NIKE 公式オンラインストア

地下展:空想と科学がもたらす闇の冒険

HAPPENINGText: Yasuharu Motomiya

地下の魅力を伝えるものとして近年、内山英明の写真集「Underground」が注目されているが、はたして一般生活のなかで地下の事象について思いをめぐらすことがあるだろうか。

地下展 UNDERGROUND

そんな、未知の領域に光をあてる「地下展 UNDERGROUND – 空想と科学がもたらす闇の冒険」が先端科学にフォーカスし興味深い試みをおこなっているサイエンス・ミュージアム、日本科学未来館で行われている。

地下展 UNDERGROUND

会場は発泡スチロールで作られていて、順路に従ってどんどん深い地下深度へ導かれる仕掛けになっている。発泡スチロールは70%以上がリサイクル可能だという身近にあるエコ素材。展示する度にでてしまう、ゴミの無駄をなくすため選ばれた素材だという側面からも、先端科学のみならず、地球環境にたいする、科学未来館の取り組みもうかがえる。

地下展 UNDERGROUND

展示入り口にはグルーヴィジョンズが手がけたアニメーションが、床に映し出され、宇宙から地球をどんどんズームインしていき、人々がマンホールを開けてこれから始まる地下世界への入り口を演出。

今回の展示には様々なクリエーターが参加しており、地下への旅をなおワクワクさせる展示の仕掛けを担当している。また、音響面でも力を入れており、大友良英が音響のディレクションを担当し、イトケン、Sachiko Mなども参加している。会場各所で展示の世界観を増幅させる役割とともに、音響としての存在感はこれだけでも聴く価値がある。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE