NIKE 公式オンラインストア

香港&深圳、都市・建築ビエンナーレ 2008

HAPPENINGText: Thomas Chung

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
Prison Cells

今回のビエンナーレは、香港の中央警察建築群(Central Police Station Compound)にて開催される。19世紀の中頃の植民地時代初期に作られたこの歴史的な建築群には、法定古跡に指定されている貴重な指定文化財が立ち並び、かつては警察、裁判、刑務所などのシステムがそこで機能していた。展覧会自体は、都市構造部門・建物構造部門・香港モデリング部門・都市間ネットワーク部門・改革部門・構想部門の6つに分けられ、建築群の入り組んだ空間の連続に新しい作品たちが織り交ぜられていく。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
Riken Yamamoto

貴重な文化遺産に触れることができるだけではなく、ホットなトピックについて学び、考えさせられる展覧会。「ワンチャイ・リー通り、サイインプン、セッハプメイをいかに再生すべきか?」「閉港後のカイタック空港と入り江の構想は?」「香港のホームレスはどうやって雨風をしのいでいるの?」「港珠澳大橋などの急激なインフラ整備による副次的な問題をどう解決するか?」「中元節のバンブーシアター(年に一度中国のお盆の時期に霊を迎えるための儀式を行う場所)ってどんな造り?」「2008年の北京オリンピックでの自然保護と都市再建のバランスは?」どれも興味深いトピックばかりだ。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
Prison Courtyard

著名な建築家やクリエーターたちによる講義、討論会、ワークショップ、ガイドツアーなども開催され、現地の文化的歴史についての知識を参加者と共有し、いかに都市再構築における建築の役割が大きいかを参加者に伝えていく。また、キャトル・デポット・アーティストビレッジフリンジ・クラブマッキー・スタディーなどでも様々なイベントが開催される。

毎週土曜日と日曜日(2月9・10日を除く)の12:30から18:30まで、25名ずつ90分の無料のガイドツアーが利用可能。受付で事前の予約が必要。

The Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture
会期:2008年1月10日〜3月15日
時間:12:00〜18:00(月曜日休館)
会場:Central Police Station Compound
住所:10 Hollywood Road, Central, Hong Kong
入場無料
TEL:+852 9644 8211
http://www.hkszbiennale.asia

Text: Thomas Chung
Translation: Tatsuhiko Akutsu
Photos: © Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE