NIKE 公式オンラインストア

ボブ・サンダーソン

PEOPLEText: Ayako Yamamoto

デザイナーズ・リパブリックのチーフデザイナーとして活躍後、2004年に自身のスタジオを設立したボブ・サンダーソン。中身のある情報を発信し、変化に富んだ革新的なスタジオに、とますます活動の場を広げるボブにお話を伺った。

まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ボブ・サンダーソンです。グラフィックデザイナーであり、アートディレクターでもあります。ロンドンのセントラルセント大学でグラフィックデザインを学びました。しばらくアムステルダムで働いた後、デザイナーズ・リパブリックのデザイナー兼アートディレクターになりました。それからそこを辞め、ロンドンに「サンダーソン・ボブ」という名のスタジオを構えるために時間を費やすことに決めたのです。

自身のスタジオを設立することになったきっかけは?

デザイナーズ・リパブリックを辞め、マザー&W+Kアドバタイジング社や、ビッグ・アクティブのジェラルドセントなどといったクライアントに作品を提供するため、ロンドンに移りました。このような機会を得て新しい創作に取り組めたのは恵まれた事だったと思います。それぞれ異なった会社の働きについて洞察を得ることができました。その後、自身の名前を冠した作品がどんどん増えていっていることに気付き、サンダーソン・ボブスタジオ設立の決心をしたわけです。それはごく自然な成り行きであり、また、これまでの人生で一番の偉業だと思っています。

最近はどのような活動をしていますか?

現在の主な活動の中には、ポール・スミス・ロンドンとのプロジェクトがある他、自身のアパレルレーベルである「ユタカ・タジマ」も展開中です。また、ニコラ・ペコラーロやジェスロ・ヘイネスといった素晴らしいアーティスト達とのコラボレーションもしています。それらは全て、まとまった形で公表される予定です。このレーベルの名前は、消費者の信頼を失った大きな多国籍企業の再建に取り組む、ある高名な日本人のビジネスマンに由来しています。このレーベルの基本的なアイディアは、シンプルな文字「Y」の形を基にしたデザインであるということです。アーティスト達がそれぞれの方法で作用させることによって、この形は強調されたり、抽象化されたりします。このレーベルのTシャツは、現在ロンドンで発売中であり、近々日本でも販売されます。その他に、私は、ロンドンの映像制作会社に取り上げられる予定があります。このことがもたらしてくれるであろう新しい可能性と挑戦にワクワクしているところです。また、「スキューバ」というミュージックレーベルを再構築したばかりでもあり、「ゼム・イン・ロンドン」という新しい雑誌のアート・ディレクションをしているところでもあります。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ステファン・マークス
MoMA STORE