デュアル・シティ・セッションズ:東京 – シンガポール

HAPPENING

デュアル・シティー・セッション は、東京から14名、シンガポールから14名、計28名のアーティストが参加する合同展覧会で、2007年10月30日からジュリアーノ・フジワラ・ブティックにて開かれ、11月27日まで開催される。その後展示はシンガポールへ、第二回シンガポール・デザイン・フェスティバルにて11月27日から12月8日まで展示される。

シンガポールを拠点とするデザイン事務所、サイレント (SILNT)の創設者、フィリックスNGによるコンセプトとキュレーションである「デュアルシティー・セッションズ」は、様々なクリエイティブ分野や背景を持ったアーティストたちの国を越えたコラボレーションや、分野を超えたつながりを増やすための場を設けることが軸となって始まった。全体としてこの展示は、アート、ファッション、音楽やデザインの分野で、新しい革新的な活動を行う人たちを焦点に当てている。

この展示では、このシリーズでは初めて、東京を拠点に活動するコンセプチャル・ユニットのNullが、「引くことは足すことであ
る」もしくは「- = +」というテーマをもとに展開する新しい形の対話を始めるため、シンガポールのアーティストとコラボレートしたもの。それぞれのアーティストが自然、建築、それぞれの国で象徴的なもの等を軸とし、作品を制作した。もちろん、東京とシンガポールという2つの異なる都会的環境によって、それぞれのアーティストたちに全く違う特徴が生まれ、それは混じり合うことなく発達してきた。
シフトは、東京でこの展覧会のキュレーターであるフィリックスにこの視覚的に興味深い展覧会について話を伺うことができた。

Dual City Sessions: Tokyo and Singapore

この流れるようなキャンバスのアイディアはどこから来たのですか?


これは実はメタルなんです。薄くて流れているような鉄のパネルを曲げて、波の形にしました。東京の建築事務所 upsetters architects岡部修三がデザインしました。ですから、これは岡部さんが考えた案です。動性であり、それぞれの国からのアーティスト全員の波のような動きの流れるようなエネルギーがぶつかり合い、ひとつの静的な作品となっていることから、私は今回のコラボレーション展覧会は、イベント趣旨やアート作品を代弁していると思います。

Dual City Sessions: Tokyo and Singapore

それは素敵ですね。この東京とシンガポールのコラボレーションというのはどうやって始まったのですか?

最初、川上俊さんにシンガポール・デザインフェスティバルのために何かしないかと声をかけたていたのですが、その時、新しいアーティストたちのインスタレーションをやろうということになったのです。それで、川上さんが集めたアーティストの数と同じ数のアーティストを私がシンガポールで見つけるので、何か互いに一致するような作品を作ろうということになりました。川上さんもそれに同意し、その展示をデザインタイド 東京 2007で行い、それからシンガポール・デザイン・フェスティバルで行う、ということになりました。

欧米から参加しているアーティストも何名かいるようですが。

そうですね、クリストファー・リーは第一線で活躍するクリエイティブ・ディレクターで、ザ・アサイラムという有名なデザインスタジオをシンガポールで経営しています。トム・メルクスはベルギー出身で、「ユーズ・アゲイン」という展覧会に関わっていました。彼はエクウスというデザイン会社を経営するため引き抜かれ、シンガポールへ呼ばれました。ダニエル・コーは主にグラフィック・メディアデザイナーで、スティーブ・ロウラーはシンガポールを拠点にインタラクティブデザイナーとして活躍しています。このように、面白い組み合わせの人たちで成り立っています。

Dual City Sessions: Tokyo and Singapore

このようなアーティストたちがシンガポールを代表しているのをみると、シンガポールのアーティストコミュニティーを垣間見ることのできるよい機会なのではないでしょうか?

そうですね、彼らはもうずっと長い間やってきているので、革新的な作品をつくり、既に確立されています。私たちはもっともっとシンガポールのアーティストやデザイナーたちが海外でのイベントやパーティーを通して作品をみせることができるように、働きかけています。

シンガポールのアーティストたちと日本のアーティストが一体となるテーマは特にあると思いますか?

はい、日本からの参加アーチストはNullプロジェクトのオリジナルメンバーです。シンガポールのアーティストを選ぶにあたっては、私は彼らの作品と評判をもとに選出しています。トレンディーなアーティストより、作品に繊細なセンスが非常によく反映されている人を選びます。とても力強くかつ繊細な作品で、ポップなものではないのです。

では、作品すべてが黒と白なのは偶然でもないのですね

プロジェクトを始めるにあたっての作品制作のコンセプトがあったのですが、なるべくモノクロームに保つようにというもので、アーティストたちはそれぞれ作品に2つの要素しか選べないことになっていたのです。例えば、スティーブ・ロウラーの作品では、シンガポールの地図を違うトーンを使って、この島を形作るかのように、国の宗教的な成り立ちを表しているのです。
Dual City Sessions: Tokyo and Singapore

では、この展覧会全体のテーマにはもっと多様性があるということですね。

二組間のバランスが良いのです。全員が第一線で活躍しているようなアーティストたちで、それぞれ独自の活動も行っています。

ハンソン・ホーはグラフィック・デザイナーで、彼の作品は線と影でできた二つの要素から飛び出している本当にミニマルな作品をつくり、ND チョウは人間と肖像写真について焦点を当てている写真家です。

Dual City Sessions: Tokyo and Singapore

ミュージシャンも参加しています。アナログ・ガールの名で活動するメイは、カフェ・ポーズで数週間前パフォーマンスを披露しました。

私がコントリビュートした作品は、孔子の言葉を借りて言うとすれば、30代、40代、そして60代、70代と人は歳をとればとるほど賢くなる。この点を明確にするため、私は歳を重ねるごとに白髪になっていく本物の髪の毛を使って漢字を作りました。シンガポールの政治になじみがある人ならしっているかもしれないですが、トム・メルクスはシンガポールの政治や検閲制度について作品をつくりました。
Dual City Sessions: Tokyo and Singapore

日本の側ではどうでしょうか。川上俊が制作したNullのロゴのタイポグラフィーは、セリフフォントと盆栽の枝が伸びているところが、とても伝統と現代のバランスが整った、完璧な例だと思うのですが。

そうです、Nullのアーティストたちの作品には、現代の技術を使った現代のアイディアを使って、日本の伝統美を探っていますね。鎌田貴史は日本の仮名を弧状に凝縮し、日本の伝統である書道を思わせるような、同心円の目盛りを制作ました。

とても興味深いですね。ありがとうございます。
11月27日からはじまるシンガポール・デザイン・フェスティバルを楽しみにしています!

Dual City Sessions: Tokyo and Singapore
会期:2007年10月30日〜11月4日
会場:Giuliano Fujiwara
住所:07-0062 東京都南青山6-8-18 放映ビル1F
TEL(店舗): 03 5469 5558
TEL(事務所): 03 5469 5606

デュアルシティー・セッションズ参加アーティスト:
日本: オオサワアキラ, オワ ヒデキ, コイケ ヒカル, 佐藤 寛, カワカミ ケイ, アナンケイゴ, ニシダ コウジ, 川上桃子, 川上俊, , 浦正, 小山泰介, 鎌田貴史, 櫻井ユウキ, +39/K. トザキ
シンガポール: フェリックス・Ng, Hjgher, グレース・タン, ハンソン・ホー, トム・メルクス, ダニエル・コー, チョイ・カ・フェイ, クリストファー・リー, &ラリー, ジャンクフリー, スティーブ・ロウラー, メイ (アナログ・ガール), シュー, ND チョウ

Text: Vicente Gutierrez
Translation: Kyoko Tachibana

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE