「VAS:フラットランドのオペラ」

THINGSText: Matt Smith

VAS:フラットランドのオペラ」は、スティーブ・トマスラとシカゴをベースに置く、タイポグラファーでもありグラフィックアーティストでもある、ステファン・ファレルによる、実験的な小説だ。

このストーリーは、想像上の未来の家族のもので、バイオテクノロジーと革新的な技術の発達で、「四角形と円の娘は楕円」というように、特徴が記号化されるというものだ。ふんだんにビジュアルを入れており、話の展開がうまいので、非常に読んでいる者を引き込む。トマスラとファレルは、人体の遺伝子デザインの未来を描くために、優生学を利用したそうだ。

彼らは、人体変化が知性、力に及ぼすインパクトと、種を超えたアイデンティティを考える、「寓話的なイメージとテキストの複合小説」を目指したと語る。しかし、リック・ポイナーは、アイ・マガジンという雑誌で、「本物のストーリーというのは、オリジナリティで決まる。この試みは認めるが、トマスラとファレルのこの実験的デザインは失敗だ。」と指摘する。

VAS: An Opera in Flatland
著者:Steve Tomasula / Stephen Farrell
仕様:370ページ、14 x 24 cm、ハードカバー、英語
ISBN-10:1581770944
出版日:2003年4月1日
出版:Barrytown / Station Hill Publishers
https://www.vasanoperainflatland.com

Text: Matt Smith
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE