BLESS

PEOPLE

これは、二つの素晴らしい思想が合致した珍しい例である。共にドイツ出身であるデジレ・ヘイスとイネス・カーグが手を組み、1996年に独創的なファッションレーベル「BLESS」を結成した。それは、世界中のメディアやインスティテューションの強力な中心核を通じて、国際的に喝采を浴び始めている。

BLESSのアプローチは、ファッションにおける可能な限りの「アート」を追求したコンセプトとの評価を受けることが多いが、オブジェクトの機能を、アシストしながらも壊したりするという体験的な構成を用いて、衣服やアクセサリーが作られているという「サイエンス」まがいの要素も見受けられる。

そのどちらの要素で評価しようとも、BLESSのオブジェクトは常に強い意志を訴え、彼らの仕事を経験する喜びに変える、遊び心たっぷりのデザインにそのクオリティが表れているということである。



BLESS Beauty Product – ‘Hairbrush’, 1999

彼らの最初のピースである1999年の「ヘアブラシ」は、ヘアブラシが文字通りそのままの「ヘア」ブラシであるという、遊び心たっぷりの要素を持つ。好奇心と反感の入り交じった感情を人々に抱かせながら、それは面白くもあり、同時に落胆もさせる。そして、機能を全て取り払い、ただコンセプトを探究することを楽しむというアプローチに見事に反映されている。
寝ているカップルがリアルにプリントされた白いベッドシーツである、「ナイス・メモリーズ」とのコラボレート作品、「ベッドシーツ」にも、似たような感情的な反応が呼び起こされるものだ。


BLESS No. 12 – ‘Bed Sheet – Couple’ from the ‘Team-Ups’ Series, 2000

BLESSがファッション界の「一般水準」以内におさまらないファッション・オブジェクトを作り出すにも関わらず、衣服やアクセサリーの関係者が率先して、よろこんでコラボレートをしたがるというのは、面白いことだ。BLESS No.10では、H&M、カリフォー、レイヴィスなどの有名なファッションレーベルの衣服の生地を切り分けるというリミックススタイルのアプローチを取り入れ、それらをスカーフに再構成している。


BLESS No. 10 – A selection of scarves, 2000. All clothing was donated by the various retail companies.

ファッションの要求に忘れ難い印象をつけることを省略することなく、BLESSはまた、大手アディダスの靴をNo.12のシリーズで取り上げる。それぞれの靴はとてもユニークで、100足という限定版になっており、そのうちのBLESSコレクションからのピースは、ほとんど完売しているという状況だ。


BLESS No. 12 – Customised Adidas Sneakers, 2000

次から次へと、今度はNo.16シリーズが、素材のコンビネーションとデザインで、エレガントで奇抜な編みあげブーツの多様なコレクションと共に、我々の靴の概念をくつがえす。今のところそのコレクションの中での私のお気に入りは、どんな大きな街のストリートにもそのつま先が向かっていきそうな、フューチャー・ジプシーと中世のグラマラスさが混合したものだ。


BLESS No. 16 – Shoe Escorts, 2002

前述にある「よろこんでやります」の協力態度とはその通りで、デザイナーたちは最近「パーペチュアル・ホーム・モーション・マシーン」というタイトルの家具のコレクションをリリースした。持ち主とのインタラクションを助長する多機能な家具を作るために、木の厚板と風変わりな棚が様々なアングルとポジションで取り付けられている。衣服があらゆる場所にかけられ、雑誌はページを下にして細い溝におさまる他、どんなものもその棚にフィットしてしまうというもの。その構造物は、その場所や使用者の物の重さ等に応じてスチールワイヤーで天井から吊り下げられ、部屋の中で独特の存在をかもしだしながら、動かしたり角度をかえることが可能となっている。


BLESS No. 22 – Mobil #4e, 2004

コレクションはそれぞれにとても様々であるが、全てのBLESSの創造物には明らかな芯が通っている。我々が使う品々に対する実用的なアプローチと日常生活に作用する様は、増え続ける売り場の大量生産製品に対する完全な矯正手段のようである。

従って、ある表面的な好奇心を満たすためだけでなく、より広い見方でそれを実践する、オブジェクトの背後にある「持ち主」に直接話す機会を得ることはいつもとても面白い。

残念ながら、BLESSの1人、今はパリに住居をおくデジレ・へイスには、今回話を伺うことが出来なかった。しかし、イネスとの対談は、どのようにしてBLESSが出来たのかということや、ファッション界で働くにあたったいくつかの考えについて、素晴らしい識見を与えてくれた。

私たちは、静かなイースターの金曜の午後に会い、ベルリンミットでコーヒーを飲んだ。イネスはルーズなジーンズに履き古したナイキの靴という、新鮮なほど「ノンファッション」の格好で現れた。彼女がこれまでに何度もBLESS結成の話をしてきた事が感じ取れたが、まだ話すことにワクワクした様子も消えていなかった。

ビジネスパートナーである、デジレ・へイスとはどのようにして会ったのですか?

私はハノーバーで勉強をしていて、デジレはウィーンにいました。私たちは1年ほどペンパルをしていたのです。ついに出会うことができて、たくさんの共通点もあり、とても上手くやっていけることに気付きました。2人とも、何か有名なファッションの名前のために働くという、インターンシップに従っていくことや、ただ「有名」になってストレスをためるようなことはごめんだと思っていました。

私が通っていたハノーバーのファッションスクールは、物事の実用的な面に焦点を当てていました。デジレの学校では、ヘルムート・ラングが教えていたので、彼女はより方向付けられたコンセプトを学んでいました。つまり、2人は共通のアイディアを持っていたけれど、全く別々の方法で教育を受けたわけです。それをコラボレーションすることで、それぞれの技術をもちこむ結果になりました。

それに、私たちは2人とも南ドイツの出身で、同じような中流階級のバックグラウンドを持っていたので、ビジネスに対しても同じような物の見方をしたのだと思います。

BLESSという名前の由来は何ですか?

ただ聞こえが良かったからです。シンプルで、読みやすいでしょ。

BLESSの最初のプロジェクトについて教えて下さい。

最初のプロジェクトは実験でした。最初のピースである「サントップス」をフィーチャーしたフォトコラージュに、電話番号とBLESSの名前をつけて、そのコピーをベルリンの街中に貼りました。これはテストのようなもので、みんながストリートに貼られたものに反応を示すかどうか知りたかったのです。そんなに期待してなかったのですけど。


BLESS debut ‘Suntop’ and Photo-collage, 1996

そしてその通り、いくつかの変な電話しか受けなかったので、一年後、色々なファッションマガジンの広告ページを購入することに決めました。それには3つの反応があったのです。スキーの時に使うファー・ウィッグが欲しいと言うスイスの女性と、とても興味を持ってくれたパリコレットのマネージャーと、そしてキャットウォークショーに使いたいというマルタン・マルジェラです。


BLESS 00 – ‘Fur Wigs’, 1996

マルタン・マルジェラの最初の依頼はどうなったのですか?

彼には、ショーのためにファー・ウィッグをいくつか作ってくれないかと頼まれました。それに一緒に仕事をする上でとっても素敵な人でした。経験が少なすぎると感じた当時は、少ない時間に本当にたくさんのことをやらなくてはならなかったし、とても堅い契約にサインをしなければならなかったれど、結局全てがうまくいったのです。

ビジネスを立ち上げるに際して直面した問題はなんですか?

私たちは立ち上げた頃、2人ともビジネスに関しては世間知らずでした。ビジネスや金銭のやり繰りについて、全く手掛かりというものがありませんでしたが、スタイリングや他の仕事をしたり、毎月BLESSプロジェクトのためにお金を溜めたりすることで、ゆっくりと色々なものをを積み上げていくことができたのです。実際に結果が現れるまで、努力を注ぎ込んで約3年かかりました。私たちの母親も会計を手伝ってくれたりしたのですよ!

アイディアはどのように湧いてくるのですか?何か特別な方法がありますか?

アイディアはただ湧くだけです。何か思いついたら、ただやるのです。それよりも、やり方を自分で学ぶべきか、それとも誰かに助けてもらうかなど、アイディアを現実化することに悩んでいます。「できます」という状態にはならなくて、ただ乗り越えていくのです。私たちは、これまでに誰も思いつかなかったものをみなさんに経験して楽しんでもらえるような、高いクオリティーの限定版アイテムをリリースしています。

BLESS SHOP BERLIN
住所:Mulack Strasse 38, 10119 Berlin, Germany
TEL:+49 30 27596566
office@blessshopberlin.de
www.bless-service.de

Text: Peta Jenkin
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE