ソナー 2004

HAPPENING

ソナー・フェスティバルが1993年に始まったなんて信じられない。世界中の音楽やアート、カルチャーはその当時からずいぶん変わった。11回目の開催となる今年は、音楽、アート、そして様々な分野にわたる実験的プロジェクトがフィーチャーされた。


シフトの昨年のソナーレポートではソナーを全体的にカバーしたが、今年はよりアートに焦点を絞ってレポートしようと思う。たくさんの会場で行われるプログラムは大きく4つのカテゴリーに分けられており、それぞれのプログラムはデジタルアート、オーディオビジュアル、最新のテクノロジーを通して未知の旅へと案内してくれる。

ソナーの規模はとても大きく、全てのアーチストのパフォーマンスやエキシビジョンを見るのは不可能だ。このレポ−トでは、ソナーのアート・プロフラムの概要を、その作品の良さというよりは、その時その場所で私が見る事のできたパフォーマンスや作品などを紹介していきたいと思う。

バルセロナのメイン通りである、にぎやかなランブラス通りをメイン会場から10分くらい歩いて向かったのは、インスタレーションやソフトウェアのプレゼンテーション、音と映像のパフォーマンスが行われるプログラム「SONARAMA」が行われる場所。

「SONARAMA」のメインホールで最初に行われたプログラムは、ニュージーランドで活動するデュオ「DELIRE+PIX」によるソフトウェアのプレゼンテーション。そこで発表されたのは、「ACMEPARK.COM」というプロジェクトで、半透明の3Dの球体が、空間でプレイステーションのコントローラーで操作されているかのように動き、音を生むもの。オープンソースコードを使って、楽器(彼らの表現を使えば、“オーガニック・ギター”)のようにリアルタイムで動くバーチャル物体だ。


Delire + Pix at the Sonorama Audiovisual Presentation

ユーザーはその物体を動かせば動かすほど慣れていき、その人オリジナルの音を出せるようになっていく様子がとても興味深かった。またアーチストが、このような商用デバイスとリンクできるような新しいソフトウェアプログラムを生み出しているというのも興味深い点の1つだ。彼らの他にも、このコントローラーを使用しているアーチストが多くいた。


The square in front of the Sonar By Day Venue

次に向かったのは、ソナーのメイン会場である、コンテンポラリー・アートセンター。「ソナー・バイ・デイ」というプログラムが行われる、屋内にも外にも会場がある広い場所だ。私が行った時にはすでに長い行列が、正面入口の前にできていた。

さまざまな会場が点在した会場内をとりあえず一周するだけでもかなりの時間がかかってしまうくらい広い。


SonarVillage

ここでの音楽パフォーマンスは、5つの場所で行われており、「ソナー・ビレッジ」、「ソナー・ドーム」、「ソナー・ラボ」、「ソナー・コンプレックス」、そしてコンテンポラリー・アートセンターを下に進んで行くとある、「ソナー・ホール」の涼しく薄暗いスペースだ。


SonarLab

会場は、とてもリラックスした心地よい雰囲気で、ステージの前で踊る人、太陽の降り注ぐ下でベンチや木陰でビールを楽しむ人などがいた。

若者、年配の人、気合いの入ったファッションのパーティー人間、真っ白な肌のイギリス人観光客(僕もそう見られていたかもしれない)、ペドロ・アルモドバルの映画からそのまま出て来たような今どきのカタロニア人、などなど、様々な人がいた。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE