NIKE 公式オンラインストア

「富裕への無秩序:デザイン・イン・ニューヨーク 1974-1984」展

HAPPENINGText: Garry Waller

「富裕への無秩序:デザイン・イン・ニューヨーク 1974-1984」は、パーソンズ・デザイン・スクールにて現在行われている展覧会。ニューヨークが産出した創造的な社会が強い印象を街へと残したことは一度にほんの少しあらわれる。

展覧会ではファッションやグラフィックデザインにおける範囲が見ることができる。それらの全てがこの時代の試みや創造性を反映しているものばかりだ。より印象的なアプローチへの賛同とともに保守性が避けられられるようになったのはアーテイスト、デザイナーまたミュージシャンが非常に不安定で突発的なまた印象的な風潮であるとニューヨークを提案していった時のことであった。


Ramones record cover

ラモーンズや、セックス・ピストルズ、パティ・スミスなどのアルバムカバーなどが展示されている。それらの全てが性能の低い印刷機また原始的な裁断方法、のり付けというこの時代の特徴である製作課程を通して作られたものばかりだ。手触りは全てに取り入れられ非常に無造作に作られたと思わせるように注意深く作られた、もしくわ規則ただしすぎるくらいに。その頃のデザインはより手動で何が期待されているのかなど気にもとめないような音楽の派生、特に活字デザイン、光沢のある製品の価値や手の混んだ活版印刷術などは即興で作られる大胆な質の音楽を映し出したようなダダイズムのコラージュは避けられるようになった。


Sex Pistols, 1977, Jamie Reid

また展示作品は全てステファン・スプロウズ、ベッツィー・ジョンソン、ノーマ・カマリにによってデザインされたものである。自分自身の力で権利を得た各デザイナーはパンクだけが受け入れられるような材料、図案、裁断を取り入れた創作品を形づくろうとしているのだ!スプロウズはかみそりの刃や鎖でつながったフェンス、弾丸やグラフィテイをテクスチャーとしてニューヨークシテイから得たインスピレーションを彼の作品に多く取り入れた。

カマリは紙やパラシュート用の生地などのような予算の低い材料を使うことでを反体制へのアプローチを誇張している。そしてハリー・パーネスとニコラ・ペリーの創作品はがっしりした肩、細いウェスト、沢山のマジックテープとジッパーで施され「新しい生き方」へ適応するようにとデザインされた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE