第9回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENING

文化庁メディア芸術祭」をご存知だろうか? 何度かシフトの記事でも取り上げられているが、名前から察するとおり、日本の文化庁が主導するメディアアートのフェスティバルで、今回9回目を迎える。作品の大半は公募され、日本国内のみならず世界各国から応募された作品群のなかから、アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガと部門ごとに分類され選出された作品が東京都写真美術館を会場に2月25日から3月5日まで展示される。また、上にあげた部門とは別に功労賞と学生CGコンテストも設けられており、現役で活躍する作家のみならずこれから注目されるであろう、若い才能にも目を向けたフェスティバルである。


さて、今回各部門の大賞や優秀賞に選出された作品については「文化庁メディア芸術祭」のウェブサイトに詳しく発表されているので、そちらへゆずるとして、ここでは賞の如何に関わらず幾つか印象に残った作品を紹介させて頂く。

アート部門で出展されていたマーク・ハウエンシュタインによる「OiTV」は見た目はただのブラウン管テレビだが、テレビを触ったり叩いたり捻ったりするとそれにあわせて画面上の映像が変化するというもの。ちょうどその時は一般的なワイドショーと呼ばれる番組が放送されており、こちらは実際のテレビでも見ることが出来る番組で、こちらの作品用に作られた映像ではなく、リアルタイムのものだ。そこに非常な驚きがあった。ある意味今までのテレビの概念を覆すものである。通常テレビの地上派で放送されている番組はビデオに録画しない限り、こちらの意図とは関係なく延々と画面上をプログラム通り流れているだけだ。しかし、この「OiTV」は現在放送されている番組に対して、エフェクト的なものをこちらの判断でかけることが出来るのだ。しかも、特別な機材を操作することなくテレビの側面や上部を叩いたり、テレビ自体を傾けたりすることによって。おそらくテレビの箱内部では特別な処理が施されているのだろうが。アイデア自体ユーモアがあり非常に好感が持てる。

エンターテイメント部門ではファン・カルロス・オスピナ・ゴンザレスのアイデア、技術、ポップさが際立った、誰でも楽しめるネット上で動くフレーム・アニメーションツールのプログラム「Flipbook!」が群を抜く面白さであった。こちらはネット上にあるので興味のある方は是非体験してほしい。

また、アニメーションの短編で大賞を取った榊原澄人の「浮楼」はさすがに秀逸な作品であったが、橋本大佑の「flowery」もシンプルなアイデアながら、観ている者を強くひきつける作品であった。

最後に、このフェスティバルの部門の中で、個人的には一番好きなマンガ部門にふれておこう。
一通り面白いといわれているマンガには目を通しているのだが、さすがにマンガ大国日本ということだけあって雨後のたけのこのごとく日々生産されるマンガの中から良い作品だけを確認できるはずもなく、こういったフェスティバルで選出された作品のなかに未知のマンガがあり、出会えるのは非常にうれしい事であり、またメディア・アートの展示では数少ないマンガを取り上げるているこのフェスティバルのユニークさの一つであろう。


[機動旅団八福神] 福島 聡 © 福島 聡/エンターブレイン

とりわけ、印象に残った作品は、近未来SF、女の子、戦争(戦闘)というベタな設定(パトレイバーを思い出す)ながら一風かわった作品となっている福島聡の「機動旅団八福神」。大国間の思惑や、脅威に晒される近未来日本を舞台にしており、現代日本の状況がだぶって見えるのは決して新しい内容だと思えないが、その語り口はどこか古新しい感触があり、それが画とあいまってどこか奇妙なマンガであった。

以上、幾つかの作品についてふれたが、全部門をあわせた展示点数は180作品以上にのぼり多くの素晴らしい作品に出会った。メディア・アートの展示にありがちな難解さはあまりなく、比較的多くの人々に受け入れやすい内容の充実した「文化庁メディア芸術祭」、10回目を迎える来年は節目の年となるだけにどのような内容となるかと期待すると同時に、われわれも10年前とは比較にならないほど身近になったこのメディア・アートという分野をもう一度見直すいい機会なのではないだろうか。

平成17年度 [第9回] 文化庁メディア芸術祭
会期:2006年2月24〜3月5日
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-13-3(恵比寿ガーデンプレイス内)
入場:無料
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁・CG-ARTS協会)
問い合わせ:CG-ARTS協会内「文化庁メディア芸術祭事務局」
フリーダイヤル 0120-454536/03-3535-3501
contest@plaza.bunka.go.jp
http://plaza.bunka.go.jp/festival/

Text and Photos: Yasuharu Motomiya
Photos: Photoperformer Pas

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE