ピート・ファウラー

PEOPLEText: Yasuharu Motomiya

去る4月17日、毎回各分野で活躍するアーティストを招き開催される、セーラム・イノベーション・セッションズが、スパー・ファリー・アニマルズのジャケット・デザインや、モンスタリズムなどのフィギュア・シリーズなどで知られるUKのイラストレーター、ピート・ファウラーをゲストに招き「スチルから映像へ」をテーマに渋谷「WOMB」で行なわれた。

当日は、会場を囲むように設置された白いカンバスに、参加者が思い思いにフリー・ペインティングをし、会場を飾っていた。後半はピートによるトーク・セッションや、友情出演として、今井トゥーンズも出演し二人のライブ・ペインティング・パフォーマンスも行なわれるという、なかなか豪華な内容。雰囲気は明るく、終始和やかに進行したイベントだった。後日、会場を離れピート・ファウラー本人にイベントの感想や彼について少し話を伺った。

それではまず、今回の「SALEM INNOVATION SESSIONS」について感想を聞かせてください。

ファンタスティックだったよ。とても素晴らしかった。僕の仕事のことを話したりしたんだけど、僕がアートスクールにいた頃、沢山のアーティストが訪れたんだ、彼らは自分たちの仕事について話してくれた。僕にとってそういう素晴らしい人たちに出会って話しを聞いたりすることは、すごく大切なことだと思っている。彼らがクリエイトしている時に、実際にどんな風に考えてるのか知るのは、とても重要なことだからね。

今回、会場にも置いてあった、リキ・スツールのキャラクターデザインは、どのようなものをイメージしたのですか?

初めに浮かんだのは、僕のアートワークに関連させることだったんだ。そして距離をおいたときに抽象的に見えるようにしたかった。それとこのイベントのテーマカラーを使うことだったかな。色使いは慎重に考えたよ。

あなたにとって音楽とはどのようなものですか?

音楽は、僕のアートワークでは、とても重要な要素なんだ。とても大きなインスピレーションをくれるんだ。いつも音楽を聴きながら仕事をしてるんだ。僕のクリエイションと音楽を融合させることを、いつも考えてるよ。僕のテイストはとても広く、本当にいろいろなんだ。日本の演歌とか。本当にいろいろ聴いているよ。それぞれにいろんな要素があるから、とてもエンジョイしてる。

それでは、今現在行なっているプロジェクトやこれからの予定などを聞かせてください。

まず、今はモンスタリズムシリーズの全く新しい12のキャラクターのフィギュアをデザインしてる。その前は、7つのキャラクターをデザインしたんだ。そして今、本も作ってるんだよ。本のコンセプトはウッドランドなんだ。あとは…大きなフィギュアを作ってるんだ。そのフィギュアは限定で、多分僕のウェブサイトで売るんじゃないかな。一つ話すのを忘れていたんだけど、僕は今、テレビシリーズとかにするストーリーを書いている。それが今のビックプロジェクトかな。

どのようにモンスターのキャラクターができ上がるのですか?

僕はいつも人間以外のモノを創るんだ。モンスターはどんな代わりにでもなるんだ。僕にとってモンスターっていうのは、とてもオープンで、人間もオープンなんだけど、僕にとってはモンスターだったってことだよ。僕が創りたいものを創れるところが素晴らしいんだ。小さい時の影響もあるのかも知れないな。UFOとかビックフットとかね。モンスターって聞くと怖いイメージを抱く人がいるけど、僕のモンスターたちは、見た目はクレイジーだけど、フレンドリーだし、ノーマルだし、人間みたいだよ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE