サム・ブロディー

PEOPLE


今回紹介するのは、私の昔からの友達でもあり、ニュージーランドの若い世代のデザイナー代表としてニュージーランドデザイン大使としても活躍をしている、サム・ブロディー

彼は2002年にブリティッシュカウンシル主催のデザイン大使賞を獲得した。この賞はイギリスのデザイン産業と世界のデザイナーたちのネットワーク、リンクを発達させることを目的とした交流で、ニュージーランドからは、グラフィック、ファッション、プロダクトの3名の大使をイギリスに送っている。
2002年には、イギリスの「トマト」からトーマス・ループ氏ををニュージーランドへ迎え、その後サムは、イギリスを訪れた。

ロンドン渡航を前に彼は、ニュージーランドのクリエイティブ・シーンを代表するような作品をイギリスのデザイン界の人たちにアピールできるようなものをと思い、「ニュージーランド・クリエイティブ・サンプラー」というCD−ROMを制作し、 それを滞在中にデザイン会社などへ持込み、プレゼンテーションを行った。これには、グラフィック、プロダクト、インタラクティブ等のデザイン関係だけではなくニューメディア、アート全般のクリエイティブシーンを代表する作品のショーケースという意味合いも込められている。

彼は現在、彼の所属しているデザイン会社「ALT」を中心として、「ニュージーランド・クリエイティブ・サンプラー」の2号目を制作中で、書店での販売を予定している。またこれらは、世界中のエージェンシーなどへも配付し、ニュージーランドのクリエイティブ業界のプロモーションにも貢献するものとなるだろう。

では、ニュージーランドのクリエイティブシーンは、どういうところが他と違うのか?

彼はこう言う。「僕のいるデザインの世界では、ニュージーランドという国は規模の小さな国なのでスペシャリストが育たないというのも事実だね。まあそういうジェネラリスト的なニュージーランド人が他の国行って成功することも多いんだけれども。僕が思うに、ニュージーランドのデザインスタイルは、ドイツ、オランダ、スイスの様に確立されていない。どちらかというと、僕たちのデザインはイギリスに近いだろうね。(イギリスのデザインがどんなのって聞かれてもスタイルはそんなに決まってないんだけど)やっぱり国の規模が外国に比べてぜんぜん小さいのでジェネラルに仕事をやっていかざるを得ないんだ。僕たちの置かれている環境は世界から遠くても、いろいろなものを作っていかなくてはならないので、問題提起に対しての対応力、物事を解決する力というのがニュージーランド人一人一人にあるんじゃないかな。そういう人材が外国で重宝されている。外国の大きな会社を見てみるとニュージーランド人のクリエイティブディレク
ターがよくいるよ。他のビジネスの世界でも同じようなことが見られるようだね。ニュージーランドは人口別で見た場合起業家の数が一番多いことも知られている。シドニーでは、ニュージーランド人のCEOの方がオーストラリア人のCEOよりも多いんだ。悲しいのはそういう人材が主に外国で活躍していてニュージーランドから外へいってしまうことだね。ほとんどそういう人たちはニュージーランドの美しい環境を忘れられなくて帰ってくるんだけどね。だからいろんな意味でこの僕たちの置かれている環境が僕たちをユニークにしているんだと思う。」

「あとニュージーランドの政府もこのような動きを認識し始めて、首相、副首相が中心となってデザイン・タスクフォースというものを発足させた。これは政府の補助金のようなもので3千万ニュージーランドドルほどの予算を割り当てて、大きな意味合いでのクリエイティブ産業をバックアップしていこうという動きだ。クリエイティブ産業が活発になれば他の業種も恩恵を受けるということがデンマークやオランダなどの国で証明されている。こういう動きはとてもいいことだと思うよ。僕たちの国はヨーロッパのクリエイティブ先進国に比べて少し認識が遅れているところがあるからね。」

「ALT」でフルタイムで働きながら大学院へ通いデザイン・マネージメントという修士課程で学んでいるサム。現在制作中の「ニュージーランド・クリエイティブ・サンプラー2」をもって今年の末にまたイギリスに行くという。
もし読者の中で、興味のある人がいたらコンタクトをとって欲しい。また「ALT」のサイトにも注目を。

Text: Kentaro Yamada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE