APMT3

HAPPENING

APMT(アパートメント)は、クリエイティブポータルサイトCBCNETが主催するデザイン&アート・カンファレンスだ。毎回様々な分野で活躍する最前線の面々が登場、それぞれのユニークなセッションがいつも楽しみなイベントである。過去には「TENORI-ON」をいち早く披露してくれた岩井俊雄のほか、浜田武士SEMITRANSPARENT DESIGN、海外からもni9eWeWorkForThemなどが登場。そのワクワクするラインアップとともに、日本でも有数のデザイン・カンファレンスといえるだろう。

APMT3


そして今年の11月17日に、「APMT3 – What’s your color?」が開催された。今回のプレゼンターも、未来派図画工作を主宰する鹿野護、ロンドンからハドソン・パウエル、ウェブを飛び出し始めたエキソニモ、タイポグラフィをおもちゃにした大日本タイポ組合、ニューヨークで活躍するペインター松山智一などなど、幅広い表現を手がけるツワモノばかり。横浜のBANKART1929を会場には約200名のデザイン・アート好きが集結し、肌寒い海風にあたりながら、おなかいっぱいのデザイン談義を楽しんでいた。

APMT3

まず最初は、映像制作集団WOWにも所属する鹿野護。「The 20th Century Voyage」や「HOTEL GADGET」など一連のスクリーンセーバー作品は、ランダムに展開しながら途絶えることのない時を刻む。だからこそ、一回しか見れないひとときの美が際立ってくるのだろう。「自分にとって価値のある作品とは何か、それは記憶に残ること」という一言に、鹿野氏のウィットに富む詩的な描写の核心を見た気がした。今後はさらに作家性の高いクライアントワークも意識していくという。「組織だからできることもあれば、個人でしかできない表現もある。」クライアントワークとプライベートワークを巧みに行き来する働き方そのものが、新しい時代のクリエイティブを示唆しているかのように心地よかった。

APMT3

2番目はロンドンからジョディ&ルーク兄弟によるハドソン・パウエルだ。タイポグラフィやバーチャルリアリティなど多様なバックグラウンドを持ち、グラフィックデザインから、アニメーション、インタラクティブなど表現の幅は広い。様々な大きさのスクリーン上で文字を最も読みやすい状態でディスプレイする「Responsive Type」(2005年SOSOでエキシビジョンをい開催)もそうだが、彼らのデザインは領域をたやすく飛び超えてメディアそのものに働きかける。拾ったインプットをどう料理してアウトプットするのか、彼らに頼んだら何とかしてくれそう(しかも楽しげに!)という期待感を大いに感じるセッションだった。

APMT3

続いてはネットを使った実験的なプロジェクトを多数展開し、今や世界中でインスタレーションを行うエキソニモが登場。途中スクリーンが表示されないハプニングがありつつ、むしろ「おいしい」とハンディカメラで即興に巻き返すあたりは流石の手際だ。勝手にキャラが飛び回るゲームインスタレーションの可笑しさと異様さの表裏一体で、マウスが絶命する瞬間を楽しむ「断末魔ウス」など、ギリギリの表現は近作においても変わらず健在(というかむしろエスカレートは止まらない)。それでも「web退化論」を敢えて掲げ、「そこに人が居る」という事実に真摯に(ゆるめに)迫ることで、インタラクティブをデザインすることの生き様を、僕たちにぐいぐい魅せてくれた。

APMT3

4番目の大日本タイポ組合は、「KUROFUNE 20000」(アルファベット“A”と読み方“エー”が同じパーツでできる!)と「FUN FUN」(F、U、N、F、U、Nで“楽”の漢字がつくれる!)、そしてKOKUYOから発売された「TOYPOGRAPHY」からDesignTide に向けて出展された新作タイポ遊び「PLAY」までの、歴史を紐解いていく。そこにはフェティッシュともいうべき意味と形への飽くなき思索の糧が込められていた。同じひらがなでもいろんな「あ」や「な」が存在し、誰かがそれを鳥だと受け入れる限り、鳥を象るでも好き勝手な鳥がありえる。その正解のないクリエイティブが意味するものこそ、文字を象ることの秘密、つまりは何かを伝えることの秘訣なのかもしれない。

APMT3

そしてトリは、以前SHIFTでも「MATZU-MTP展」をレポートしたペインターの松山智一。「つくりたいものをつくって職業としてやっている人たち」に憧れ、グラフィックデザイナーから一転ニューヨークへ。自ら企画書を持ち込んだり軌道にのるまでの経緯を話してくれた。アートの中心地だからこそ「意味を言語化しなくてはいけない」という厳しさの中、次第に自分のルーツ“日本”とストリート感が見事に調和した作品へとつながっていく。日本の伝統的モチーフがポップな色とパターンに染められ、ハイブリッドなアートワークはいよいよ小震いするほど新たな価値を帯びたのだ。そこに至るまでの等身大のメッセージはしっかりと僕たちに向けられ、クリエーションの意欲を鼓舞するものだった。

APMT3

APMTでいつも感じるのは、まさにその突き動かされるモチベーションである。それは、心に響くインタビューを読んだときの感情に近い。カンファレンスは大切な言葉たちをライブで受け取る格好の機会なのだ。テーマは「What is your color?」ならば、自分にしか出せない色はなんだろう。その問いかけはきっと、まっすぐに僕らを次の作品へと向かわせている。

APMT3
会期:2007年11月17日
会場:BankART Studio NYK
住所:横浜市中区海岸通3-9
http://apmt.jp

Text: Yoshihiro Kanematsu
Photo: Shimpei Yamamori

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE