マジカル・キャンプ 2007

HAPPENING

音楽を楽しみ、地球のことをちょっと考えてみる。

Magical Campiriguti.jpg

今夏を締めくくる野外フェスティバル「マジカル・キャンプ」が、9月1日、2日の2日間にわたり札幌で開催された。
開演は13時。駐車場で車を降りてから会場に近づにつれて、リハーサルの音が聞こえてきた。会場はウィンター・リゾートとしても知られるサッポロテイネ。市内が一望できる絶好のロケーションと、野外で聞く音楽の迫力に期待が膨らむ。

今年から始まったこのイベントは、東京下北沢、大阪難波にも支店を持つ札幌では言わずと知れた老舗スープカレー店「マジック・スパイス」が主催しており、音楽を楽しみながらチャリティーやエコロジーの意識を高めることを目的に開催された。経費を除いた収益金が武力紛争の影響で教育を受けられない子どもたちに、教育の機会と希望を与えるための活動を行う、子ども達のための民間の国際援助団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」へ寄付されるのだ。

gomi.jpg

エコをテーマにしているイベントだけあり、ゴミゼロを目指す環境NGO「EZOROCK」からアラエール号が出動。ゴミを極力出さないように、ドリンク容器を洗浄し再利用するという試みも行われていた。
しかし、会場のあちらこちらでタバコの吸い殻や空き瓶が見られた。参加者の意識を変えるイベントに育てていくのは今後の課題か。


agaruta.jpg

さて、イベントはというと、降り注ぐ強い日差しの中、ほぼ90%は即興演奏を行うという札幌で活動するジャズ・ロック・バンド「アガルタ通信」のステージからスタート。マイルス・デイビスの曲をモチーフに、ドラム、ベースにトランペットからマラカス、フルートにピアニカと様々な楽器を加え独自の音楽を演奏していく。グルーヴが大きくなるに連れステージを見つめる人たちは次第に体を揺らし始め、そして演奏が終わったときには会場は大きな拍手とともに高揚感に包まれた。

heatinsystem.jpg

続いて、メインステージ横に設置されたDJブースにてDJ歴15年という札幌を代表するDJの1人「HEATIN’ SYSTEM」こと中川貴博が会場の空気に溶けこむような軽めのジャズナンバーでスタート。更にイベントの流れを作っていく。
このDJブースのデコレーションは、未来路工房を主宰する照明アーティストのマコの手によるもの。木や鬼灯(ほおずき)を使用して作られた自然素材の照明は、見る人に自然の美しさや生命力を感じさせる。見る人の心にあかりが灯るような優しい作品だ。

ro.jpg

RO(アールオー)=逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)とは、ろ過・ろ過膜の一種で、水を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のこと。その名のように透明感のある爽やかなメロディが会場に響いてきた。4人が奏でていく青空を駆けるようなインストの曲は、3台のシンセサイザーの優しく繊細な音がそれを一層引き立てた。ソロのパートでの少し儚げな音は夏の終わりを思わせるようであった。

sleepy.jpg

夕方になり人も増えはじめたころsleepy.ab(スリーピー)が登場。昨年の地元FM局・FM NORTH WAVEでのメガプレイや今年のライジングサンへの出演もあり、認知度を引き上げた彼ら。どこかなつかしいメロディが大空へ広がっていく。ノスタルジックなメロディに重なるボーカル成山剛の寂しげな歌声に引き込まれていく。「夢に落ちて」のフレーズが印象的な楽曲「soner」のブレイクで、ボーカルとコーラスの声が合わさった一瞬、時が止まったかのような不思議な感覚を覚えた。陽はまだ落ちない。夕陽もステージの一部となって彼らを照らしていたようだった。

その後夕焼けを楽しみ、日も沈みステージ前がさながらクラブのようになったころ、札幌を代表するヒップホップ・チーム、MIC JACK PRDUCTIONが登場。会場もヒートアップしていく。

hitomitoi.jpg

そして、一十三十一 with 藤乃家舞。普段はベーシストとして活動する藤乃家舞がギターを手に登場。一十三十一とはアルバム製作を共に行っている。当日はキーボードとドラムを含めた4人でのステージ。一十三十一は存在感のある小悪魔的オーラを放ち、ひらひらと月夜に舞う様は、さながらティンカーベルのよう。古い曲から最新アルバムの楽曲までアレンジを加えたセットで観客を魅了。「寒くなったらカレーを食べて、チャリーティに参加してね」と観客にメッセージを送った。手作りのイベントで始まったばかりだけれど来年も必ず実現したいと抱負も語ってくれた。

art.jpg

除々に寒さも強まってきたころ、メインステージでは札幌の現代美術ギャラリー「CAI」のプロデュースによるアートパフォーマンスが行われた。サプライズアーティストである札幌交響楽団コンサートマスターの大平まゆみが黒のドレス姿で登場。端聡デザインによる、次々変わっていく躍動感のある映像がスクリーンに映し出される中、バッハの名曲「シャコンヌ」を披露。観客をクラシックの世界に引き込んだ。寂しく物悲しい曲は、頬をすべる冷たい夜風のようでもあり、映像と相まって幻想的なステージとなった。

kura.jpg

続いて、1945 a.k.a KURANAKA。DJブースから発せられる音は刻々と変化していく自然を表しているようで、鳥の声、雷、夕暮れに雨を思わせる足下から這い上がってくるような重低音に時折見えるやわらかな音。まさしく今その場にいて肌で感じている自然を耳で感じているようであった。暗闇と音に包まれ、夜のステージもしだいにウォームアップしていく。

oki.jpg

そして万を持して登場したのは、国内外から高い評価を受けている、DUB AINU BAND。樺太アイヌの伝統的楽器「トンコリ」の伝承者OKIが率いるアイヌ発ダブ・ロック・バンド。OKIは歌詞を語りかけるようにやさしく歌いかける。旭川を中心としたアイヌの伝統曲とオリジナル曲を披露した。アイヌの伝統音楽をロックやレゲエ等の他のリズムと融合することで、心地いいがとても力強い、全く新しい音楽で会場を盛り上げる。大自然、母なる大地を想像させる彼ら音楽は、やさしい風のように会場内を包み込んでいた。また、ステージ衣装や本人手作りのトンコリなど、アイヌ民族の文化や誇りも感じることもできた。

20070908_323867.jpg
Photo by Hitomitoi

このあと、DJ KENSEI、O.N.O、EYE、THA BLUE HERBらによる熱いステージが空が明るくなるまで続き、2日目に突入。ステージは朝の薄曇りの下ゆるゆると身体を動かす人、地面に腰を下ろす人、ベンチで横たわる人と様々。すっかり日が昇ってからはKOSS a.k.a KUNIYUKINaohito UchiyamaDAISHI DANCEらが次々登場。前日に比べ会場を後にする人の姿も見え始めたので観客はまばらだが、時折顔を覗かせる日光と音楽を浴びながら、思い思いにリラックスしていた。

hatayamamiyuki.jpg

そしてラストを飾るのは、畠山美由紀 with ハンズ・オブ・クリエイション。ハンズ・オブ・クリエイションが数曲披露したあと、畠山美由紀がステージに映える白地に黒のドットのワンピースをまとって登場。目を閉じて曲に入り込んで歌う姿が印象的だった。「みなさんと北海道の空にささげて歌いたいと思います」とスローナンバー「あなたみたいに」を披露。日差しが強くなってきたにもかかわらず、ずらり並んだベンチに腰掛る観客はその歌声に聞き入っている。見る人をひきつける堂々とした歌声は、青空と手稲の山に響き渡っていた。

私たちは、マジカル・キャンプのほんの一部分しか見なかったかもしれないが、私たちに大きな気づきを与えてくれた。音楽を通してアーティストと観客がひとつになるのを感じ、とても感動的な体験ができた。そして大勢の人が同じ気持ちで幸せを作り上げていくことができるのだと思った。ならば、音楽は世界を変えられるのかもしれない。そう感じた人が多かったならば少しでもよい世界に近づけるのではないかと思う。
マジカル・キャンプは、北海道から世界へと幸せをつなげるフェスティバルとして来年、再来年と続いていってほしい。

マジカル・キャンプ 2007
日時:2007年9月1日〜2日
会場:サッポロテイネ
住所:北海道札幌市手稲区手稲本町593-3
お問合せ:マジカルキャンプ事務局 mail@magicalcamp.com

Text and photos: Emi Honma, Madoka Suzuki, Manami Okumura, Kunihiko Suzuki, Koji Uemoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE