COVER HOME > PEOPLE > 田名網敬一 BLOG CITY GUIDE

世界のクリエイティブカルチャーを紹介するトライリンガルオンラインマガジン。
言語切替

SHIFT

People 記事一覧

全て表示


田名網敬一

ぼくのモットーは「好きなことを好きなようにやる」である。

tanaamifacetanaamiface2

60年代からデザイナーとしてのキャリアをスタートし、00年代の現在も第一線で活躍し続ける日本グラフィック界のスーパースター、田名網敬一氏のインタビュー!


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

1936年、東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、博報堂に勤めたが、1年で退社。その後、アニメーションや絵画、イラストレーション、エディトリアル・デザインなど、前衛的で遊びに満ちたさまざまな創作活動を行う。デザインと並行して、映像による実験を試み続け、オーバーハウゼン、エディンバラなど世界各地の映画祭で上映された。81年に胸膜炎で3ヶ月入院。幻覚の<松>にうなされる。退院後、異形の松や鶴、象など、多くのアジア的な形象の引用を表現方法に取り入れ、記憶や夢の世界を絵画、映像、版画で表す。
現在、京都造形芸術大学情報デザイン学科教授。


05.jpg


最近の主な活動について教えてください。

・イギリスの雑誌「Wallpaper」でファッションデザイナー6人(GUCCI、MUMUなどとのコラボレーション)とのアートワークを担当。
・イギリスのロックバンド「Super Furry Animals "Hey Venus!"」(Rough Trade Records)のジャケットデザインを担当。
・ドイツで発行されるアート誌「jpeople」のカバー・アートワークと本文での特集+インタビュー。
・今春イギリスのBBC放送が放映する「Japanorama」シリーズに出演。
・イギリスのPhaidon社が発行する「Area.2 世界100人のデザイナー」の選考委員を依頼される。
・4月発売予定の「ガンズフェルド」誌(アメリカ)で作品+インタビューの特集。
・トニー・アウスラー、ウォーホル、メープルソープなどが出品している「ROCK'N'ROLL」展に出品。(Norrkkoping美術館・スェーデン)
・ノルウェーのオスロでファッション・音楽などカルチャー系雑誌の仕事で活躍するアーティスト(リチャード・プリンス、ウォーホルなど)11人の「PALP 11」展に新作5点出品。
海外の仕事が増えてしまって、日本の仕事がなかなか進みません。今年の4月から放映予定のNHKのコマーシャルをアニメーション(30秒)で制作しました。また、アニメーション作家の相原信洋君との共作で「一寸法師」を制作中です。(5月にイメージフォーラムフェスティバルで上映予定)
最新の作品集「LAYERS OF KEIICHI TANAAMI」(青幻舎)が発売されている。


04.jpg


田名網先生にとっての60年代とは?

ぼくの紆余曲折しながら歩んできた道程を振り返ると、60年代という特別な時代が遥か彼方でいまも鋭い光を放っているのがよくわかる。イラストレーションもグラフィック・デザインもエディトリアル・デザインもアニメーションも実験映画もペインティングも版画も立体もそのすべてが60年代に生みおとされ熟成されたものといってよい。ぼく自身、あるゆる面で幼く未熟だったが、突進することだけが取り柄だった。そして、時代の熱気に背中を押されながら、全力で走り続けた、そんな時代だった。


アニメーション制作について教えてください。

ぼくのアニメーションの原点は少年時代にみたモノクロのミッキー・マウスやベティ・ブープの短編です。ブリキ製の幻灯機を使って、自分で作った紙製のフィルムを写す楽しさは、今でも時々思い出すほどです。ぼくの描くドローイングやグラフィックの仕事、その他あらゆる表現は動くということを前提に描いているし、どれも動きのある一瞬を捉えたものだと思います。「静止したものに生命を与える」アニメーションはぼくのあらゆる創作の原点です。


02.jpg


特に若い世代から大きな反響を得ている、宇川直宏とのコラボレーションについて教えてください。

宇川君とはキリンプラザ大阪での展覧会、スーパーカーのジャケットやビジュアルワーク、映像の作業、ヤマハの企画したライブペインティング映像、その他沢山のコラボレーションを実現してきた。親子以上に年齢差があるぼくたち二人の共同作業は実に楽しいし、いつもスリリングで変化に富んでいる。育った時代、環境、経験など違いすぎるくらいの二人だが、ぼくにとっては、その事がとても面白い。打ちやすいボールを投げてくることはめったにないし、想定外のボールを投げてくることがほとんどだ。時には危険球だってある。超速球の見えないボールだって投げてくる。これからもますます過激で刺激的なパフォーマンスを繰り広げていきたいね。


110.jpg


田名網先生にとって、家紋の魅力とは何でしょうか?

ヨーロッパの紋章と違って、日本の家紋はだれでも持つことができたんです。そんなこともあって、原型の紋を自由にアレンジしてゆくことも盛んに行われて、そのバリエーションは動物や植物、大陽、雲、雷、波、文字などないものがないぐらいバラエティーが豊富です。面白いのは、たとえば、恋人同士が一緒になるとき。当然、二人の家紋は違っていて、その二つの家紋を組み合わせて一つの家紋にしたなんていうこともあったらしいんです。ロマンチックでしょう。それに自分の家紋は分からなければ、好きな家紋を応用して自由に作ってよかった。だから、今日ある家紋というのは、どんどん変化した結果、生き残ったものなんです。それが日本の家紋の面白さなのね。家紋のデザイナーがだれか、なんて聞いたことないでしょう。そういう文献も存在してない。にもかかわらず、実は家紋の一つ一つのデザインは、現代でも通用するぐらいレベルが高い。たとえば企業のロゴも、家紋を取り込んだものが数え切れないほどある。ルイ・ヴィトンのバックについているモノグラムも日本の家紋のアレンジだからね。一種のデザインソースとしてすごいパワーを持っている。ぼく自身もデザインのヒントとしてけっこう役立ててます。今のデザイナーがこれだけのレベルで作れっていわれてもなかなか出来ないよね。ホント、これ以上ないくらい考え抜かれている。すごい職人技です。


body_painting_1.jpgbody_painting_2.jpg
田名網敬一 × 行貝チヱ 写真:427FOTO


最後に読者にメッセージをお願いします。

ぼくのモットーは「好きなことを好きなようにやる」である。これは若い頃愛読した岡本太郎の発言や書物からの影響で、現在のぼくの生き方の大きな力になっている。この言葉の意味はとても簡単だが、内容はとても難しい。先ず、好きなことを見つけること事態が難しいし、それを仕事にし、持続することは更に難しい。そして、それを好きなようにやることは至難のわざである。才能も必要だし、人一倍の努力をしなければならない。人間関係だって重要だ。好きなように生きることほど難しいことはないのである。しかし、「好きなことを好きなようにやる」という人生が実現したとすれば、人間にとってこんな幸せはないはずである。若いみなさん、是非トライして下さい。


KAMON 田名網敬一
仕様:29.2 x 21.4 cm
Artwork:田名網敬一
Text:ヤマタカEYE
発売日:2006年9月
出版社:KING OF MOUNTAIN
発売:プチグラパブリッシング
ISBN: 4903267415
価格:2,100円(税込)

Text: Yurie Hatano

関連記事