NIKE 公式オンラインストア

マーメイド・パレード 2006

HAPPENING



海の生き物たちと一緒に地下鉄F線でコーニーアイランドへ!


6月24日雨の土曜日午後、ブルックリン南端にあるコーニーアイランドへ「マーメイド・パレード」を見に行った。毎年恒例のパレードは夏の始まりの日を祝うイベントなのだが、この週末に限っては殆ど太陽が見えず、本当に夏なんて始まったの?という感じだった。


歩道に打ち上げられた海の生き物たち

今年24回目のこのイベントは、例年のように自由なコスチュームやアーティスティックな表現をする人々の舞台となっていた。パレードの見所は「なんでもあり」という手作りのコスチュームで参加する様々な人たち。海に関するテーマのコスチュームが決まりになっているのかと思いきや、まわりを見回してみてもルールなんてないも同然。それでも一応コスチュームコンテストがあってパレード中に審査員がベストコスチューム賞を授与するので、参加者は気合いを入れてドレスアップして来る。人魚、海王、巨大ガニ、色々な海獣、魚人、たまにイカ人間、そしてただ水着を着ただけの人などなど。そんなコスチューム参加者たちを審査員、見物客、そしてカメラが追い掛ける。


ピンクの海の歌姫!

パレードが板張りの遊歩道(ボードウォーク)を過ぎてネプチューンアベニューで審査員の前を通り越してしまうと、参加者たちは今度は競ってアマチュアカメラマンに向かってポーズをキメる。写真を撮っている人々と同じぐらいの大勢の人がコスチュームを着ている。これこそニューヨークの外交的な性格と今やニューヨーク名物となったイベントを写真に撮るいい機会と言えるだろう。


テーマ「海」には関係ない衣装だけれど、その努力には100点!

このイベントの次の段階は「少年」と「男」の境目が試される行事・・それはなんと、この冷たくて薄気味悪く濁っている大西洋にコスチュームを着たまま飛び込むこと!残念ながら今年は雲行きが怪しくなり、ついには集中豪雨がほとんどの海獣とぼくを含めた高価なカメラを持った人々を屋根の下へ追いやってしまったのだった。


ありとあらゆる交通手段を使った参加者のパレード

ニューヨークの他のパレードと違い、コーニーアイランド・マーメイド・パレードにはイベントを際立たせるなにか特別な雰囲気がある。前にも書いた様に、それは表現の自由にも関係あるだろうし、またここには他のイベントにありがちな制限(関係官庁、市内の限られたスペース、治安対策、非常に厳しい群衆整理、交通と運搬上の問題)が少ないからかもしれない。粋なコスチュームに身をまとった参加者同士が行進したり、海に飛び込んで(雨が降る前まではね)楽しんでいる間中、コーニーアイランドではそんな面倒くさい問題はひとつもなかった。

Text and photos: Garry Waller
Translation: Nem Kienzle

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE