トヨタ ビッグエアー 2006

HAPPENING

『こんな寒い場所でこんなに寒い日に、わざわざこんなに楽しいことやれちゃうのは人間だけだよね。』ライブアーティストの一組「ELLEGARDEN」のボーカル細美武士がそう言った。すでに最初の「10-FEET」の熱烈ライブによって弾け飛び、スノーボーダー達の熱いジャンプに興奮していた数万人もの観客達は、雪荒ぶ中ますます湧きあがり、この後続くジャンプの決勝戦スーパーファイナルで絶頂を迎える。それはまさに1月の札幌に起こった“氷点下の熱い夜”だった。


TOYOTA BIG AIR」は、北海道テレビHTBが主催する、TOYOTAの冠のついた、世界最大級のスノーボード・ストレートジャンプ・コンテスト。世界のトッププロ選手達が熱戦を繰り広げる大舞台だ。予選を勝ち抜いてその大舞台に出場することができる日本人選手達にとっての夢でもある。1997年より数々の歴史的シーンをスノーボード界に残してきたこの「TOYOTA BIG AIR」は、もうすでにただのスノーボード・コンテストのみに留まらない、万人が注目する寒空直下の一大イベントとして年々成長し続け、今年ついに10周年を迎えた。

私がここでSHIFTリーダーにお届けするのは、この「TOYOTA BIG AIR」イベント全体に、冒頭の言葉通りの“人間の業”による大きな祭典を見たからだ。そして、1番や2番かどうかも然ることながら、いかにそれぞれの価値観におけるかっこよさを繰り広げるかという、熱い選手達のこだわりの“表現力”と“一瞬のアート”に思いきり魅せられたからである。

本戦が行われた1月28日は、朝から吹雪いたり止んだりを繰り返していた。会場にたどり着く前に、目に飛び込んでくる高さ約38mのジャンプ台(ビルの12Fに匹敵する)。その斜度47度は、目前にするとほぼ直角に見える。入口には吹雪の中、オープン前から列を作る人々がいた。

本戦が始まるのは、このジャンプ台に鮮烈なライトアップが映える夕方4時を過ぎてから。しかし、会場は昼間の1時よりオープンとなり、集まった観客達は、選手達の公開練習、会場に設置されたブース、アトラクション、そしてライブアクトなどを楽しむことができた。それぞれに楽しみながらも、立ちはだかるジャンプ台を目の前に、ゆっくりと期待を高められるこの時間がいい。

会場に設置されたアトラクションは、「バンジートランポリン」と複雑な回転を体験できる「ジャイロ」。どちらをとっても、飛んで回る選手達の目線に少しでも近付けそうだ。

シフトではお馴染みの横山美和「TGMU」のブースでは、フェイスペインティングが行われていた。用意されたキュートなモチーフを選んだり、好みに合わせたオリジナルペイントにも対応してくれる。決戦に向けてさらに気分を盛り上げる、フェスティバルに欠かせないプチアートは大好評。極寒のブースにも人だかりと笑顔の暖かさがあった。

TOYOTAブースでは、10周年のメモリアル大会として会場と同時に「TOYOTAファンイベント」が開催されていた。4種の展示車両を覗き込んで見つけたキーワードと共に参加する、外れくじなしの嬉しい大抽選会も。あちこちに当たった景品を身につける観客達がいた。

雪は相変わらず降ったり止んだりを繰り返している。来場者も徐々に増え始め、ステージ前に人が集まりはじめた。楽しくもばらばらな会場の雰囲気が嘘のように突然がっしりとした1つになったのが、いよいよ本戦も開始に近づき、1つ目のライブアクト京都出身の3人組「10-FEET」のパフォーマンスが始まった瞬間だった。昨年度も猛吹雪の中パフォーマンスを行い伝説を作った「10-FEET」が、今年も大会テーマ曲を書き下ろして参戦。今年でてきたボーカルTAKUMAの姿は、なんとタンクトップ一枚だ。そのはちゃめちゃな姿を上回る勢いで会場を湧かせ、雪だるまのように着込んだ観客達が一斉に呼応すると、人の波は揺れる大地のように蠢いた。「TOYOTA BIG AIR」ここで始まった!

『TOYOTA!』『BIG AIR!』パフォーマンスのノリそのままに、ボーカルTAKUMA対数万人のコールが響く。ものすごい力で観客を最高潮にまで動かした彼と、会場全体の声『BIG AIR!』にて、ジャンプ台横のビッグスクリーンが花火を共にして噴いた。招待選手と前日の予選を勝ち抜いた日本人選手4名の計16名が、遥か上方のスタートゲートより華々しく舞い降りてきた。スクリーンでの紹介と、サウンド、ライトに彩られ。ほんの一握りのライダーしか見ることができないこのスタートゲートからの景色に、選手達は何を見るのだろうか。最も期待が高まる瞬間だった。

16名の選手は、まずクオリフィケーション・ラウンドを繰り広げる。2本の試技によるベストカウント方式。各エアの最高得点は合計300点満点だ。採点は、ジャッジによってエアの空中姿勢と着地姿勢を含んだ総合的な印象「オーバーオールインプレッション」で行われる。つまりただ高く飛べばいいというわけでもなければ、難易度だけが重要とも、美しさのみにフォーカスすればいいというわけでもない。そこに、それぞれのこだわりや個性、表現が現れるから面白く、それが空中の一瞬に全てをかけた“アート”でもあると思う理由である。
見る者にしてもそうだった。大きく言ってしまえばどの選手だろうと良かった。単純に素晴らしいジャンプが生まれることにどの選手かまわず興奮して大喝采を送り、失敗した選手がいればどの選手かまわず本気で悔しがる。選手にとって勝負の対象は実際他の選手であるが、実は自分の“作品”に対する至極の挑戦以外の何ものでもない気がした。
だからといって、勝ち進まなければその挑戦の舞台へのチャンスも消えてしまう。激戦の末、日本人選手3名を含む8名が、次のクォーターファイナル・ラウンドへの進出を決めた。一瞬であるが故の厳しさに各選手それぞれのドラマを残して。

ということは、この選手達は、今回ステージを飾ったライブアーティスト達とも、こだわりの表現で見るものを熱くするという共通点でがっちり繋がっている、と、2番目のライブアクトグループ「ELLEGARDEN」のパフォーマンスに揺れながら思う。「10-FEET」の衝撃とは一味違い、より落ち着いた空気でより来場者数を増やした会場を揺らす「ELLEGARDEN」。彼らのパフォーマンスがここにくることに、イベント全体の演出のウマさをも見た。

セミファイナル・ラウンドまで漕ぎつけた4名の選手が決定する頃には、会場はクライマックスに極めて近いところにあった。冬の盛大な花火の音は雪に吸い込まれ、逆にビジュアルを引き立てる。最初のラウンドを過ぎると、対戦はマン・オン・マン・トーナメント方式になり、選手は一対一での戦いで進んでいた。スイスの精密機械と呼ばれるニコラス・ミューラ−、「マサカリエアー」を繰り出す谷口尊人、ずば抜けた才能を持つ昨年度の「キング・オブ・エア」イェロ・エッタラ、初参戦のカナディアンスーパースター、トレバー・アンドリュ−。すでにどんな結果になってもおかしくない貫禄の面々が揃い、ラウンドが進むにつれ、さらに高度なジャンプに果敢に挑む姿には驚かされた。最高得点を出したイェロにわずか2点差で及ばなかったトレバー、痛めた腰をものともせず挑んでついに破れた谷口、すでに結果ではなく姿勢に観客は動かされていた。

だから「スーパーファイナル」を制したニコラス・ミューラ−が今大会最高得点をあげて最高のジャンプを見せて締めくくったことにも、守りに入ることなく最後まで攻めたイェロ・エッタラが失敗に終わったことにも、同じだけの最高の喝采が送られたのは言うまでもない。そしてその喝采は、全ての選手と「TOYOTA BIG AIR」全体にも向けられていた。

「TOYOTA BIG AIR」の模様は全国ネットでテレビ放送もされた。完璧な角度から隈無くジャンプを見ることができてそれはそれで見逃せないが、この緊張感や生の興奮は、当然この骨まで凍みる寒さや時間、人の波を感じてこそ得ることができるというものだ。彼らのジャンプを見て私も飛びたいッ!と言うのは、何も無謀にジャンプに挑戦したいというものではない。その表現する姿勢、挑戦する様子、かっこよさのこだわりを見た時、種類は違えど万人が飛べる方法があると感じ、そうでありたいと願ったのだった。

本会場は1972年に冬期オリンピックの開催になったスケートリンク場「札幌真駒内オープンスタジアム」。今年は、同じく冬期オリンピックイヤーでもある。トリノで繰り広げられる熱いシーンも楽しみたい。

TOYOTA BIG AIR 2006
開催:2006年1月28日(土)
会場:札幌・真駒内オープンスタジアム
www.toyota-bigair.jp

Text: Yurie Hatano
Photos: Hiroshi Kotake

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE