カルティエ現代美術財団「ジャン・レーヴ(私は夢を見る)」展

HAPPENINGText: Vincent Vella

パリのカルティエ現代美術財団は、現代美術の発展を支援して促し認識を広めるために、1984年に設立された。去年20周年を迎えるにあたって、数名の有名なアーティスト達に、「ジャン・レーヴ(私は夢を見る)」展に向けて、才能のある若いアーティストを数名推薦してもらい、20代のアーティスト58人が集まった。


View of the exhibition J’en Rêve, Fondation Cartier pour l’art contemporain, Paris, 2005

推薦を依頼したアーティストは、村上隆、ジャック・ピアソン、クリスチャン・ボルタンスキー、ファブリス・イベール、ジャン=ミッシェル・アルベローラ、ナン・ゴールディン、ジャン=ミッシェル・オトニエル、ジョン前田など、錚々たる面々。

本展は選出された作家達にとって初となる、国際的な場所での発表だった。彼らはまだ経歴は浅く、アーティストとして葛藤している段階で、世間に認められるまでではなかったが、一般大衆も、そしてまた、プロのアーティストも、彼らの作品を見るために集まった。


View of the exhibition J’en Rêve, Fondation Cartier pour l’art contemporain, Paris, 2005

展覧会は、統制がとれなくなりつつある現代社会の状況を映し出したものだった。本展は、全ての現代美術を対象とする。絵画、ビデオ、イラスト、写真、そしてファッションも。グローバルで限界のない世界を広めていこうとしているのだ。選ばれた作品はバイタリティーがあり、若い才能と感性にあふれていた。ブエノスアイレス、ニューヨーク、東京、パリ、世界中のアーティストが、どのような目で世界を見つめているのか、展覧会を通して伝わってきたような気がする。


View of the exhibition J’en Rêve, Fondation Cartier pour l’art contemporain, Paris, 2005

この展覧会でただ一つだけ問題があったとすれば、作品が沢山あって、一つ一つの作品がきちんと気を配られてなかったことだ。古い作品展示法では作品の良さは生かされない。中には、この開放的な建物の中にも関わらず、大きな白い壁を用いて息苦しく感じさせる作品さえあった。もしあなたがそこにいたとすれば、パリの芸術学校の卒業展覧会ではないか、と感じさせる作品をも目にしたことだろう。それはアーティストが悪いのではない。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE