NIKE 公式オンラインストア

バルセロナ国際現代アート・フェスティバル 2007

HAPPENINGText: Gudrun Rau

年に一度、バルセロナのCCCBにて世界中の若手、新人アーティストによる展覧会が開かれる。今年の主題は「バビロン」。アーティストの視点で構築された今日の、もしくは明日の大都市。現在の町は戦争と崩壊を思わせる一方、聖書の言葉「バベル」は人間の傲慢と罰を彷彿とさせる。

BAC! フェスティバル 2007

CCCBの中庭に入ると、収容所のようなインスタレーションにより絶望的感覚に強いられる。このインスタレーションは地下にある美術館の入り口へと続く道にあり、訪問者は通らざるを得ない 。このインスタレーションは別の展覧会のものであるが、「バビロン」の不明瞭さに合っており、また床、壁、天井は黒に塗られているため「バビロン」が地味な暗いショーだと分かる。

BAC! フェスティバル 2007
Michael Wolf, Architecture of Density #12, 2003

しかし、暗闇の中には明るい場所がある。展覧会の最初のセクションは写真で、すばらしく、また同時に不快なものでもある。マイケル・ウルフ(BAC展覧会のキービジュアルを担当)が彼のフォト・シリーズ「アーキテクチャー・オブ・デンシティ(密集の建築)」からの写真を展示している。それらは香港の団地を映したもので、遠くから見ると月の風景、中くらいの距離から見ると、バルコニー、窓、足場の構造となる。その様は、グロテスクで非人間的。しかしもっと近づいて、小さな窓とバルコニーを注意深く観察すると、人間がそこに住むことによって起こった妨害に気づく。

通過を主たる目的としているマイケル・ローソンによる、パブリック・スペースや廊下を展示した、美しく、まるでグラフィックの様な写真もあった。

BAC! フェスティバル 2007
Gosia Hejnat, Plakatomania, 2006

廊下といえば、次のメインアート作品は壁画、都市に最も適したアート形態である。ベルリンを拠点とするアーティスト、ゴシア・ヘニャットは広告塔や看板にペイントし、その意義を変えている。彼女はレイヤーを切り裂き、美術館の壁へと変身させた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE