素晴らしいです。そういえば、「local foreiner(地元の外国人)」というタイトルの2007年春夏コレクションは、日本との出会いがきっかけとなってます。どこかのフリーマーケットで見かけた着物の帯にインスパイアされたり。

c.neeonc.neeon

Local foreigner – SS07 Photo: © Alex Kohout

どんな音楽が好きですか?

ドレーン:インディーロックなどのバンドもののコンサートによく行きます。10代の頃にはパンクバンドを組んでたこともありましたよ! とにかく私にとって音楽は結構重要で、c.neeonの、特にファッションショーのイメージを構想するのにも役立ってます。最初のコレクションは「Daydream Nation」というソニック・ユースのアルバムからとったタイトルでしたし、その時使った音楽はPulpというイギリスのインディバンドの曲を使いました。

ベルリンのアートや音楽シーンはどうですか?

ドレーン:JORINDE VOIGTのオープニングに行きました。彼女の作品は好きですね。でも普段はあまり外に遊びにいく時間がないんですが、アートや音楽は楽しんでるし、仕事で出会う人々から影響受けたりしてます。

将来c.neeonをどのように発展させていきたいですか?

ドレーン:もっと女性らしいファッションをやってみたいです。カジュアルな感じも残しつつ、更に成長させた形でね。3月にコレクションを終えたばかりなので、少し休憩して新しいアイデアを探そうと思います。もちろん9月にショウを行う予定です。

日本国内での問い合わせ先:
DUNE
Tel: 03-5206-7166 

Text: Shintaro Miyazaki from la-condition-japonaise, Berlin
Translation: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE