ロンドン・ファッションウィーク 2008

HAPPENING

ニューカマーズに注目。

ロンドン・ファッションウィーク 2008ロンドン・ファッションウィーク 2008

Monday 5:00pm Ana Sekularac
ポーランド・プレイスの大通りに面したヴィクトリアン・ハウスの前は、既にプレスやバイヤーでいっぱい。それでもブラックキャブは次々に、わくわく顔の顧客や、疲れきった顔のエディターを連れて来ては落としてゆく。どんどん押してゆくスケジュールにうんざりした顔を見せたりしちゃ駄目。待つのも並ぶのもロンドンっ子はぜんぜん平気。それでこそのロンドン・ファッションウィーク(以下LFW)なのである。

さて二間続きのボールルームでのアナ・サクララックのショウは、ちょっとした演出からスタート。音楽が流れ出したとたんに、二つの部屋を仕切っていた壁がドアごとすとんと地面に吸い込まれた。なんだか窮屈な会場と思っていたところへ、抜け感のあるスペースが登場して一同にほっとするオーディエンスの面々。伊コスモポリタン、デイリーメールのファッションデスクを経て昨年からコレクションを発表しているサクララックの今テーマは、「イタリアン建築」と「女闘牛士」。先シーズンから続く立体的でボリューミーな袖や襟のデザインは、幾重にも重なるフリルによりいっそう美しい彫刻作品のよう。フリルのブラウスや、きゅっとウェストをしぼったスカートは「勇敢かつ優雅」な、女闘牛士のコスチュームからヒントを得たものだろう。モノトーンをベースとしながら、時にきりりとした発色の良い赤と青が使われている。牛と戦うことは稀かもしれないが、現代に生きる女の子たちだってそれなりにいろいろとたいへんなので、内面から強く磨き上げるとともに、すてきな戦闘服を、というところだろうか。 


ロンドン・ファッションウィーク 2008

Thursday 11:30am Bernard Chandran
ブラウンやオリーブグリーンを多用し、トレンチコートのモチーフを使ったトラディショナルながら、どこか挑戦的なコレクションを見せたのはバーナード・チャンドラン。彼のテーマである「マリー・アントワネットのセクシュアリティ」と言われるとなるほどうなずける「自己中だけど純粋でイノセント」なルックを展開した。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

ゴールドの「きのこの山」みたいなジャケットを着たファーストルックはなかなかの好印象。ウェアラブルとアンウェアラブルのとても紙一重な部分がLFWでは注目される傾向にあるようにも思う。ふわりと丸いシルエットのミニドレスはゴールドや全面に飾ったスパングルでモデルが歩くたびに照明を受けてきらきらと輝く。かっちりとしたジャケットスタイルにこそ、ブルーやゴールドの光沢のある素材を持ってきていたのがひときわ目を引く。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

刺繍の施されたメダルが、アクセサリーとして、時に服の一部として効果的にコレクションの全体に登場していた。よく見ると額に納められた19世紀の貴族の肖像画を思わせるレディース・アンド・ジェントルマンのシルエットが刺繍やスパンコールでかたどられている。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

Thursday 12:30pm Steve J & Yoni P
三シーズン目を迎えるスティーブ・ジェイ&ヨニ・ピーは、オフスケジュールながらも注目度の集まるショウ。韓国出身の二人はロンドンファッションの名門「セントラル・セントマーチンズ」の卒業生でもある。奇想天外さこそないが、リアルクローズとしての独創性とディテイルの繊細さには、素直におしゃれ心をくすぐられる。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

ペンシルスカート、短くクロップされたジャケット、そしてフィット感のあるハイウェストパンツがキーアイテム。カシミヤ、ウール、シルクやファーといった異素材を丁寧に縫い合わせたキモノのような絶妙なレイヤーが美しい。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

布製の太ベルト、ジャージ素材でできたサポーターのようなスリーブパーツ、そして甲の部分から膝の辺りまでいくつもの穴でくりぬかれたロングブーツなど、遊び心いっぱいのアイテムも見逃せない。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

カジュアルなラインにぐんと花を添えた大ぶりのゴールドジュエリーは、SHOファインジュエリーとのコラボレーション。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

Friday 15:00pm Louise Amstrup
踊るようにひらひらと、目標への階段を駆け上がることのできる女の子たちの、おそらくは彼女もひとりなのだろう。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

ルイーズ・アムストラップはアレキサンダー・マックィーン、ソフィア・ココサラキ、ジョナサン・サンダースのメゾンで経験を積み、今シーズンがデビューランウェイとなる。映画監督デイビッド・リンチとアーティスト、マン・レイからインスピレーションを得、フェミニンでミステリアスなルックを発表した。

ロンドン・ファッションウィーク 2008

ふんだんに使われたフリルやフレアのたっぷりしたミニスカートで女性らしい甘いデザインを黒のトリミングできりりと引き締めている。レザーとシルク、ウールにシフォンといった素材感の違いで作るコントラストは、いくつものミステリアスな顔を持つリンチ監督の映画のヒロインにシンクロする。ウェストをきゅっと強調したシャープなシルエットは、マルホランド・ドライブのファムファタル、「リタ」がまさに好みそうだ。

London Fashion Week Autumn/Winter 08/09
日時:2008年2月11日〜15日
会場:Natural History Museum (main venue)
住所:Cromwell Road, London SW7 5BD, UK
http://www.londonfashionweek.co.uk

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE