長沼里奈

PEOPLE

長沼里奈は札幌市内在住の映画監督。1981年札幌市生まれ。高校1年生の時より映画を撮り始めて、高校卒業後はCM制作の仕事、学生とワークショップを行ないながら映画を撮っている。また「映蔵庫」という自主制作映画の上映イベントを企画する団体も主宰している。今回、新作「まぶしい嘘」を発表した彼女に、そのルーツから話を聞いてみた。

長沼里奈
Photo: Minaco Satou

映画はもともと好きだったのですか?


好きでした。といっても、毎日のように映画館に通うとかではなくて、TVでロードショーを楽しむという程度です。好きなのも、ジャッキーチェン、ジブリ(宮崎駿)、スピルバーグ、が今でも好きな映画の基本です。私は同年代の映画を撮っている人と比べて映画って全然観ていないほうだな、と思っています。

長沼里奈
Photo: Satoshi Momma

映画監督になろうと思った理由を教えてください。

一番の理由は映画が好きだから、というのとはちょっと違うと思います。小学生くらいの時からクラス委員とか、みんなをまとめたり引っ張ったりということが好きだったんです。きっと子供心に大きな映画の現場を仕切っている「映画監督」ってカッコイイなぁって思ったんでしょうね。

映画を撮り始めたのは高校一年生の時です。同級生の女の子に出演してもらって撮影していました。以降、私の作品で彼女をずっと撮り続けて行くのですが、当時は監督である私と役者の彼女、ほとんど二人だけの撮影現場でした。きちんとした脚本も作らず台詞も音も無い、どちらかというと「感情」をテーマに撮っていました。

高校が卒業間近になった時、記念に上映会をやりたいなと思いました。それまで作品は外にむけて上映したことはありませんでした。はじめは友達だけ呼んで学校内でアットホームな上映会をと思っていたのですが、ここでも「仕切り屋」の性格が出たんでしょうね(笑)せっかくやるなら「イベント」としてたくさんの人に自分たちの映画を観てもらおうと企画し「 映蔵庫 」という自主映画の上映イベントを行ないました。これが知り合い以外にも、たくさんの人が観に来てきてくれて、自分よりずっと世代が上の映画を作っている人や、その他いろいろな人と知り合うキッカケになったのです。

長沼里奈
Photo: Satoshi Momma

高校卒業の進路はどうしたのでしょう?

大学や専門学校に行って「映画を学ぶ」ということに当時の私はあまりピンと来なかったんです。きっと「感情」を撮っていたということにつながるのでしょうが、技術的な「映画の作り方」よりむしろ湧き上がってくるものを今この瞬間におさめていたいという欲求のほうが強かったです。その都度その都度の感覚的な部分に対しある種のリミットを感じていて撮り急いでいたのかもしれません。だから技術的な部分の学びはきっともう少し後でもいいのかなと思っていました。今はこの衝動を大切にしたいと。

高校卒業記念の上映イベント「映蔵庫」のおかげでたくさんの方と出会い色々なところで上映できたり、助監督の経験や大学でのワークショップに呼んでいただいたりとあっという間に時間は過ぎていきました。当時は十代の女の子がどこにも属さず映画を撮っているということが珍しかったのでしょうか、たくさんの出会いとチャンスをいただき試すことが出来ました。めまぐるしい中、それでも私は映画の中で「感情」を描き、また出来上がった作品を「映蔵庫」という上映イベントとしてスクリーンで上映することも大切にしていきました。映画を作り、そして上映も自分たちの手で行うというスタイルはこの頃から始まりました。

私のターニングポイントとなる作品に「丹青な庭」(2002年)という映画があります。これは二十歳のときの作品で、日々受けるたくさんの刺激の中で自分の映画に対する情熱に多くの方が賛同していただいた中で撮影しました。現場ではプロの方々のサポートで技術的にもクオリティの高い仕上がりになりました。南フランスの映画祭でも上映ができ、またそれ以降一緒に映画を作っていける仲間との出会いもありました。

「丹青な庭」という大きな映画の現場で自分の可能性や、自分に対する見られ方、また自身の未熟さと向きあえたりと多くを学ぶことが出来ました。そしてコミュニケーションの大切さ、伝える、ということも私には足りなかった部分であり大きく影響しました。次の作品に取り掛かる前にそれらについて考えたり試したりする時間が必要だったんだと思います。

そんな中、2004年に「Mixer」というイベントを行ないました。これは過去の作品上映に加えて、ライブパフォーマンス、そして「変化」というテーマでスチール写真の演出を手がけ作品展示もお客さんが体感できるような仕掛けをしました。作品づくりにおいて明確なテーマを掲げたのは初めてでした。私にとってスタッフや観客とのコミュニケーションに対する実験でもありました。

長沼里奈「まぶしい嘘」
「まぶしい嘘」

最新作「まぶしい嘘」の制作について教えてください。

主演は飯塚俊太郎さん、そして一作品目から私の映画に出演してくれている成田愛裕美さんにお願いしました。飯塚さんとの出会いは夕張映画祭の会場でした。当時まだ高校生だった私たちの話を真剣に聞いてくださり、その年に撮影した「女子高戦記」(2000年)に出演していただきました。相手が高校生だろうと本当に札幌までポンといらっしゃるそのフットワークの軽さに脱帽し、そして「いつかお互い成長しあってまた一緒に映画を作ろう、その時は僕が主役の脚本を書いてくれ」と約束しました。私はまだまだ未熟ではあるのですが、「その時」が今なのではないかと感じ、出演依頼をしたところ快く引き受けていただきました。普段はワハハ本舗の冷蔵庫マンとして会場を冷やしっぱなしの飯塚さんですが今回は大人で格好良い私たちの大好きな俳優・飯塚俊太郎を撮りたいと思いました。制作は2005年よりスタートして、一ヶ月にわたって札幌・小樽などでロケ を行ない、色をなくした孤独な画家と、失明を迎える女性とのラブ・ストーリーを撮りました。

長沼里奈「まぶしい嘘」
「まぶしい嘘」

なぜ今回はラブストーリーなのでしょう?

たっぷりと時間をかけて新しい映画について考えていました。そんな中で上映会ごとにお客さんに書いていただいている過去のアンケートを読み返しました。もちろん映画ですので賛否両論ですがいずれにしても感想のほとんどは「映像がきれい」などの表面的な「感覚」のものばかりでした。やはり私の作品はどれも台詞やストーリーが無くある意味では難解なものが多かったのかもしれません。その分視覚的な映像表現における印象が強く、もちろんそれが持ち味と評価してくださる方もたくさんいらっしゃいますが、あくまで自分は「感情」を撮っていたにもかかわらずそれが伝わっていないことがわかりました。

あらためて「感情」を描きたいと思いました。今まで私は衝動的な感情で撮っていましたが今回は映画の登場人物から生まれる感情をおさめていきたい。そしてそれを観た方たちの感情がどう動くのか知りたい。そう思いました。これってすごく当たり前のことなのかもしれませんが今まで私は映画制作において誰かの何かのために、と作ったことがなくてこれは大きな変化だと思っています。なので題材はラブストーリーを選びました。私もそうであるように恋は誰でも経験があります。入り口を出来るだけシンプルにしてそして自分の世界へ連れて行きたい、八作品目にして初めて台詞とストーリーのある脚本を書きました。

最後に、今後の予定を教えてください。

「まぶしい嘘」は5年ぶりの新作です。映画作りにおけるコミュニケーション、もちろん映画の中で伝えたいこと、自分の中にある感情や感性、そういったこれまで考えていたことの答えがもしかしたらこの映画を撮ることで見つかるのではないかという実験でもありました。そういう意味でまだまだ私にとって映画を撮るということはパーソナルなものなのかも知れません。

「まぶしい嘘」を上映し観ていただいた皆さんのアンケートを読みました。内容があきらかに変わっていました。こうしてまたひとつ私は救われています。やっと、初めて「映画を撮れた」とさえ思っています。まだまだ多くの答えが隠されているとは思いますがこの映画をスクリーンで上映し、足を運んでくださる方たち、待ってくれているファンの皆さんに観ていただくことも映画制作と同じくらい大切なこととして続けていきたいと思っています。何よりも私の作品を観てくれた方の感情が目の前で動いているのを目の当たりにするのはとても刺激的です。

インタビューを終えて

「まぶしい嘘」は、前作「丹青な庭」のアパートで自由を奪われている女性を見に来る男性という非日常な内容に比べると、ひどくスタンダートな作品に思える。しかし、編集のキメこまかさによるシーンのこだわりは前作以上のものを感じるし、2人の電話での会話や、画家が色を思い出すシーンなど印象深い映像もある。ラストの静粛さはとても美しい。次の上映を見逃さないようにサイトをチェックして欲しい。

「まぶしい嘘」予告

まぶしい嘘
出演:飯塚俊太郎、成田愛裕美、他
監督/脚本:長沼里奈
2007年公開映画・66分

Text: Shinichi Ishikawa (Numero Deux)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE