フィリップ・トレーシー

PEOPLE

Atwork.jpgPhilip Treacy

「裁縫は五歳の頃から始めたんだ。今でも学校の先生とのことを思いだすよ。男の子は工作かなにかをやって、女の子が裁縫をしているでしょ。『自分もやりたいな』と思って、先生にお願いしたら『いいわよ』ってね。とても厳しい先生だったから、もしかしたら、頭を小突かれていたかもしれなかったけれど。
それで、妹の持っていた人形の服や帽子を作ることから始めたんだ。母さんは鶏にガチョウ、キジ、アヒルを飼っていたから、帽子の素材に困ることはなかったよ。母さんはミシンを持っていてね。使わせてもらうことが出来なかったけど、生地を縫い合わせる、あの上下に動く小さな針に魅せられてしまったんだ。母さんが鶏に餌をやりにいっている間だけこっそりと使っていたよ。たったの5分くらいの短い時間だったけどさ。見付かったらエラいことになっていた。
人形自身のことはあまり気にかけなかったけど、とても簡単に服を作ることは出来たよ。それが何なのか知る以前からバストポイントを取り入れていたしね。近所の人の家で親父がこう尋ねられたことを今でも思いだすよ。『お前さんのとこの息子が人形のドレスをつくっているって聞いたけど、ちょっと変わっているんではないかね?』親父はこう答えたんだ。『幸せならそれでいいんだよ』ってね。」


ダブリンにある国立芸術デザイン大学ではファションを専攻し、洋服の付属として「帽子」を作ることから始めた。そして仕事の経験を積むプログラムの中で、彼はロンドンの帽子デザイナー、ステファン・ジョーンズの元で6週間働くことを選んだ。

21世紀を代表するファッションデザイナー、フィリップ・トレーシーの誕生である。

初めて彼の作品に接したのは、2001年にロンドンのデザイン・ミュージアムで催された「When Philip Met Isabella」であった。予想外で思わず感嘆の漏れるある種の衝撃。特筆すべきはキャッスル・ハット。“ポワティエの戦い”で黒太子を救ったイサベラの祖先を表現したもの。見事なまでに1つの創造が次元を超えた展示であった。

その衝撃は今でも心に強く残っている。あの創造力、刺激、魅力、魔力…

sketch_1.jpg

普段どのように過ごしていますか?

いつもエリザベス通りの「Il Corriere」で朝食をとるんだ。この15年間いつも同じメニュー、目玉焼き2つとポテト!それから2匹のジャックラッセル、アーチーとハロルドを連れて、バタシーパークを通って職場へ向うんだ。やることがたくさんあるから、なかなか帰れない。だいたい9時頃に歩いて帰って、また次の日が始まると言ったぐあいだよ。

現在手がけている仕事について教えてください。

昨年、アイルランドの土地開発の方からアイルランドの西部にある「The G」という名のホテルのデザインの話を頂いたんだ。まず浮かんだのが、伝統的なアイリッシュデザインをクライアントに提供出来ないのではないかといった不安。だけど、プロジェクトに携わって間もなく自分自身にアイルランドらしさを確認したよ。アイルランドで生まれ育ち、自分自身がアイルランド製。先祖伝来だから、どこへ行こうと付いてまわるもの。自分自身が21世紀のアイリッシュデザインの1つのかたちであるってことだと思う。その時と同じ会社と一緒に今はロンドンのホテルの仕事をしているよ。

現在の仕事は以前とは違ってきていますか?

ロンドンの仕事は最高だよ。本当に家にいるような気になれるたった1つの街だし、人生に必要な最上級なものが全て揃っているよ。サミュエル・ジョンソンの言葉を借りるなら「ロンドンに飽きるということは、つまり人生に飽きるということ」さ。

よりよいもの作るためにプロジェクトにどのように取りかかりますか?

いつも何か新しくてフレッシュなことを試みているよ。新しいものはインスピレーションを与えてくれるんだ。そうすると違ったものになるよね。

どういったものからですか?

美しいものかな。アイルランドの実家ではいつも自然界の美しさについての話を聞かされていたよ。たくさんの鶏、キジ、ガチョウに恵まれていたから、帽子作りの原点の素材は自分の知り尽くした羽。少年時代の自分への深い影響には今ではとても感謝しているよ。

sketch_2.jpg

ヘッドアクセサリーは必需品ではありませんが、ファッションとの関係についてどう考えますか?

帽子はとっても魅力的だよ。王立美術大学で始めた頃は、帽子は年齢を重ねた婦人のためという風潮があったけど、それは全くおかしいと思っていたんだ。どうしてそうなるの?来週になにが起こるか分からないといった、未知で未来といったアイデアが好き。そしてそれがファッションの心構だと思う。誰かを「ファッション・ジャンキー」だと非難するのもまったくかまわない。自分もその1人だよ。ファッション・ジャンキーは短い期間だけ何かに夢中になって、また次の他の何かへと関心が移っていく。それがファッション界の自然だよ。全ては移り変わり。

いつか自分の創造力がなくなってしまうのではないかと恐れに感じることがありますか?もしその日がきたら、どうしますか?

私はまずクライアントと彼らの個性を見つめて、それについて考える。目標はその人にとってかけがえのないものにすること。それはなぜ人が服を身につけるのかっていうことにもつながってくるよ。自分をよく見せること。必要としてくれるひとがいる限り、美しい帽子を作り続けていくつもり。店で働いているアシスタントは自分は夢を売っていると話すんだ。なくてはならないわけではないけれど、あるべきもの。人は自分を和ませて楽しませてくれる、美しいものを必要としている。それは花かもしれないし、夕陽や、そして帽子かもしれない。生活のスパイスとして快楽や美の本質を思い起こさせてくれるもの。21世紀の帽子がどうあるべきかということを体して、挑戦し続ける機会与えてもらえてとても光栄に思っているよ。

休日はどう過ごしていますか?

このファッションの世界で仕事をすると、生活の全てを取り込まれるから、そういった遊ぶ時間はないんだ。

この業界を志す人へのメッセージをお願いします。

生まれ育った環境から逃げ去りたいと思っても、心の中にあるものからは逃げるとこは出来ない。まるで自分がローマ出身のようにいつも話すんだ。ロンドン、パリ、ミラノ、ニューヨークとファッションショーに参加してきたけれど、(生まれ故郷の)Ahascraghでの小さな結婚式が一番自分の心を揺り動かしたよ。ファッションは人間らしさ。業界の人達は完璧主義を追い求め、とても変わり者だけど、人生というのはそうでない。私のアイリッシュらしさが教えてくれて者、それが人間らしさだったんだ。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

帽子はその人の洋服の性格を変化させて、立ち方や歩き方まで変えてしまうもの。帽子はその人を楽しませてくれるもの。帽子を身に付けている人を見せびらかたがっていると非難するひともいるけれど、人間は本質的に自分自身を美しく飾りたがるもの。だから帽子は西暦1年から身近な存在としてあったんだと思うし、体中を飾るというのも人間らしさだと思う。

フィリップ・トレーシー
http://www.philiptreacy.co.uk

Text: Waiming from Unit9
Translation: Yoshitaka Futakawa

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE