第6回 NEMOフェスティバル

HAPPENING

“Au commencement etait le regard” – Bady Minck


6回目となる今回の「NEMO フェスティバル」は、第1回目のフェスティバルとよく似ていた。もともとは、インデペンデントな映画のためのフェスティバルなのだが、アートディレクターのジルス・アルバレスの決まり文句「革新的な方法で映画を超えよ」に導かれ、急速にそれは実験的な映像のフェスティバルと姿を変えていった。

今回は3月9日〜14日に、イメージフォーラムにて行なわれ、440の映画やアート作品が展示され、2万6千人の観客が訪れた。会場はどこもかしこも映像、パフォーマンス、インタラクティブなインスタレーションでいっぱいだった。


“Sometimes” – Pleix

ミュージックビデオ、ゲーム、インタラクティブ映画などの実験的な映像のチョイスは多種多様で、革新的な映画、デジタルアート、コンテンポラリーアート、 VJ などで人々を魅了していた。このフェスティバルの主旨は、いろいろな人にシンプルに映像の未来を覗いてもらうところにあるという。


“Le regulateur” – Philippe Grammaticopoulos

H5や、PLEIXの回顧作品では、コンピューターを使ったモーショングラフィックとビデオのクオリティの高さを改めて気づかされるものだった。また、5つの国際的な映像フェスティバルがその作品上映ために招かれていた。(ワンドットゼロバックアップ・フェスティバルビットフィルム・フェスティバルカルタス・ヴィラ・ド・コンデオーバービデオ

この「フェスティバルの中のフェスティバル」は、次回のフェスティバルではさらに規模を広げるだろう。パノラマ・インターナショナルとミュージックビデオの部門で選ばれた作品は、これら5つのフェスティバルと、フランス中の様々な場所で上映される予定となっている。

NEMO フェスティバル
会期:2004年3月9日〜14日
会場:Forum des Images
住所:1 bis, passage Duhesme, 75018 Paris
TEL:01 55 79 00 00
info@festivalnemo.com
www.festivalnemo.com

Text: Eric Dalbin from Dalbin
Thanks to Anne-Cecile Thirifays
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE