シンガポールデザイン展

HAPPENING

約120の国々が参加している愛知万博。開催期後半とある8月16日、人気あるパビリオンの1つシンガポール館において、シンガポールデザインの展示が開始された。この展示は、デザインシンガポールカウンシルシンガポール政府観光局による、シンガポールのクリエイティブシーンを世界に紹介しようという試みである他、今年11月9日から23日に渡って開催される「シンガポール・デザイン・フェスティバル」のプレビューでもある。初日には、シンガポールのデザイナー達が来日し、交流会が行われた。


万博長久手会場の主動線となる「グローバル・ループ」(空中回廊)を歩くと幾度も遭遇するのが、地域ごとに各外国館が集まる空間「グローバル・コモン」だ。その「グローバル・コモン」は会場全体で6つに分かれており、シンガポール館は、そのうち南太平洋地域の国々が集まった「グローバル・コモン6」に存在する。この夏休み期間、万博会場は子供からお年寄りまで人で溢れており、人気のパビリオンでは入場に2時間も3時間も待たなければならないのが普通の事。シンガポール館もその例外ではなく、名古屋の灼熱の太陽の下、入口付近に並ぶ人々は数列に及んでいた。

そんな中、公開直前に行われたデザイン交流会にて、デザインシンガポールカウンシル会長、エドモンド・チェン氏がスピーチを開始する。シンガポールのデザイン指導をする喜多俊之氏や伊東豊雄氏の活動を始めとし、これまでの日本とシンガポールのデザインの関わりについて例をあげながら、今後の新しいデザイン交流への熱意や、「シンガポール・デザイン・フェスティバル」への意気込みを感じさせるものとなった。

今回シンガポールデザイン展のコンセプトとなったのは「No Lines Drawn(ラインの無い世界)」。シンガポールの国柄を思わせるカラフルな特徴を含む、アニメーション、ファッション、家具、ジュエリー、おもちゃなど、様々な分野におけるシンガポールデザインの一部が紹介された。『デザインの面白さは、ものを作り上げていく材料や、それを作り上げるという可能性は以前から存在しているということにあります。完全な発明ではなく、確立されているかのように見えるものに可能性を見い出す事、新しい組み合わせを考えるトリックが、このテーマの本当の意味です。』テーマを説明するサインには、こう書かれている。

スティックファス」のフィギュアは、約180cmのものから販売用サイズのものまで、会場内でも一際目を引く存在だ。「スティックファス」は、創設者である バンY.J の、スケッチブックに描いた簡単なコンセプトから出発し、今や日本やアメリカで人気のアクション・フィギュア・キットとして、玩具の新しいジャンルを特徴づけている。

この音と光の展示もまた、見た目には何であるかわからない故に訪問者の足を止めていた。「デザインアクト」のクリエイティブディレクターであり、このシンガポール館自体のデザインを手掛けたひとり、ランディー・チャンのアイディアによる作品。アクリル、ガラス、スティールで作られたセンサーにより音と光を発する装置で、手をかざしたりする事によって光と音をあやつる事ができる。

プロダクト・デザイナー、ジェイソン・オングによる「ジエンシュ」の作品は、機能とフォルムが探究された椅子。プロセスやコンセプトを重要視する「ジエンシュ」は、機能とフォルムに加えて、どのような家具が可能かという開拓を試み続けている。

ここで紹介されているシンガポールデザインは、プロフェッショナルによるものだけでは無い。若手デザイナーを支援する数々のプログラムにも力を入れる「デザインシンガポールカウンシル」だが、その熱意がここでも垣間見れる気がする。タイムカプセルには4つの専門学校が参加しており、若いデザイナー達が自分達の未来図をアクリルケースの中に入れることで、デザインした瞬間が作品にされている。また、ナンヤン工科専門学校の生徒によって作られたCDアニメーションも、「The Street」と名付けられた館内の通路を賑わせていた。

来日したデザイナー達は、多くを語らなくとも、その目に活気が感じられた。この展示会に作品を提供していない若手デザイナーも多くいて、『日本でこうした機会を持てるのは刺激的。次回のフェスティバルでは自分達の作品を見て下さい。』と意欲を高める。様々な分野の専門デザイナー達がこうして集まり、それぞれに刺激しあう機会を多く持つ、シンガポール国全体としての積極性が伺える。
(写真は左から、プロダクトデザイン「スティックファス」チーフのマイケル、家具デザイン「エアディヴィジョン」のネイサンとヴィンセント、工業デザイン「エンザー」のジョー、ジュエリーデザイン「アスピアル」デザイナーのエリセ、「ユニークデザイン」のオディール。)

切り替えられた未来的デザインの内装の中、伝統的なショーや、客を交えたシンガポール結婚式の紹介も引き続き行われており、開放的な会場は外から除く客も含めて常に満員の状態になった。伝統的な強くて明るい色、新しいカラフルさ、そしてその開放的なスタイル全体に、シンガポール館のテーマである「World Without Walls(壁の無い世界)」が現れていた気がする。

全体としてどの展示やテーマ、デザインにしても、表面的なデザインそのものというよりも、コンセプトや過程といった内面的な意味に重点がおかれているものが多かった。それが印象的な部分であり、シンガポールデザインの特徴の1つではないかと思う。また、若い力やこれからの存在が重要視され、そこには新しい希望が感じられた。歴史や自然産物を魅力的に紹介する外国館が多くある中でも、こうした形で将来へ目を向けるものは、数少ないのではないだろうか。

こうして幕をあけたシンガポールデザインの展示は、万博閉幕の9月25日まで行われている。11月に行われる「シンガポール・デザイン・フェスティバル」も含め、これからシンガポールが世界に発するデザインに期待したい。

シンガポールデザイン展
会期:2005年8月16日〜9月25日
会場:愛・地球博 長久手会場、シンガポールパビリオン
http://www.expo2005.com.sg

Text and Photos: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE