NIKE 公式オンラインストア

WHAT’S GOOD? カンファレンス

HAPPENING

去る1月8〜11日、香港で「What’s good? Conference」が開催された。香港アートセンターの主催により、「IdN」の元ゼネラル・マネージャー、SKラムが独立して作ったデザイン事務所「AllRightsReserved」がオーガナイズした、アート&クリエティビティ・フェスティバルだ。


“What’s good?”は、クリエイションを語る上での最もシンプルな、しかし深い意味をもつ問いだ。自分を取り巻く環境に対する認識や感受性、良心や価値観、そしてテイストなどが微妙に絡み合いつつ、答えを導き出すものだからだ。

クリエイションの基礎であり、インスピレーションの源となる「自分にとっての“good”とは?」を語るため、世界中の各都市から香港にやってきたスピーカーは11組13名。パリからはコレット、メゾン・マルタン・マルジェラ、アムステルダムからドルーグ・デザイン、ロンドンのピーター・サヴィル、香港のクリストファー・ドイル、そして東京からは、グルーヴィジョンズ、服部一成、中村勇吾、佐藤可士和、ジョン・C・ジェイ、青島千穂+高野綾(カイカイキキ)。豪華な顔ぶれに、前売りチケットはあっという間に売り切れた。

カンファレンスは、各組がそれぞれ1時間〜1時間半の持ち時間で、自身のこれまでの作品をスライドなどで紹介しつつ、コンファレンスのテーマである“What’s good?”を語り、後半はモデレーターを交えた会場との質疑応答という形で進行。最終日にはオールスターが壇上に集まっての円卓会議で幕を閉じた。日本からのスピーカーは、おおむね「お行儀のよい(?)」イメージだったのに較べ、ライブ的応酬で会場を沸かせたピーター・サヴィル、いつも通りに酒気帯びで登場、陽気に笑いをとるクリストファー・ドイルなど、良し悪しは別にして、クリエイターの個性がそのままスピーチに現れた印象が強かった。

カンファレンスの会場となった香港アートセンターでは、このイベントの期間中に特別にショップを設け、スピーカーたちのプロダクトを販売。休憩時間ごとにそこは黒山の人だかりとなり、用意されたグッズはほとんどが完売したという。

会場に集まったオーディエンスは、ほとんどがデザイン関係に従事している人たちや、デザインやアートを勉強している学生たちだ。香港にいながらにして、自分たちがリスペクトする世界のトップクラスのクリエイターたちの話を直接聞けるとあって、期間中、香港のデザイン好きの若者の間には、ある種の高揚感と、クリエイターたちの言葉を一言も聞きもらすまいという熱意が立ち込めていた。
クリエイターたちのそれぞれの“What’s good?”を共有した香港の若者たちにとって、このイベントは、彼ら自身にとっての“good”を考え、自らのクリエイションに還元していくまたとない好機だったに違いない。

What’s good? Conference
会期:2005年1月8日〜11日
会場:香港アートセンター
http://www.whats-good.com

Text and Photos: Taka Nakanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE