デザインタイド 2007

HAPPENING

DesignTide 2007デザインタイドは、今年で3年目を迎える、世界中のデザイナー達とデザイン・ラバーの人々のために、ネットワークと商品販売の機会を与える場所である。ひとつの巨大なデザイングラウンドとして東京が変化してしまったように、レセプション、オープニング、パーティ、展示会が青山、原宿、六本木、丸の内あたりの50のショップが開催地として選ばれた。

すでに最盛期を迎えているデザインタイドは、家具やハウスホールドデザイン、プロダクツ、ファッション、そしてグラフィックデザインのれっきとしたフェスティバルと言えるだろうし、短く言うならば、デザインタイドは生きていく上で日常に不可欠なプロダクトについてのイベントである。今年のテーマは“Play”。TideThinkでフィーチャーされた24人のデザイナー達は私達に“play-er”であることのインスピレーションを与えてくれた。


印象に残った作品を紹介したいと思う。

DesignTide 2007
Ibars and Waldemeyer, courtesy of DesignTide

ロジャー・アイバースの作品はテクノロジーに基づいた文化の二つの角度を混ぜ合わせたもの。一方は、70年代の目覚まし時計等の古い道具で、もう一方では90年代のビデオゲームのコントローラーといったものだ。結果としては、ユーザーについてもう一度考えさせるような昔あったゲームに対する記憶を再び戻らせるような、変わった現象が起こるのである。

モーリッツ・ ウォルドメイヤーのTideThinkでの卓球台は、恐らくデザインタイドで一番の重力を感じさせる作品だったのではないかと思う。一度ビジターが表面の下についているLEDを発見し、クラシックな卓球をしていると気づいた時、最高に幸せな“プレイ”が繰り広げられるのだ。

DesignTide 2007
Nash and Ozgen, courtesy of DesignTide and Martin Holtkamp

リサイクルされた材料からつくられたヒース・ナッシュの美しいプラスティックの照明は、今年の作品の中でも特に目を引くものであった。南アフリカ出身のデザイナーの自然への愛が、人工的なマテリアルを遊びに使いながらも、光との関係を私達に発見させてくれた。

コーレイ・オジェンの星状のランプは24面から構成されていて、どのようにセットするかによって変化する多角形。光の形をとらえるのが不可能なため、自由なフォームを残し、これらの光が光字体の自由な形式を調和し真似ているかのようであった。

DesignTide 2007
Dainippon and Piet, courtesy of DesignTide

とても遊び心があり、惹き付けられた作品の二つは、大日本タイポ組合による作品と、ピート・ヘイン・イークによるこの忘れられないゴーカートだろう。子供のときにもしも冷蔵庫にアルファベットのマグネットがこんな風に貼ってあったとしたら、きっとあなたの人生は変わっていたかもしれない。アルファベットと記号を分解し、並べたり組み合わせることで、ローマ字や日本語の文字、新しいデザインを作り上げることができるのだ。「typography= toypography」が今年のテーマ。
ピート・ヘイン・イークによるゴーカートも確実に私の心をとらえて離さなかったもののひとつである。若さと楽しみの同意語のような存在、ゴーカートの楽しい思い出は世代を超えて引き継がれていくのだ。

DesignTide 2007
Laarman, courtesy of DesignTide

オランダ人デザイナー、ヨーリス・ラールマンはロココ調のラジエーターを紹介した。細部にわたって美しく、もちろんちゃんと動くのだ。

DesignTide 2007
Sylvain Willenz, courtesy of Sylvain Willenz and DesignTide

シルヴェイン・ウィレンツマルティ・ギゼによる、クリエイティブで美しいヴィジュアル作品をもう二つ紹介しよう。
ウィレンツの作品はプロダクトデザインの上で、グラフィックの要素もうまくブレンドしている。彼のウォールミラーは薄く、プリントのグラフィックのため3次元の外見をもっている。
ギゼのキャンバスチェアーは、ビジターによる自由なペインティングが可能。家具のデザインもアートの一部ということを証明してみせた。このプロダクトはユーザーが参加してはじめて完成する、とてもユニークなものである。

タイドマーケットはデザイナーやバイヤーと交流できるとても良い機会になった。老若問わず20人以上のデザイナーが良いデザインのプロダクツとクラフトを展示し、販売している。

DesignTide 2007

SECCOはリサイクルとリユーズのモットーを懸命に唱え、廃れた工業プロダクツをハイクオリティで高機能、かつ見た目もよい商品に変えてしまう。

DesignTide 2007
PoeM and Wasabeat- Monika Uchiyama and DesignTide

ポエムはデザインウィークで全てのDIY狂を先導していたようで、丈夫で滑らかなダクトテープを使った財布を紹介していた。

ワサビートのUSBミックステープは、音楽がデジタルになってしまった時代の今、昔のミックステープにあったアナログな感情を呼び起こしてくれる。

もしデザインタイドで少しでも孤独を感じたりブルーになることがあれば、これらのかわいいクマを見つけてみては?

DesignTide 2007
Ossu – Courtesy of Martin Holtkamp

石澤彰一は、工夫に富んだとても賢いユーモアのセンスを持ったクラフトアーティストのグループ「押忍!手芸部」の代表をつとめている。「Robogurumi」は解体された子犬のおもちゃで作られ、動いて吠えるかわいい首長おばあちゃんのような愛らしいおもちゃに生まれ変わったもの。

DesignTide 2007
Blank Bears, Courtesy of Monika Uchiyama

ファッションブランド「ブランク」は洋服のアイテム、オリジナル転写テクニックを使った「ゴールデン・ブッダ・ベア」で私達の毎日をもっと楽しくしてくれる。100匹のクマの大群はデザインタイドに明るい光を灯してくれた。

インスピレーションに満ちたこの一週間は東京デザインウィークの中でも最も楽しいパーティのようだったが、これはほんのひとかけらにすぎないということをデザインタイドは私達に証明した。

DesignTide 2007
会期:2007年10月31日〜11月4日
開催エリア:青山、原宿、渋谷、六本木、丸の内
TEL:03-5770-4127
http://www.designtide.jp

Text: Vicente Gutierrez
Translation: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE